もみ消して冬感想!波瑠ファン視点のあらすじとネタバレ第1話から最終話まで

もみ消して冬


スポンサードリンク


波瑠ファンの私としては、嬉しい!
2018年の新春ドラマも波瑠さんばっちり出演しています!

もみ消して冬ってどんなドラマ?
なんかドクターXみたいな感じ?
ギャグなの? サスペンスなの?

なんか色々イメージが湧きますよね。

結論から言うと、コメディーです!!

「ぶっ飛びコメディー爆笑必至!」なんて新聞のテレビ欄に書いてあります(笑)

そんな「もみ消して冬」について、あらすじや見どころを紹介していきますね。

波瑠さんファンなので、その視点で書いていきます!!

かわいいですね!

各話へは、以下の目次よりジャンプしてください。

「もみ消して冬」を見逃した! 再放送を探すあなたへ!

「もみ消して冬」は2018年3月17日に最終回を迎えました。

・もう1度見たい!
・見逃した!
・録画忘れた……
・再放送ないの?

そんなときは、以下の方法で、もう1度観られますよ!

Tverでの無料配信(公式・放送日から1週間限定)
・Dailymotion・pandoraなどのアップロード(非公式&非推奨)
・Hulu(公式・2週間無料体験付き

再放送を待つよりも、Huluでサクッと登録しちゃうのがおすすめです。
今なら、2週間の無料で全作品が見放題のお試し体験期間があります!

hulu

https://twitter.com/sugarvictory5sz/status/974568077579902976

https://twitter.com/Buzz_s2/status/974422353240141824

今までのドラマ。
これからの4月からのドラマ。
ずっと観られますよ。

もみ消して冬第1話あらすじとネタバレ 父親がいきなりとんでもない事件をやらかす?

90秒でわかるPR動画です。
波瑠さん、舌打ちしてるのなんか初めて!!

(動画の概要)

エリート警察官
敏腕弁護士
天才外科医

厳格な父親に育てられた3人の子供たち。
僕たち家族は世間からこんな風に呼ばれている。

「平成の華麗なる一族。」

そんなエリート家族にスキャンダル勃発!

「父さん、裸の写真を撮られた。1枚1,000万円。」

父・泰造が好きになった女性に写真をネタに金を要求された。
もし発覚すれば世間の笑いものに・・・。
何とかスキャンダルをもみ消すべく奔走する兄弟。その解決方法とは?

エリートながらもキャラが濃すぎる登場人物たちが、かなりお馬鹿な展開を繰り広げる超弩級のコメディードラマ。
山田さん演じるヘタレヒーローに注目です。

第1話から、ぶっ飛んでますね!

これは楽しみです。

アンジャッシュ渡部の告知

行列のできる法律相談所で、波留さんがゲスト。
ドラマ告知すると、渡部さんがダメ出しします。

そのくだりは以下。

波瑠さん

昨日から放送中の私が出演している「ドラマもみ消して、冬~我が家の問題なかったことに」
毎週土曜夜10時から放送です。

渡部さん

いやいやいやいやドラマも始まってるって言うのに下手すぎてびっくりぽん! 本当に。

今回エリート一家である北沢家の3兄弟がメインなんですけども

1番上の小澤征悦さん、天才心臓外科医
2番目が波留さん演じる、敏腕弁護士
3番目が山田涼介くん、エリート警察官

この3人が力合わせて家に襲ってくる事件を解決するという話です。
でね、いまヒットドラマの3大職業なんですよね。

  • 弁護士
  • 医者
  • 警察官

だから謎解きがあったり、人情エピソードがあったり、いい意味で何でもありの痛快ホームドラマになっています。
ぜひ皆さん見てください!

フットボールアワー後藤さん

ちなみに渡部さんはどういう職業の役なんですか?

渡部さん

一切出ておりません!
ただですね今回うちの相方、児嶋が出てます・・・。
なんちゅう悔しい告知ですか、これ本当に!

もみ消して冬第1話感想

出だしはこんな感じでした。

(小岩井)おはようございます・・朝食のご用意が整いました・
(北沢秀作)うんありがとう。
《僕の部屋には目覚まし時計がない》
《執事の心地よいノックが朝の始まりを告げる》
《大正時代にこの家を建てた政治家も僕達の前に住んでた小説家も日本史の教科書に出て来る人物だ》
(北沢博文)今日夢にディオゲネスが出て来た。
(北沢泰蔵)ディオゲネス?
(北沢知晶)古代ギリシャの哲学者よ。
(泰蔵)あぁあの変人か。
変人なんかじゃないよ。
樽の中で暮らしてたんだから変わってることは確かでしょ。
《ウチが少し特殊な家庭であることに気が付いたのはいつ頃だっただろう》

エリートらしい会話ですね。いきなり第1話の冒頭から哲学者の話です!

