乾燥肌が1年中続く方でも潤い美肌になれる入浴時3つの心がけ




あなたは乾燥肌に悩んでいませんか?

乾燥肌はお風呂の入り方でも、ある程度対策ができます。
お風呂に入る事は清潔な体を保つために大切です。

しかしお風呂は

  • ダイエットのため
  • リラックスするため
  • 美肌のため

などなど、色々な場面で活用できます。

この記事では、「乾燥肌に悩むあなたが実践すべき入浴時の心がけ」を3つご紹介します。

食事編はこちらから。

かかとガサガサ・ひび割れ対策におすすめの食事とは?内側から乾燥を直す方法

方法その1 お風呂の温度は40度を超えないように

まずお湯の温度は40度にしましょう。熱い風呂には入ってはいけません。

熱いお湯は気持ちがいいですが、風呂上りに急速に肌の水分を奪っていきます。

その結果、乾燥、粉ふき、かゆみが現れます。

「冬場に40度はぬるくて寒い!」

と思うかもしれません。

そういう場合は、脱衣所や浴室を暖かくして、寒さ対策をしましょう。
そうすればヒートショック対策にもなります。

また、入浴剤の使用も、身体を温める効果があります。

ぬるさを間接的にやわらげることができますよ

方法その2 身体は素手で洗おう!

乾燥しがちな肌をすべすべにしたい。

そのためには身体の洗い方を見直してみましょう。

1番良いのは手洗いです。

タオルやスポンジで洗うよりも、肌のキメが細かくなります。

洗い方は、両手でボディーソープや石鹸をしっかり泡立てます。
泡立てのネットを使ってもokです。
しっかり泡立ててから、優しく体を洗います。

また、私たちは一般に過剰に洗いすぎな傾向があります。
あまりゴシゴシこすらずに優しく洗うことを意識しましょう。

入浴中はお肌の毛穴が開いています。

しっかりお湯につかって、シャワーで流して、手で優しく洗うだけで充分綺麗になるものです。

顔や頭は手で洗っていますよね。
体もそれと同じく手で洗いましょう。

やっちゃいけないのが、
「化学繊維のスポンジで体をゴシゴシ洗うこと」

化繊のスポンジは洗ったという実感を得られやすいです。
しかし強く擦る子音で洗うどころか肌を傷つけてしまいます。

「やっちゃっていた……」
と言う方は、今日からやめちゃいましょう!

強く擦り過ぎることで、肌荒れや感想の原因になるのです。

肌を守るための皮脂が過剰分泌されてベタベタになってしまうこともあります。

ちなみに、男性の場合は女性よりも皮脂の分泌が多いです。

手洗いだけでは、余分な皮脂を落とし切れないことがあるかもしれません。

その場合、綿などの天然素材のタオルで優しく洗ってくださいね。

方法その3 お風呂から出たら5分以内に保湿を!

保湿の基本は入浴後のスキンケアです。
お風呂上りに、スキンケア用品を使っていきます。

入浴後は、 5分すると急速に肌が乾燥していきます。
脱衣所に保湿クリームを必ず置いておきましょう。

「体を吹いたら、すぐに気になる箇所を保湿できる」ような環境を作りましょう。

ちなみに、スキンケア用品には
化粧水・美容液・クリーム・乳液。
色々ありますよね。

ご存知の方がほとんどでしょうが、一応、一般的な順番を確認しておきますね。

化粧水→(美容液)→乳液→(保湿クリーム)の順で。

入浴後しっかり体を拭き、化粧水とローションを、乾燥が気になる部分に縫ってください。

入浴後すぐに塗るのがポイントです。

また、乳液の塗りすぎは逆効果という意見もあるので、適量を意識しましょう。

気になる箇所全体に、薄くなじむ程度でOKです。

ちなみに男性が腕やすねに塗る場合は、毛に邪魔されがちですよね。
その場合は、しっかり塗り込みましょう。(こすらずに!)

乾燥肌かゆみが湿疹になる前に予防するには?大人の保湿対策3つのポイント

まとめ

「乾燥肌に悩むあなたが実践すべき入浴時の心がけ」を3つご紹介しました。

もう一度まとめると次の通りです。

  • お風呂の温度は40度を超えないように
  • 身体は素手で洗おう! 化学繊維のタオルやスポンジは×
  • お風呂から出たら5分以内に保湿を!

以上のような内容でした。

お風呂の時間は、乾燥肌にとって、最も重要な時間。

また、それと同時に、あなたの美しさのメンテナンスとチェックの最高の場所です。

「あなたの生活をより良くする」ために、ぜひお風呂を活用してくださいね♪

(関連記事)

すね・ふくらはぎの粉ふき・かゆみを1週間で改善する3つの解決策






今すぐ痩せ特集