【40代以降の肌ケアは食事第一主義!】今すぐ真似できるキレイな人の食生活3つのポイント




あなたは「肌トラブル」に悩んでいませんか?

  • 肌のハリがなくなってきた……
  • メラニンが目立ってきた……
  • 細かいしわが気になる……

肌は美容の土台ですから、いつまでもキレイな肌を保っていたいですよね。

肌をキレイにするためには、外側と内側の2つの方法があります。

外側とは主に、「化粧水や美容液を塗ったり」すること。
直接、肌へアプローチする方法です。

内側とは主に、「よく眠る・食べ物を見直す」
生活習慣を見直すことで、肌へアプローチする方法です。

この記事では、「肌を内側からきれいにする方法」について、ご紹介します。

その中でも特に、「食べ物」について。

あなたが普段何気なく食べているその食品が、
お肌やカラダに悪い影響を与えるものかもしれません。

スポンサードリンク

コンビニで食べ物を買ってはいけない?

肌を本気でキレイにするためには、体内の活性酸素を増やしてはいけません。

活性酸素は、本来は代謝のときにおこる、身体の防御反応。
体内に入った悪い物質をやっつけるものです。

この活性酸素が増えすぎると、本来の細胞まで攻撃を仕掛け、
結果、シミ・シワ・たるみといった「肌の老化」を促進してしまいます。

体内の活性酸素を不用意に増やさないためには、

あなたの食生活を見直しましょう。

お肌の健康のためには「加工食品」をなるべくとらないことが大事です。

時間がなかったり、自炊が面倒だったりして、
「コンビニやスーパーの惣菜ばかり」買って食べていませんか?

毎食の食卓がほとんど「茶色」になっているかもしれません。

一度、あなたの食生活を振り返ってみましょう。

家事に仕事に忙しいと、つい便利な加工食品に頼ってしまいますよね。

  • お惣菜
  • お弁当
  • レトルト食品
  • インスタント食品

ほんとに便利ですよね。

しかしこれを買ってきて、
日々の食事を簡単に済ませてしまうのは、

本気で肌をキレイにするならNGです。


「いつでもどこでも食べられる加工食品」はもうやめよう

ここで使っている「加工食品」という言葉。

コンビニやスーパーのできあい食品、デリのことを意味しています。

広い意味での「加工食品」がすべて悪いわけでありません。

たとえばオリーブオイル。
これだってオリーブを絞ったのですから、加工食品です。
発酵食品だって、加工食品です。

いっぽう、コンビニやスーパーの加工食品はと言うと、
「効率よく安価に大量に供給すること」
これが最も優先されています。

しかも保存料や添加物など、自然界に存在しない化学物質を使っています。

たとえばスーパーの魚売り場。
魚のままで売ったり、お刺身や煮つけにしたパックを売ったりしていますね。

その日仕入れた、新鮮な魚は、そのままだったり、お刺身用で販売します。
それらが売れ残ると、火を通して、再加工して販売しているわけです。

要するに、鮮度が落ちたから再加工して、
仕入れた分を「あの手この手」で売り切ろうとしています。

これはスーパー側が悪いわけではありません。
ロスをなくすための、当然の戦略です。

しかし、美しい肌を保ちたい方は、もう買うのをやめましょう。
鮮度の落ちた食材や、余計な化学物質が入った食品は、もう食べないようにしましょう。

コンビニのパックも、数日や1週間保存が効くものもありますよね。
「たまごサンドが2日も3日も持つ」ということが、異常な事態だと考えましょう。


活性酸素は体内の異物を感知する

そのような、不自然な加工品が私たちのカラダに入ると、どうなるでしょう?

身体は、化学物質を「異物」と感じて、活性酸素を発生させてしまいます。

活性酸素によって、身体を守ろうとするのです。

そして、この活性酸素こそが、肌の老化の原因なのです。

活性酸素は、身体に有害な物質を退治してくれるのですが、
勢いあまって、自分のきれいな細胞も、少しやっつけてしまうのです。

そして、ダメージを受けた細胞は、酸化=老化するのです。
とても大雑把に言うと、これが「活性酸素と老化」の関係です。

活性酸素は肌トラブルに限りません。内臓をも老化させます。
すると

  • 疲れやすくなる
  • いくら寝ても疲れが取れなくなる

ということが起こるのです。

スポンサードリンク

まとめ

肌トラブルに悩むあなたへ
「コンビニやスーパーでの加工食品(デリ)を食べるのをやめよう」

という話をさせて頂きました。

もう1度まとめると以下の通りです。

  • 肌トラブルの原因は食べ物にあるかも
  • 加工食品の安易な摂取が、活性酸素を不用意に発生させる
  • コンビニやスーパーのお惣菜やお弁当はできるだけ避けよう