《ウチの家が世間から注目されるようになったのは僕が東大に合格して間もなくだった》
(記者)お子さま3人を東大に合格させた秘けつは?
(泰蔵)清く正しい生き方を教えて来ただけです。
それはわが校で教えていることと何ら変わりはありません。
《子供全員が東大に合格したことがマスコミに取り上げられると本はベストセラー》

これ、なんか見たことありますね!
東大合格させたお母さん、リアルにいますよね。
佐藤亮子さんです。

佐藤 亮子(さとう りょうこ)は息子3人娘1人の子ども4人全員を東大理Ⅲに合格させた日本の教育ママ。
子供全員を東大医学部に合格させる母親の子育て方法などをピーアールする教育本の執筆者。
Wikipediaより。

脚本のアイディアはこうやって、現実にある事を参考に、ちょっと変えてるんですね。
事実は小説よりも奇なり、何て言いますけど、現実からアイデアをもらって物語を作るって、面白いです!

音楽も「家政婦は見た」のパロディとか思いっきり使いまくってて笑えます。

山田涼介・波瑠・小澤征悦の人物設定

山田涼介さんは、警視庁勤務のエリート警察官。
警察官は、キャリア組と、そうでない組に分かれます。
山田さんは、当然キャリア組。幹部候補生です。
新人警察官の研修や人事を担当している仕事だとか。
ちょっと事務っぽいんですね。刑事ではないというのは、ドラマにしては珍しくて面白い設定です。
毎日刑法の勉強をしているという設定です。

波瑠さん、北沢知晶は泣く子も黙る敏腕弁護士です。
司法試験を1位で合格。
大手弁護士事務所にスカウト。
お客さんからの信頼も厚い。
弁護士として働きながら、若手国会議員の政策ブレーンもやっている。
天才ですね~。

小澤征悦さん、北沢博文は、天才外科医。
心臓外科医で、政治家などの有名人の手術をいつも成功させているスーパードクター。
ドクターX大門未知子とは違って、病院勤めの最強エリートですね。早くも将来の院長候補とささやかれています。

お父さんの誕生日パーティーで事件発覚! ⇒これを「もみ消して冬」

乾杯の前にひと言だけ父さんお誕生日おめでとう!
おめでとう。
おめでとう。
これからも健康に気を付けてずっと元気でいてください!
父さん?
ん?
大丈夫?
具合でも悪いの?
・・・裸の写真を撮られた。
え?
え?
裸って…どういうこと?
寝てる間に…全裸の写真を撮られた。

ぶっ飛びますね!

お父さんは北沢学園の校長先生。
どうやら生徒の母親と関係を持ってしまって、油断してたところで写真をとられてしまったそう。

相手の女の名前は島畑富士子(磯山さやか)。
磯山さやかさん、40代の女性の役です。かわいそうなような気がしないでもないです(^^;)

「金に困ってるから、援助をしてほしい」と言われました。

いくら?

1枚1000万円。払わなければマスコミにリークする

「本気で好きになってしまったんだ。少なくとも俺は真剣だった。」とお父さん。

そういう問題じゃないでしょ~という空気(^^;)

これが、事件。

これをなんとか「もみ消して」ってことですね~。

お父さんのスキャンダルをどうもみ消すのか?

お父さん、秀作に尋ねます。

「お前のところの組織の力で表沙汰にすることなく穏便に済ます方法はないのかと聞いてるんだ!」

「そ…そんなの無理に決まってるでしょ!」

最初は穏便に話し合いで済ませようと思っていた一家ですけど。。。

まず残念な報告が1つ。
父さんのケータイに新たな画像が送られて来た。
向こうに話し合う意思は…ゼロだ。
2枚で2000万秀作が想像してるような甘い女じゃないってことは確かね。

相手の女は話し合う気はなし。
実力行使に出ます。

あと通ってるスポーツジムに男がいる。
これで分かっただろ秀作。
え?
父さんの20年ぶりの純愛が踏みにじられたんだぞ。

お父さん真剣だったっていうのがギャグですね笑

そして兄さんが策を思いつきます。

島畑富士子のお宝写真。
マンモグラフィーの画像と下腹部のエコー写真だ。
「目には目を」。「裸には裸を」だ。
《兄さんは恥ずかしくないんですか?》
《そんな低レベルなダジャレをどうしてそんなに自信満々に言えるんですか!》

心のツッコミが、このドラマの演出です。

医師が患者の情報を不正に持ち出すのは秘密漏示罪だよね。
いいか?秀作。
家族に漏らすのはセーフだ!
セーフじゃないって!

