【低体温脱出】平熱36度台を取り戻す!時間もお金も不要な7つの方法




あなたは低体温に悩んでいませんか?

  • ちゃんと寝てるのに顔色がくすんでいる
  • 食べる量は変わらないのに太りやすくなった

それは体の冷えが原因かもしれません。

顔のくすみの原因は「血行不良」。
体が冷えると血行が悪くなります。

血行が悪くなると、体内の主要な器官に血流を送るだけで精一杯。
体内の毛細血管である肌まで血液を十分に行き届かせる余裕がなくなります。

血液といっしょに栄養が送られていますから、
冷え性で血流が悪いと、肌にまで栄養が行き届かなくなります。

また、食べる量が変わってないのに太りやすくなった。
それは代謝が悪くなっているからかも。
人間は何もしてなくてもエネルギーを消費する「基礎代謝」があります。
基礎代謝の大部分を支えているのは、心臓や肝臓といった内臓の活動です。
内蔵のエネルギー源も、血管から血液といっしょに送られてきます。

血行が悪いと、エネルギー源が行き届かず、内臓器官の機能も低下してしまいます。
その結果基礎代謝が落ちることになります。

そして、代謝が悪いと「太りやすく痩せにくい」体に……!

ダイエット中の方も、まず低体温・体の冷えを直さないと、
なかなか効果は出てきません。

このように、 身体を冷やしていて良いことというのは、1つもありません。

ではどうすれば体温をあげられるのか?

平熱は、じつは「ちょっとした習慣や心掛け」を取り入れれば、わりと簡単に上昇させることができます。

この記事では「体温を36度台前半」にまで取り戻すために、有効な7つの方法をご紹介します。

スポンサードリンク

あなたは「冷え体質」?

7つの方法をご紹介する前に、あなたが冷え性・身体を冷やしやすい体質かどうか、
以下の項目から確かめてみてください。

  • 手足が常に消えている
  • 肩こりや腰痛がひどい
  • 顔色が悪い
  • イライラしやすい
  • 目の下にクマがある
  • 便秘や下痢気味
  • 生理痛がひどい
  • 汗をかきにくい
  • たっぷり寝ても疲れが取れない

こうした悩みは「冷えを改善すれば」解消できるかもしれません!

ちょっとしたことで平熱が上がる!!

低体温に悩んでいる人はちょっとした心がけを生活中で取り入れれば、
1~2ヶ月もすれば平熱が36度台前半にまで取り戻すことができます。

時間もお金もかからない、7つのシンプルな方法は以下のとおり。

  1. 指先のマッサージ
  2. 足をバタバタさせる
  3. ホットのペットボトルを常備
  4. 入浴剤で湯船にゆっくりつかる
  5. ドライヤーをお灸代わりに
  6. 朝起きたら温かいお湯やお茶を飲む
  7. 腹巻を着用する

「指先のマッサージ」は、いつでもできます。
仕事中のオフィスでも、家の中でも、
「ちょっと気がついたときに」ちょこちょこできるのがいいですね。
指先のマッサージで末端の血流を良くしましょう。

「足をパタパタ動かす」ことも効果的です。

デスクワークの時に足を時々あげて、
机の下でバタバタとバタ足をするようなイメージ。
軽くゆっくりでいいので気が付いたときに、動かしましょう。
「ながら作業」で全然OK。
これだけで冷えやむくみを軽減できます。

