【朝ツラくて起きれない】目覚めと同時に眠気吹き飛ばして気持ち良く爽やかに起きる方法


スポンサードリンク


寒い朝布団の中でも寝たままできる筋トレ方法

1分1秒でも多く寝ていたいあなたも、これで眠気バッチリです。

寒い冬・・・・

  • 会社に行きたくない
  • 起きたくない
  • 布団からどうしたって出られない
  • 布団の中と外で気温が30度くらい違う

そんなときでもたったの10秒で眠気を吹き飛ばせますよ。

ダイエット中のあなたにもおすすめ。
ちょっと筋トレしたいあなたにもお勧めです。

朝ごはんが美味しく食べられますよ。
布団の中でちょっと筋トレをするだけで1日が非常に調子よく絶好調で過ごせます。
朝にジョギングするのは、はっきりってきついですよね。
特に寒い冬の朝なんて下手すりゃ倒れちゃいます。

その点、布団の中でたったの1分筋トレするだけでランニングと同じような効果があります。
むしろ筋力強化の効果としてはこちらの方が上くらいです。

ジョギングするのが申し訳ないけどばかばかしくなってきますよ。
筋肉に負荷をかけることで大脳に刺激が加わります。
そうすると目覚めが早くなって気分も爽快になるんですね。

たった10秒! 朝目覚めた瞬間、布団の中で寝ながらできる5つの筋トレ

寝た姿勢で出来る「アイソメトリックス運動」というものです。

呼吸は止めずに取り組んでください。

1 全力で両手の指を握りしめる(握力)

両手の指を10秒間握りしめる。
握力が強化できます。

朝は全然握力入りません。
けど出来る範囲で全力で握りしめます。

2 伸びをしながら全身で力む(目覚め)

寝たままで全身の力を入れます
体を思いっきり伸ばして10秒間静止。
それから思いっきり力を抜きます。

目が覚める効果もあります。
頭の中がすっきりするまで何回も繰り返しましょう。

あくびしながらでもオッケーです。

とにかく眠気が覚めます。ばっちりです。

3 両腕で敷き布団を全力で押す(背筋・胸筋)

敷布団を全力で押す。
寝たままで両腕を腰の横に置く。

敷布団を下に強く押します。
10秒間を2セット以上繰り返しましょう。

背筋と胸筋を強化できます。

4 後頭部を枕に押し付ける(首筋)

後頭部を枕に全力で10秒間押し続けます。
首を強化できます。

ついでに逆パターンもやりましょう。
両手を組んでおでこに乗せる。

両手で思いっきり押しながら、
頭は起こそうと踏ん張る。

   

30kg痩せたい

5 両足チョイ上げキープ(腹筋)

これは布団があるとやりづらいのでいっそのこと、ガバっと掛け布団をはいでしまいましょう。
上の4つをやっていれば、体も熱を帯びてきて、冬でもそんなに寒くないはずです。

寝たままで両足を伸ばします。床から45cmぐらいのところまで上げます。
一番腹筋がピクピクくるところでストップ。
そこで10秒間止めます。

これを2セット以上繰り返してウエストが引き締まります。

まとめ:目が覚めた瞬間10秒筋トレで眠気吹き飛ぶ!

  1. 全力で両手の指を握りしめる(握力)
  2. 伸びをしながら全身で力む(目覚め)
  3. 両腕で敷き布団を全力で押す(背筋・胸筋)
  4. 後頭部を枕に押し付ける(首筋)
  5. 両足チョイ上げキープ(腹筋)

これを実践していれば、朝もラクラク起きられるようになります。

意味もなくスマホいじって、だんだんと眠気が覚めてくれ~

とやるより、はるかに効率的です。健康にもいい。

とにかく体を動かすのが眠気覚ましには一番ですよね。

そしたら、プロテインを起き抜けの目覚めの1杯に飲むのもおすすめ。
起きた瞬間すでに筋トレしているので、プロテインの効果も抜群です。

ダイエットにも最高です。
起きた瞬間すでにカロリー消費して、体が熱を帯びています。
体温高い状態をキープして、基礎代謝が上がっていきますよ。

ぜひ試してみてください。

こちらも合わせてどうぞ楽して痩せるのはプロテインが一番!⇒【徹底解説】なぜプロテインを飲むとダイエットが成功するの?
おすすめプロテインはこちら⇒【女性向けプロテイン】ダイエット効果抜群のおすすめを比較レビュー!
   

1000円で1ヶ月ダイエットしませんか?

1週間で3kg痩せたいあなたは、以下の2記事をご覧ください♪