秘密漏示罪。。。さすが刑法の勉強している秀作です。
ちなみに秘密漏示罪とは?

医師・薬剤師・医薬品販売業者・助産師・弁護士・弁護人・公証人・宗教家や、過去にこれらの職に就いていた者が他人の秘密を漏らす罪。
刑法第134条が禁じ、6か月以下の懲役または10万円以下の罰金に処せられる。秘密漏泄(ろうせつ)罪。
https://kotobank.jp/word/%E7%A7%98%E5%AF%86%E6%BC%8F%E7%A4%BA%E7%BD%AA-612473

結局、この案は、なし。
なんだかんだで、病院受診中に、秀作が富士子のスマホをいじって画像を消すという手段に出ました。

でもうまくいかず、ぐずぐずしている間に、秀作は富士子のスマホを持ったまま逃げることに。

《どうしてスマホをすぐに戻さなかったのだろう》
《遠足の帰りに先生は言っていた》
《「家に帰るまでが遠足だ」》
《画像を消去したら終わりではない》
《スマホがお家に帰るまでが遠足じゃないか!》
《それなのに…!》

おバカですね笑

そして秀作は、富士子のスマホを海に投げ入れます。

その後、富士子からの連絡、支払いの催促はなくなり、北沢家には平穏が戻りました。

波瑠さんがキャラ強すぎ!

秀作に、男としての色気がないというシーン。

秀作:1つ聞いてもいいかな?
千晶:どうぞ。
僕って男の色気ない?
ええ全くと言っていいほど。
そこまでハッキリ言わなくてもさ。
じゃあ聞かなきゃいいでしょ。

波瑠さん、はっきり言いすぎです。

あの後色気について考えてみたんだけどね。
あなたも結構暇なのね。
女の人ってちょっと危険な香りがする男の人に弱いんでしょ?
そういう人もいるでしょうね。
だからちょっと…冒険してみようと思って。
冒険?何の話?
兄さんの病院…行くことにした!僕がやるよ!
プッ…。フフフフ…。
何?
バカじゃないの?危険な香りってそういうことじゃないから。
父さんの誕生日プレゼント物がダメなら行動で贈るのもアリなのかなって。
たとえ反社会的なことであっても人としてこれは正しいという信念があれば行動すべきよ。少なくとも私はそう思うけどね。

こんな怖いキャラの波瑠さん見られて、楽しいですね~♪

もみ消して冬第2話感想とあらすじ

第2話は、長男が事件をやらかします。

天才外科医の小澤征悦は、勤務先の副院長のポストを狙っています。
ところがある日、病院長の自宅で食事会をしたとき、院長の愛犬を誤って逃がしてしまいます。

ウチの院長が飼ってる大事な犬を逃がしてしまった…!
笑い事じゃないんだよ! ジョンは院長がわが子のようにかわいがってる犬だ。
もしこのままジョンが見つからなかったら俺は間違いなくクビだ!

本人は悲惨ですが、見てるこっちはバカみたいな話ですね(笑)

波瑠:そんな大事な犬だと分かってたのにどうして逃がしちゃったのよ!
小澤:院長はちょっと変わったところがあってね…。部下の昇進で迷った時はジョンに決めさせて来たんだ。
山田:犬に決めさせるってどうやって?
小澤:2人を並ばせてジョンが駆け寄ったほうを昇進させる。
波瑠:その時のために今から手なづけておこうと思ったわけね。
小澤:ああそうだ。それでな、ボール投げで遊んでいたらいつまでたっても戻って来ない。

ということで、院長の愛犬である黒いレトリバーを家族で協力して探す!

というのが第2話のあらすじ。

院長家の愛犬をすり替えろ!!