できればオフィスでは着脱しやすい靴を履くと良いですね。
机の下に座ってる時用の靴を用意できれば◎です。

「こんな簡単なことで効果が出るの?」

と半信半疑になりますよね。
でも、こうした「ちょっとしたことの積み重ね」が後で効くものです。

ホットのペットボトルを常備しておくのも有効。

基本的に、体を冷やす食べ物や飲み物を口にいれないようにしましょう。
冷たい飲み物を飲んでもいいことは特にありません。

ホットドリンクを用意しておけば、それが暖かいうちは指先も「湯たんぽ」がわりに温めることができます。

オフィスや自宅の中では、マグカップに温かいコーヒーやお茶を入れても良いでしょう。

スポンサードリンク

続いては家の中でできることです。

冬の間は少ないとは思いますが、「シャワーだけで入浴を済ませる」のは冷え性の方にとってはよくないです。

「一人暮らしだから湯船にお湯をはるほどでもない」
と思ってる方は要注意。

冷え性の改善を考えるのであれば、湯船につかることが必要です。

シャワーだけだと必ず体を冷やします。

浴室を十分に温めて、40度以下のぬるめの湯船で20分~30分ほどつかると全身から温まります。

その際「入浴剤」を使うことで、保温効果も高まりますし、何より長湯が楽しくなります。
スマホや本をジップロックに入れて、アプリや読書やネットサーフィンをするのも良いでしょう。

可能であれば「脱衣所」もストーブやヒーターで温めておきましょう。
入浴後に体を冷やすこともなくなります。
また入浴前にヒートショックの危険性を大幅に下げることもできます。

ちなみに入浴後の潤った肌は、5分間で乾燥し始めます。
肌の乾燥が気になる方は、入浴後体拭いたらすぐに保湿クリームを塗れるように準備しておきましょう。

また「ドライヤーをお灸がわりに使う」こともできます。
足首の内側には「三陰交」という体を温めるツボがあると言われています。
髪を乾かすついでに、ドライヤーで足首を温めましょう。

そのためには洗面所で鏡の前でドライヤーもいいですが、
リビングでテレビなど見ながらドライヤーをやるのもオススメ。

足首へのドライヤーは、30秒から1分もやれば充分です。
やけどしないように十分にドライヤーは距離を離してくださいね。

また乾燥が気になる方はドライヤーの後に「乳液」を塗って
足首もきちんと保湿しましょう。

「朝起きたときに、コップ1杯の水を飲む」といいと言われています。
体を内側から目覚めさせる効果があります。
またコップ1杯の水が程良い満腹感を与えて、ダイエットにも効果的です。

ただし冷え性の方は、ミネラルウォーターや水道水の水をそのまま飲むと、少々温度が低いかもしれません。

やかんやポットで沸かしたお湯を少々冷まし、白湯にして飲む。
緑茶を入れて飲む。

このように、毎朝コップいっぱい分の水を温めて飲んでみてください。

また、腸内環境が悪いと体の血流も悪くなります。
朝食を抜いていると、腸内環境が悪くなります。
できるだけ食べる習慣を身に付けてください。

食事に関しては、砂糖・糖質は身体を冷やします。
甘いものや炭水化物中心の食事ではなく、タンパク質・脂質中心の食事に切り替えてみるのも、効果大です。

最後に、冬は暖かい格好をしましょう。

「なにを当たり前のことを」
と思われるかもしれません。
しかしあなたは「暖かいダウンに頼りっきり」の服装ではありませんか?

冬のダウンジャケットやコートなどのアウターは、とても保温効果が高いですよね。
コートの中はロンT1枚程度の薄着でいても大丈夫なほど。
逆に、内側まで暖かい格好をしていると暑いくらいです。

しかし冷え性の方は、なるべくコートの下も暖かい格好を意識しましょう。
特に「腹巻やタイツ」は、体を温めるのにとても効果的。

冷え性の方は何よりも「胴体を温める」ことに気を使ってください。

「オーガニックコットン」の腹巻がおすすめです。
肌触りも柔らかくて優しくお腹周りを温めてくれます。

複数買って、毎日ローテーションできるようにしましょう。
寝る時にも着用するのも◎です。

スポンサードリンク

まとめ

「低体温のあなたが平熱36度台を取り戻す」

そのためにできる7つの簡単な方法をご紹介しました。

もう一度まとめると、以下の通りです。

  1. 指先のマッサージ
  2. 足をバタバタさせる
  3. ホットのペットボトルを常備
  4. 入浴剤で湯船にゆっくりつかる
  5. ドライヤーをお灸代わりに
  6. 朝起きたら温かいお湯やお茶を飲む
  7. オーガニックコットンの腹巻を着用する

ここにあげた7つの方法を、全て毎日きっちり行なう必要はありません。

あなたが簡単にできることから始めて、
1~2か月継続してみてください。

おすすめ記事:「バストだるだる・お腹ぷよぷよ」上半身を引き締めたいあなたに!

