【ダイエットしたら骨まで痩せて満員電車でよろける】骨密度を上げながら脂肪を落とす一石二鳥のウラ技とは?

満員電車


スポンサードリンク


痩せたけどなんか疲れやすい。。。
すぐよろけるようになったり、満員電車がツラく感じるようになった。
ダイエットしてカラダ弱ったかな? 体幹鍛えないとダメかな?

そんなあなた。
もしかしたら、ダイエットして「筋肉が落ちる&骨密度が下がってしまった」かも!

ダイエット中といえども、食べなさすぎはまずいです。
カロリー不足は、筋肉量と骨密度が下がってしまいます。

でも、食べ過ぎるとダイエットできませんよね。

体重を落としながら、筋肉や骨密度はキープする方法ってないのでしょうか?

じつはあります!

それはビタミンD!

ビタミンDを意識した食生活をすることで、

ダイエットしたら体調悪くなった
ダイエットしたら風邪ひきやすくなった
ダイエットしたら花粉症を発症した
ダイエットしたら筋力が落ちた

そんな悩みとはさようならです(^^)

えっ? 骨が丈夫な人は太らない!? 骨とダイエットの意外な関係

先日NHKテレビの「あさイチ」でビタミンDについての話がありました。

じつは骨とダイエットってすごい関係あるんですよ。

骨って単に体を支えているだけじゃなくて、ホルモンを出しているんです。
その骨から出るホルモンがすごいんです。

  • おなかまわりの脂肪を減らす効能
  • 全身の老化を食い止める効能
  • 炭水化物の摂りすぎによる糖尿病を予防してくれる効能

骨、見直したぞ。

骨に感謝しないといけませんね・・・!

骨を丈夫にするには? →「かるーい運動」「道具の要らない瞬間筋トレ」

では、骨を丈夫にするにはどうしたらよいでしょうか?

もちろん運動!

でもハードな筋力トレーニングなんていりませんよ。
少し骨に重みをかける運動をしてあげればいいんです。

階段の上り下り
スクワット
ダンベル
トランポリン
ぶら下がり

こんな、かるーい運動でいいんです。

おすすめはアイソメトリックスという「道具なし&1回6秒で終わるトレーニング」。

  • 両手を胸の前で合わせて思いっきり押し合う
  • 両手をつかみ合って思いっきり引っ張り合う
  • ひざにクッション挟んで思いっきり押す
  • テーブルに両肘をついて、思い切り押す(腹直筋に効かせる)

大体4~8回やればOKです。
2,3日に1度やるといいです。

これだけで骨からの「ダイエットホルモン」がどんどん分泌されますよ♪

運動より大事な栄養! →ビタミンDが骨を丈夫にするけど20代女子は全然足りてない!?

骨を丈夫にする運動をご紹介しました。
でももっと大事なのは運動よりも食事なんです。

もしも何にも食べていなかったら?
いくらハードな筋トレをしたって筋肉も骨もつくわけありませんよね。

だから、やっぱり食事あっての運動なんです。

その中でも特に骨を丈夫にする栄養として大切なのは?

カルシウム?

も大事なんですが!

じつは、ビタミンD。
ビタミンDはとても大事な栄養素。

なのに、20代~30代女性の90%以上は不足していると言われています。
もう、足りなさすぎ。

「私がなにか調子が悪い原因ってビタミンD不足だったのかも」ってくらい不足してます。

ビタミンDのすごすぎる働き!

ビタミンDの働きをちょっとご紹介です!

骨を丈夫にします。骨粗しょう症を予防します。

高齢者になると骨粗しょう症になりますよね。
ビタミンDサプリを飲むことで骨折を全然しなくなったと言う方が何人もいます。

特に高齢者の方は転びやすくなってその時に骨を折ってしまいがち。
1回骨折ってしまうと、入院して筋肉が落ちて歩けなくなってしまいます。
お年寄りの方にとって骨折は本当に寿命に関わる事なんですよ。
だから、あなたのご両親・おじいちゃんおばあちゃんなどには、ぜひビタミンDを摂るようすすめてくださいね。

呼吸器ウイルス感染症・インフルエンザを予防します。

冬はインフルエンザなどのウイルス感染が怖いですよね。
ビタミンDを普段から摂取しておくことで、ウイルス感染による風邪症状を予防することができます。

タミフルやインフルエンザワクチンは、副作用がありますよね。
タミフルの副作用は子供にだけ起こるものでもありません。
暴れたり気候に走ったりする精神的な症状は大人ではあまりありません。
しかし吐き気がするとか、身体に出てしまう人はいます。

その点ビタミンDは、摂り過ぎたところで副作用はありません。
サプリを1回で1瓶飲み干すような、非常識な飲み方をしなければ全然大丈夫です。

もちろん完全に防げるわけではありません。
ただしビタミンDが不足している人と、十分な人の間では感染する確率は違うようです。

冬こそビタミンDです。

ガンを予防します。

もう、すごすぎますよね。
男女共通で大腸がんを予防。
女性の卵巣がんは、ビタミンD不足と関係あり。
前立腺がんや乳がんもビタミンD不足と関係あると言われています。