まずは秀作(山田)が、引退した超優秀な警察犬を使います。
でも、うまくいかず。

そうこうしてる間に、博文がジョン(犬)を逃がしてしまったことが院長にバレてしまいます。

参加者が偶然撮影した動画ですよ。ジョンと遊んでんのは…君ですよね?
どうして知らないなんてウソついたの?
今から72時間以内に家に戻って来なかったら君はクビだ。

事態がバカな方向へ切迫してきます(笑)

どうしようと何の手がかりもつかめないまま、また家族会議。

もしこのまま見つからなかったら俺はクビだ…。一体どうすりゃいいんだよ…。

ここで知晶(波瑠)がひらめきます。

そっくりな犬を見つければいいのよ!
そっくりな犬?
本物がいなくなったら影武者を連れて来るのは世の鉄則よ。

そして秀作がまた刑法を。

でもそれって犯罪だよね?
そうよ?二項詐欺罪。

犯罪の名前にも詳しくなれますね。wikipediaより。

詐欺罪には、財物を客体とする罪(財物罪)と、財産上の利益を客体とする罪(利得罪)が存在する。
246条1項に規定された財物罪としての詐欺罪(狭義の詐欺罪)を一項詐欺罪または詐欺取財罪といい、
同条2項に規定された利得罪としての詐欺罪を二項詐欺罪または詐欺利得罪という。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A9%90%E6%AC%BA%E7%BD%AA

犬をすりかえる。それによって、懲戒免職を免れる。
財物を得るのではなく、利得を得るから、二項。
勉強になりますね(笑)

さて、犬のすり替え作戦うまくいくのでしょうか?

犬は無事用意できましたが、しつけが必要です。

「ジョン」と呼んだら来るようにすること。
ボールを投げたら拾って来ること。
この2つを56時間以内にマスターさせてくれ!

こんなことを必死にやっている。面白いドラマです。

そして犬のすり替えを決行!
無事うまくいくと思われましたが・・・。

すり替えの犬を院長宅へ置き帰ろうとした刹那、本物のジョンが戻ってきます。
そしてすり替えのジョンは、北沢家で飼うことになりました。

以上が第2話でした。

もみ消して冬第3話感想とあらすじ

第3話には、執事の小岩井が崖で遺書を残して身を投げようとしているシーンから始まります。
スゴイ衝撃!

どうして小岩井が急に、そんな展開になったのか?

家族は心当たりがないかと話し合います。

すると博文が。

博文:俺には心当たりがある! 小岩井はメイド喫茶にハマっていたんだ。
千晶:ウソよ!小岩井に限ってそんなこと…!
博文:いいや間違いない。昨日の夜この目で確かに見た。

www

博文に目撃されたことを小岩井も知り、逃げたんです。

千晶:別に休みの日にメイド喫茶行ってたっていいんじゃないの?
泰造:ウチの執事がメイド喫茶に通っていた…なんてことがバレたら週刊誌が面白おかしく書き立てるに決まってる。「執事がメイドにハマっていた」なんていかにも見出しになりそうなネタだ。

とにかく北沢家には問題が次々起こります。
けれども、だんだんとスケールが小さくなってくるような気がします(笑)

一生に一度でいいから「おかえりなさいませご主人様」と言われたかった。
そして恐らくそれが想像以上に心地よかったんだろうな。

ずっと執事でしたから!(笑)

さて、この事件、どうもみ消すのか。

まずは、小岩井を追い出すことを考える一家。

解雇じゃなく自主退職にしてやればいい。
退職金に色をつけてやればあいつも文句ないはずだ。

ひどい・・・。
そして話は、小岩井の後釜をどうするかという流れに。

楠木松也(千葉雄大)がいるからいいという話もあり、
女性のメイドを新しく入れようという話も出てきます。

秀作だけは、小岩井をかばおうとします。

と同時に、ペットのハムスターであるプラトンがいなくなります。
プラトンとは、ギリシャの哲学者の名前ですね。
そういえば第1話でも、樽の中のディオゲネス(哲学者)の話から始まりました。
脚本家の方が、哲学好きなのですかね~。

なぜ、小岩井はメイド喫茶にいったのか、その理由が明らかになります。

じつは、小岩井の娘が、メイド喫茶で働いていたんですね。

北沢家は、小岩井を戻そうとしますが、でももう小岩井は、就職先を決めてしまいました。なぜか、ラーメン屋。

申し訳ございません!60近い私を採用してくださった店長を裏切ることはできません。
それにずっと昔からラーメン屋に憧れてたんです。

どうしたら小岩井を執事に復帰させられるか、秀作が考えます。

ラーメン屋をクビになればいいと考えた秀作。
ラーメン屋にこっそり夜中にしのびこんで、仕込みのスープを激烈に不味いものにすりかえるという作戦です。

秀作の例の独り言が始まります。

《小岩井を連れ戻すためにここまでする必要があるのか》
《罪を犯さなければ小岩井はウチに戻って来てはくれないのか》
《一番頭を悩ませたのは小岩井をクビにするためにまずいスープを作ること》
《まず過ぎるスープを作れば小岩井のプライドを傷つけ今後の人生を左右しかねない》
《だからといってまずさを抑えればクビにならない可能性も出て来てしまう》
《肝心なのはおいしさとまずさの絶妙なバランスだ》