このような内容でした。

まずは1度、あなたの「スーパーでの買い物」を見直してみましょう。

コンビニには、生鮮食品があまりありませんよね。
あったとしても、「カット野菜」のような、とても便利な食べ物です。

コンビニやスーパーのデリ食品は、
「製造してから、ある程度時間が経ってから食べる」
と想定されています。

そのため、お惣菜やお弁当には、添加物が盛りだくさんです。


とはいえ、現代社会は本当に忙しいですよね。
たまには楽をしたくなるのは当然です。
デリを便利に賢く使うのも、生活術の1つであることも確かです。

「総菜を一切、完全に食べるな!!」
というわけではありません。

私たちの食生活は、何も意識しなければ
美容やダイエットやアンチエイジングの観点から言うと、
たいてい100点満点で10点とか20点です。

もう8割9割の方がそのくらいの点数でしょう。

その20点を、30点にすればいいのです。

ある休日の「お昼どうしようかな」

というときに、

「スーパーのお総菜でいいか」を

「ちょっと面倒だけど自分で適当に作るか」に変えていく。

こんなわずかなことの積み重ねが、
あなたの肌を美しくしていきます。

便利な加工食品ですが、
ほんの少し、あなたの食生活を改めてみてくださいね。

アラサー女が30㎏のダイエットに一発で成功した方法。飲むだけ

突然ですが、あなたはダイエットに取り組んでいて、なかなか体重が減らなくて困っていませんか?

 

いただいたお悩みをご紹介します。

 
ダイエットしているのに、太るのが止められません!
カロリーも減らして、お菓子もジュースも、甘いものは一切口にしてないんです(´;ω;`)
どうしたらいいですか? 私は一生痩せられないんですか?
 

はい、お気持ちよくわかります。私も全く同じでした。

毎日、職場と家の往復。朝は7時の電車に乗って、夜帰りは22時すぎ。

疲れ切って、とてもジョギングやジム通い、プール通いなんてできません。

それでも、ダイエットつづけるために、3食こんな食事をしてました

  1. 「朝ごはんは果物とヨーグルト」
  2. 「お昼は社食でカロリー控えめ」
  3. 「夜は納豆と豆腐」
 

こんな食事でがんばってましたが、全く体重は減りませんでした。
毎日、朝晩と体重計に2回は乗って「お、今日はマイナス1kgだ(∩´∀`)∩」と思ったら、翌朝なぜか体重が増えていました(泣)

「なんでこんなダイエットがんばってるのに、痩せるどころか、太るのが止まらないんだろう?」
と毎日泣きそうでした

 

やばいな私と思って、ネットで痩せる方法調べていたら、「痩せぐせマスター」とかいう変な人に出会ったんです。

彼は「ダイエットなんて簡単。これを飲むだけで、あっという間に理想体重になれるよ!」と言い、ダイエット特製ドリンクを教えてくれました。

その特製ドリンクを注文して飲んでから、私の体重は劇的に変わったんです!

80kgオーバーのおデブちゃんだった私が、なんと53kgになりました! マイナス30キロです。信じられません。

 

痩せぐせマスターはめちゃくちゃ怪しくて、最初は「大丈夫かな、だまされてるんじゃないかな」って、すごく心配でした。

でも別におすすめされた特製ドリンクは、怪しいものじゃなくて、ちゃんとした会社が売ってる安心安全のダイエットドリンクでした。
私以外にも、何十万人もの方が、このダイエットドリンクを飲んでます。しかも信じられないくらい安いです。

 

今では私もすっかり体型をキープして、好きな服が着られます。

夏には水着も着られるし、胸は痩せなかったので「ビキニが似合うね」ってみんなに言われます(男子の目線も釘付けにできます♪)

友だちの結婚式には素敵なドレスをレンタルできて、太ってた時しか知らない人は、私が誰だか分からなかったんです。(大学の同級生だった男子に、二次会でナンパされました笑)

 

今考えてみると、あのとき思い切ってダイエットドリンク飲んでみてよかったなーって、心から思います。

その痩せぐせマスターが、私に「秘密だからね」と言いながら教えてくれた。
私が30kgも痩せたダイエットドリンクとはこちらです。