これは私だけが、この怪しげなブログで勝手に言ってることじゃありませんよ(笑)
ウィキペディアにもちゃんと載ってますから。

毎日 1,000IU(25μg)のビタミンDの追加摂取はヒトの大腸癌のリスクを50%減少させ、乳癌と卵巣癌のリスクを30%減少させると示唆している

冬季うつ病を予防します

冬は日照時間が少なくて、うつ病を的な症状を発症する方が増えています。
これを冬期うつ病と言ったりしますよね。

ビタミンDは珍しいビタミンで、食事だけじゃなくて太陽からの光を浴びることでも合成できます。
だから、冬になると夏場よりもビタミンDが不足しがちなんです。

私も冬になると起きるのがつらかったリ、朝くらい家から出かけるのが本当に嫌な気分になったりします。
だから、冬こそビタミンD!

花粉症や慢性鼻炎が楽になります

ビタミンDには免疫調整機能があります。

アレルギーって、免疫の過剰反応なんですよね。
本来、からだにとって無害なもの(花粉)を異物(有害なもの)と勘違い。
そして攻撃・排除しようとするから、鼻水やくしゃみや涙が出まくります。

花粉症だったのは、ビタミンDが不足してたのが原因かもしれません。
ビタミンDを摂れば、花粉症も楽になるかもです。
わたしも来シーズン(2018年)試してみますので、結果をご期待くださいませ!

こんなにすごいビタミンD! 不足を補う方法は日光浴だけ?

ビタミンD、すごいと思いませんか?

じゃあどうやってビタミンDを補うのか?

先ほども言いましたけど、日光浴でビタミンDは作れます。

でも20代女性!
日焼けしたくないから、紫外線嫌だから、日差し避けますよね。。。

UVカットってありますよね。
このUVが、ビタミンDを合成してくれるんですよ!

できるだけ、肌を太陽光にさらしたほうがいいんですよね~。
ちなみに窓は、UVをカットしてしまうので、窓越しに日向ぼっこしても無意味なんです・・・。

ビタミンDを食事で補うなら、お魚を食べてみよう

日光浴がダメなら、食事かサプリしかありません!
実際、サプリでの摂取が非常におすすめです。

1日あたりの必要量ですが、600~800IUとされています。
IUっていう単位は、こういう薬とか栄養の服用量を表すんです。
ビタミンDの場合は、1,000IUで25μgです。だから大体20μg。
1000μg(マイクログラム)=1mgです。

こんなちょっとの量が、不足してるんですよ。

ヤバいと思いませんか?

【ビタミンDのための1日の摂取量】
さけ 2分の1切れ(50グラム)
いわし 1尾(50グラム)
さんま 1尾(100グラム)
きくらげ(乾) 20グラム

参考:あさイチホームページhttp://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/171213/1.htmlより

これくらいなら楽勝ですね。
でも毎日毎日食べるわけにもいきませんね~。

   

30kg痩せたい

ビタミンDの1日の必要量は? 600IUじゃ少なすぎる説

やはりサプリでの補給をおすすめします。

それに「600IUじゃ少なすぎる」という説もあります。

「何度も骨折していた高齢者に2000IUサプリで飲んでもらったらそれ以来1度も骨折していない」
「重度の花粉症で悩んでいましたけど、3000IU飲んだら、2月3月でもマスク要らずです」(うらやましすぎ!)

ビタミンDは過剰に摂ると腎機能障害が出る危険性と言われますが、
50000IUを数か月飲み続けてもなんともないそうなので、まあ3000IUくらいなら大丈夫でしょう。
(体調おかしくなったらやめてくださいね。)

まとめ:ダイエットでは骨を大切に! 骨の健康には軽い運動とビタミンD!

ダイエットしてたけどなんか疲れやすいし、体幹が弱ったような気がする

そんなあなたは「骨を鍛える」ことを意識してみましょう。そのためには

  • 軽い運動。階段。スクワット。ダンベル。6秒筋トレ。
  • 日光浴。特に冬こそできるだけ外に出よう(10時~14時がベスト)
  • 食事はお魚を1日1回食べられるといいですね(朝ごはんに焼きシャケ)
  • サプリでたくさん摂ると、骨以外にも花粉症や鼻炎やウツ予防になるかも

痩せて元気になるには、骨を大切に!
骨を丈夫にするにはビタミンD!
ビタミンDをたくさん摂れば、春先にものすごく元気になれる!

ぜひ骨とビタミンDを意識した生活を送ってみてくださいね♪

   

1000円で1ヶ月ダイエットしませんか?

1週間で3kg痩せたいあなたは、以下の2記事をご覧ください♪