そこへお父さんが。

なんと、カレーを作り始めます。

そして見事、ラーメン屋をクビになった小岩井。
秀作に連れ戻され、執事復帰です。

以上が第3話のあらすじでした。

もみ消して冬第4話感想とあらすじ

第4話は波瑠さんが主役でしたね。

波瑠は最近、議員と会議をすることが多くなっています。
そして父親からお見合いの話が来ていると言われますが、あっさりと断ります
そして気になっている人がいるといいます。

「誰なんだ」という父親に対して「時期が来たら話す」と。

政治家の中谷議員からも 結婚話を持ちかけられます。
政治家の一番の武器は結婚することだそうです。

政治家の奥さんの理想は?

波瑠が語ります。

「良妻賢母」
「家を守る控えめな女性が向いてる」
「私はその理想とは正反対」
「私と結婚した場合は当選確率が5%」
「独身で候補した場合は65%」

こうして、あっさりと結婚話を受け流してしまいます。

では波瑠の気になっている相手とは?

なんと楠木君に酔っ払ってキスをしていたのです。

それも、顎に!

「3日前にリビングで夜中をチェスをしている最中に突然」という楠木君。

それを聞いた秀作は混乱して妄想を始めます。

「人間は目当ての獲物より大きいものが現れると混乱する」
「下着泥棒を追跡中に突然3億円の強盗犯が自首してきたら誰だって戸惑う」
「イノシシ狩りに来て目の前にヒグマが現れたらお手上げだ」
「鯉の刺青なんて、所詮は小物」
「キスする姉さんは3億円のヒグマだ!!!」

楠木君は刺青の理由を聞かれると、若気の至りだと笑って済ませようとします

それだけであっさり刺青の話は終わってしまいます

どうしてキスされたかと言うと気がついたら目の前にお顔があった

姉さんは恋をしている模様です
相手の背中は鯉の模様です恋の模様です
今年の冬はコイの季節になりそうです

楠木は温泉旅館の跡継ぎだったそうですが後を継ぎたくなくて無理やり刺青を入れたそうです。
温泉旅館の 館長が刺青をしているなんて確かに絶対ダメですね(笑)

知晶(波瑠)の恋愛感情をもみ消す

父親や兄に、キスを問いつめられ、知晶の一言

「よっ払ったらキスぐらい誰とだってするから!」

それに対して博文。

「酔っ払った時のキスは ほっぺたかおでこだって相場が決まっているんだよ」

なぜあごにキスをしたのか?

それは、知晶の理性だったのです。
それがフォークボールのように、ストンと落ちたんですね。

そして、自宅でのパーティで、「酔っ払ったら誰とでもキスする女を演じる」知晶。

ここ注目したいのは、ぜんぶ「キスがおでこかほっぺた」なところですね。

小関君にも、太ったおじさんにも、あごには絶対にキスしてないんです。

だから、博文兄さんの言ってること
「酔っ払った時のキスは ほっぺたかおでこだって相場が決まっているんだよ」

これは本当に、正しかったんですね。

深いなあ~と思いました。

今回のもみ消した内容は今までの事件と違って恋心というかなり抽象的で文学的な内容でしたね。

以上が第4話の感想です。

もみ消して冬第5話感想とあらすじ

第5話では、波瑠さんは主役の引き立て役でしたね!

秀作の同僚の小関君が知晶に恋してしまいます。

これ例えばの話として聞いてほしいんですけど…。
え?
例えばある男が職場の同僚のお姉さんのことを好きになってしまったとしますよね?
その同僚って具体的には同期とか年上とか年下とか…。
まぁ例えば年上としておきましょうか。
その同僚って俺じゃない?
まぁ例えば。
全然例え話になってないから。
じゃあ例えば僕が先輩のお姉さんである知晶さんのことを好きになったとしますよね?
えっ?お前マジで姉さんのこと好きなの?
例えば。

例えば例えばうるさいくらい繰り返してますね(笑)

小関君は秀作のたとえ話に辟易してたのに、自分は乱用してます。

そして第5話は、博文兄さんと秀作の恋のバトルが主題でした。

聞いた話じゃまだ連絡先も交換してないんだろ?
はぁ?なっ…!そんな奴が偉そうに身を引けとか言ってんの?
いやできればの話だよ!
こうあくまで建設的な提案としてね?
いいか?お前はバーゲンセールでお買い得の中トロを先に見つけただけなんだよ!
え?
見つけただけで先にこの中トロをカゴに入れたのは俺だ。
彼女を特売の中トロに例えるのはどうなんだろう…。
じゃあ大トロか?ううんそれは買いかぶり過ぎだ。
マグロに例えるのやめてくれない?
どうして?
マグロじゃないから!