好きな場所に、好きな洋服で♪

「キャミソールを着るだけ」で、基礎代謝が1か月1500kcal以上アップ!

どんなに忙しくても、着ているだけ!
だから、「誰でもできる」「1か月で3キロ痩せた」と大評判です。

ダイエットの一番の近道は「基礎代謝を上げること」
でも、そのためには生活習慣の改善が必要。
それは時間のかかることです。

「時間も根気もない私には、挫折しか見えない……。」

そんなあなたも、
「ただ着るだけで」お手軽に「ヤセ体質」をゲット♪

興味のある方は、ぜひご覧ください♪

「下半身を引き締めたい」あなたは、こちらをどうぞ!履くだけダイエット!
「加圧下着の正しい選び方」と「おすすめグッズ」をまとめました。
お休み前に履いて寝るだけで、翌朝から「全然違う!」と悲鳴が続々。

  詳しくはこちらから

【すぐ痩せ】アラサー女が30㎏のダイエットに一発で成功した方法。飲むだけ

突然ですが、あなたはダイエットに取り組んでいて、なかなか体重が減らなくて困っていませんか?

 

いただいたお悩みをご紹介します。

 
ダイエットしているのに、太るのが止められません!
カロリーも減らして、お菓子もジュースも、甘いものは一切口にしてないんです(´;ω;`)
どうしたらいいですか? 私は一生痩せられないんですか?
 

はい、お気持ちよくわかります。私も全く同じでした。

毎日、職場と家の往復。朝は7時の電車に乗って、夜帰りは22時すぎ。

疲れ切って、とてもジョギングやジム通い、プール通いなんてできません。

それでも、ダイエットつづけるために、3食こんな食事をしてました

  1. 「朝ごはんは果物とヨーグルト」
  2. 「お昼は社食でカロリー控えめ」
  3. 「夜は納豆と豆腐」
 

こんな食事でがんばってましたが、全く体重は減りませんでした。
毎日、朝晩と体重計に2回は乗って「お、今日はマイナス1kgだ(∩´∀`)∩」と思ったら、翌朝なぜか体重が増えていました(泣)

「なんでこんなダイエットがんばってるのに、痩せるどころか、太るのが止まらないんだろう?」
と毎日泣きそうでした

 

やばいな私と思って、痩せる方法調べていたら、友だちが「ものすごいきれいな子」を紹介してくれたんです。

その子は「ダイエットなんて簡単。これを飲むだけで、あっという間に理想体重になれるよ!」と言い、ダイエット特製ドリンクを教えてくれました。

その特製ドリンクを注文して飲んでから、私の体重は劇的に変わったんです!

80kgオーバーのおデブちゃんだった私が、なんと53kgになりました! マイナス30キロです。信じられません。

 

そのきれいな子は、あまりにきれいだから逆に怪しくて、最初は「大丈夫かな、だまされてるんじゃないかな」って、すごく心配でした。

でも別におすすめされた特製ドリンクは、怪しいものじゃなくて、ちゃんとした会社が売ってる安心安全のダイエットドリンクでした。
私以外にも、何十万人もの方が、このダイエットドリンクを飲んでます。しかも信じられないくらい安いです。

 

今では私もすっかり体型をキープして、好きな服が着られます。

夏には水着も着られるし、胸は痩せなかったので「ビキニが似合うね」ってみんなに言われます(男子の目線も釘付けにできます♪)

友だちの結婚式には素敵なドレスをレンタルできて、太ってた時しか知らない人は、私が誰だか分からなかったんです。(大学の同級生だった男子に、二次会でナンパされました笑)

 

今考えてみると、あのとき思い切ってダイエットドリンク飲んでみてよかったなーって、心から思います。

そのものすごくきれいな子が、私に「秘密だからね」と言いながら教えてくれた。
私が30kgも痩せたダイエットドリンクの紹介はこちらです。






今すぐ痩せ特集