この会話おもしろいですね~(笑)

そうして秀作は、博文兄さんのライバル善財に助けを求めます。

善財と言うのは、山崎直子『白い巨塔』という小説(ドラマ)の主人公のパクリです。
白い巨塔の主人公の名前が、財前。
ドラマでは唐沢寿明さんが演じていましたね。

博文兄さんが池江さんを譲った本当の理由を「もみ消し」

私がおにい様に対してできる治療には3種類の方法があります。
3種類…。
1つ目はおにい様がその女性にこっぴどく嫌われる。
2つ目はおにい様の気持ちが女性から離れる。
3つ目はおにい様が命の危険にさらされる。

博文は池江さんに婚約指輪まで用意し、クルーザーの予約をとりましたが、
善財の働きで、見事に、博文を誘惑成功。

《俺は大きな決断をすることにした》
《幸せな未来へと羽ばたくための恋のアップグレード》
《つまり乗り換えだ!》

そして見事に、善財と秀作のたくらみが成功します。

お前を奮い立たせるための作戦だったんだよ。
ウソでしょ?
本当だ。
あのパーティーの日に彼女の気持ちを知って俺がひと肌脱ぐしかないと思ったんだ。
俺がいくら挑発しても一向にアプローチしないからヒヤヒヤしたぞ?
兄さん…。
ちゃんと幸せにしてやるんだぞ。

今回のもみ消しも前回と引き続いて恋心のもみ消し。

もっと正確に言えば、博文兄さんの「乗り換えの理由」をもみ消したんですね。

段々もみ消しの内容が文学的になっていくのがおもしろいですね~。

以上が第5話の感想でした。

もみ消して冬第6話感想とあらすじ

第6話は、お父さん(泰蔵)中心のストーリーでしたね。

泰蔵(中村梅雀)が何者かに睡眠薬を飲まされ病院に運ばれた。
睡眠薬はチョコレートの中に入っていたらしい。
その夜 泰蔵は大学時代の社交ダンス部の同窓会に行っていたことから、犯人は同級生の中にいると北沢家では断定。
そこで秀作(山田涼介)は、知晶(波瑠)と博文(小澤征悦)と一緒に、泰蔵にチョコレートをあげた5人の女性を北沢家に呼んで取り調べするが、その中でひと際犯人のオーラを放つこずえ(山村紅葉)が怪しいとにらむ秀作。
ところが、かつて泰蔵とつきあっていた他の4人と違い、こずえはダンスパートナーどまりの関係で犯行動機につながる恨みは見つからない。
さらに別のチョコレートから最悪死に至る別の薬物が検出され、事態は殺人未遂事件と変わっていく。秀作と知晶の推理対決が繰り広げられてゆくがー
http://www.ntv.co.jp/momifuyu/story/index.html

あまり波瑠さんは目立たず、、、ちょっと残念でした!

もみ消して冬第7話感想とあらすじ

ライバルの善財(竹森千人)が倒れているのを発見した博文(小澤征悦)。
ところが、犯行動機があることや凶器に指紋がついていたことで博文が襲ったのではないかと警察に疑われてしまう。
実は窃盗団の一味だった善財の婚約者が犯人だったとわかり、疑いは晴れるが、博文を疑ったことで病院内で人望のなさが明るみに。出世も遠ざかり、博文は人生初の挫折を味わう。
一方、男らしくない態度を里子に責められフラれた秀作(山田涼介)は、さらに不幸な秀作なら博文を勇気づけられると知晶(波瑠)から励まし役を命じられる。
そんな中、浜野谷院長(柴俊夫)の家にも出入りする手毛綱(児嶋一哉)が、院長は人事にポイント制を採用しているとの情報を持ってきた。秀作達は窃盗団の捜査をする尾関(小瀧望)も巻き込み、博文の挽回を狙ってポイントアップを計画するが…。
http://www.ntv.co.jp/momifuyu/story/index.html

ここは、もうなんといっても、尾関と知晶のキスシーンですよね!!

波瑠さんのキスシーン。。。がはっ!
小瀧望くん、すばらしかったですね。
さすがスパイ教育を受けていただけあって、こころをつかむのがうまい。。。

もみ消して冬第8話感想とあらすじ

この博文兄さん、最高でしたね!(笑)

里子(恒松祐里)とついに恋人関係になった秀作(山田涼介)が、彼女を北沢家へ招待して泰蔵(中村梅雀)に紹介することになった。
その晩、北沢家には泰蔵しかいないはずだったが、友達の所に泊まりに行っていた知晶(波瑠)が早々に帰宅。遅くなる予定だった博文(小澤征悦)は、尾関(小瀧望)と手毛綱(児嶋一哉)を引き連れて帰ってきた。
嫌な予感しかしない秀作をよそに、北沢家のリビングでは、知晶にキスをした尾関の公開裁判が開かれる。
そんな中、里子が履いてきた靴が玄関から消えていることに気が付く秀作。
誰かが隠したのでは?と有罪判決を受け執事部屋に拘束されている尾関に相談し、 一人ひとり問い詰めていくが、犯人はなかなか見つからない。
そうこうしているうち、秀作に幼い頃の知晶の靴をめぐるとある記憶がよみがえって―。
http://www.ntv.co.jp/momifuyu/story/index.html

知晶のいじわる、炸裂です!!(笑)

https://twitter.com/miohru__wrd/status/970163879719272449

今回の話は、いままでのコメディードラマだったのとひと味違ってなんだか泣かせるストーリーになってましたね。

知晶と亡母・早和子の思い出

「これ ダンスシューズ?」
「そうよ 大きくなったら 好きな人と一緒に使いなさい」
「わたし 踊るの下手だし」
「上手い下手なんて関係ないわ 一緒に踊るだけでいいの」
「わかった 大事にするね」

そして、わたしはダンスが嫌いだから、使ってという。。。
あれだけいじわるしたのに、秀作の恋人、池江さんへの優しいプレゼント。
秀作の幸せを願っているんですねー。

もみ消して冬第9話感想とあらすじ

https://twitter.com/haru6kitagawa8/status/972386551907799041

里子(恒松祐里)のあとをつけていたストーカーを捕まえた秀作(山田涼介)。
ところがその男、吉田邦夫(加藤諒)の目的は秀作だった。理由を聞く秀作に邦夫は衝撃の事実を口にする。
「ボクたち、赤ちゃんの時に取り違えられたんです」
信じない秀作にDNA鑑定の証拠を見せる邦夫。3歳の時に発覚し、両家で話し合いの上、そのままになったという。
家に帰った秀作は、このことを打ち明けるが、知晶(波瑠)と博文(小澤征悦)は初耳にもかかわらず反応は薄く、弟につらくあたってしまう理由がわかってスッキリした様子。泰蔵(中村梅雀)もずっと同じ思いだったと知りショックを受ける。
邦夫を知るうち、その姿と言動に北沢家のDNAを実感する秀作。
やがて、一週間だけ二人を入れ替えて生活することが両家の間で決まり…。
http://www.ntv.co.jp/momifuyu/story/index.html

秀作が、入れ替わりが発覚して、家を出てしまいましたね~。
そのまま居座ればいいのに、ずっと家族や他人に遠慮している秀作。
だから、出ていっちゃうんですね。
まあ秀作らしいといえば、秀作らしいですね(^^;)

さみしそうな知晶。このシーンがとっても好きです。

段々と、知晶の秀作への愛情が明らかになってきて、良いドラマになってますよね。
最初は、ただのこわいねーちゃんだったのに(笑)

もみ消して冬最終話感想とあらすじ

秀作(山田涼介)と吉田邦夫(加藤諒)の入れ替わり生活は続き、北沢家では邦夫が幸運の使者のごとく、続けていいニュースが舞い込む。
一方、秀作も些細な事で感謝を口にしてくれる吉田家で、パティシエになる将来も見据え、幸せをかみしめていた。二人はこのままでいようと意見が一致、泰蔵(中村梅雀)も戸籍を入れ替える準備を考え始める。
納得できない尾関(小瀧望)は、秀作を説得するが、しょせん知晶(波瑠)へのポイント稼ぎのためだと相手にされない。
そんな中、またもや北沢家にもみ消しが必要な事件が起こる。
楠木(千葉雄大)からそのことを知らされた秀作は、もう北沢家の人間ではないからと聞き流すが、あることに気づき…、
“キタザワズ・プライド”にかけて立ち上がる秀作。しかしそこには北沢家の運命と未来を変える衝撃の展開が待っていた―。
http://www.ntv.co.jp/momifuyu/story/index.html

波瑠の性格は今までドラマの「優しい女の子」イメージと全然違う?

波瑠の朝ドラ女優までの経歴は?家族仲・プライベートの意外な趣味とは

2017.02.22

波瑠さんは、今までは

朝ドラでも、
「世界一難しい恋」でも、
「あなたのことはそれほど」でも、
直近の「娘の結婚」でも、

とても素直で性格のいい女の子役でした。

それが今回のもみ消して冬では、全然性格が違います。
かなり弟をいじめてくる、きつくて怖いお姉さん役になっています。

プライベートでは、家族と仲の良い、優しい性格ですよ!!!

製作発表ではなんと和装でした。

もみ消して冬、ストーリーや見どころは? キャストは山田涼介、波瑠、小澤征悦の3人!

↑公式のPR動画です。

3兄弟全員が東大卒というエリート一家。

主演は山田涼介さん。警察官で25歳。3兄弟の末っ子です。
波瑠さんがお姉さん役。敏腕弁護士で27歳。
長男が小沢さんで、数々の大手術を成功させてきた天才心臓外科医。38歳です。

警察官の山田涼介さんは末っ子で、お兄さんお姉さんからいじめられっ子的な存在。
無理難題をいつも押し付けられるという訳待笑です。

そんなエリート家族に襲い掛かるトラブル。
それをこの3姉妹でどうやって解決していくのか?

それぞれ違う職種の3兄弟が、知識とノウハウを使ってその問題を揉み消していく

そういうあらすじ・展開のドラマです。
作りとしては、コメディードラマになっています。

山田君の心の声(独り言)がかなり可哀想で、心のツッコミが入っています。
それがギャグになっていて、楽しいホームコメディーです。

主演の3人が、結構番組の宣伝でテレビ出てますね。

3人による見どころは

山田さん:僕たち3人はエリート3姉妹という役どころです。でもコメディなので気軽にご視聴いただければなと思います。

波瑠さん:エリートなんで問題なんて起きないような感じがしますけど。我が家にだけのちっちゃな事件がいろいろ起こります。

小澤さん:頭の3姉妹のように現場でも和気あいあいと撮影できていて楽しいです

山田さんの役回りはヘタレの末っ子。
そしてドラマの中だけでなく撮影現場でも、2人からいじられてるそうです。

「さっき小沢さんのコート触ったら、触るんじゃねぇよって言われました」

波瑠さんも山田さんをいじるんですか? という質問に

「いじってるというより、いじめてます」と答える波瑠さん。

!!!

驚きですね(笑)

   

30kg痩せたい

波瑠さんのキレイな肌の秘訣とは?

波瑠さんは美容のために青汁を毎日飲んでいるそうです!

青汁はダイエットや美容に今や必須のアイテム。
波瑠さんやモデル愛飲の青汁で身体の内側から美しさを手に入れちゃいましょう↓↓

【20代30代最後の本気ダイエット】始めるなら青汁が一番!中でもオススメの商品とは?

まとめ:もみ消して冬は続編希望!

  • もみ消して冬は、爆笑ぶっ飛びコメディ
  • 波瑠さんは今までにないキツイお姉ちゃん役
  • ヘタレヒーローの心の声がギャグ
  • 第1話目から内容が濃い! 
  • だんだん、いい話になってきた
  • 感動のラスト!

いや~、わたし的には、2018年1月~3月期のドラマで、1番おもしろかったです。

ぜひ、続編や再放送を期待したいですね。

見逃したあなたは、Tver(1週間限定)Hulu(期限なし。2週間無料)を利用しましょう。

通勤電車。スマホでドラマや映画の動画観てる人いますよね。
ほとんどこのHuluを使ってるんですよ。
朝のツライ時間が、楽しいひと時になりますね。

https://twitter.com/ayyya625/status/971355144808878080

――ぎゅうぎゅうの中でひたすら吊り広告見るしかない。

Huluがあれば、そんなストレスフルな電車生活が一気に楽しい時間に変わります。

「やだな~通勤時間長くて」
と思っていたのが、今は

「通勤時間長くて良かった」
と感じているくらいです。

小1時間で、ちょうどドラマ1話観られますからね。
月曜日の憂鬱な通勤ラッシュ。
「もみ消して冬」を観て、楽しく過ごしましょう♪