なぜか痩せない人は食べ方を見直せ!食事だけで1ヵ月3キロなら楽勝です




あなたは「ダイエットに励んでいるのに何故か痩せない」とお悩みではありませんか?

 

糖質や脂質に気を使い
間食も食べず
日々ダイエットに励んでいる

ウォーキングなどの運動も取り入れてるのに
何故か体脂肪率も変わらず
体重も少しずつ戻ってきている。

 

もしかしたら食事を見直すといいかもしれません。

 

ダイエット中は食事が乱れがち

ダイエットを頑張っているのに、なかなか体重が落ちない。

原因はいろいろと考えられますが、

ダイエット中にありがちなのは「たんぱく質の不足」です。

 

たんぱく質は筋肉を作る栄養素。

たんぱく質が不足すると、人間の脳は「身体を防御しろ!」という指示を出します。

その結果、エネルギーを燃焼させないように身体が働きます。

そうすると摂取したカロリーや脂肪が燃焼されにくくなります。。

炭水化物が蓄積すると、脂肪として蓄えられます。

 

その結果、燃費の悪い体に逆戻りしてしまいます。

 

それ以外にも、食べ方や生活の習慣をちょっと変えるだけでかなりの部分を解決できます

 

特別な努力は必要なし。

ダイエットに励んでいても、いなくても

普段通りの生活に、少しだけ気を使えばokです。

 

食べ方・食事の習慣を良くするための5つのポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

ポイント1 水分を取る

水分はしっかり取る必要があります。

特に大事なのは朝起きた後の1杯の水。

これだけで、便通改善の効果てきめんです。

 

あるいは、毎食食べる前にコップ1杯の水を飲む。

これだけで食べ過ぎを抑制させる効果があります。

というのも食前の水分摂取は、血糖値の上昇を緩やかにする効果があるからです。

 

便秘は腸内環境を悪化させます。

腸内環境の悪化は様々な体調不良の元凶。

 

反対に、便秘を解消すれば肥満の予防にもなります。

そのため日々水分はしっかり取りましょう。

1.5リットルから2リットル程度の水分を摂ることが目安とされています。

 

ポイント2 1日3食、規則正しく。

3食きちんと食べることが基本です。

食事をとる時間帯で何より大切なのは

「規則正しい」こと。「一定のリズムがある」こと。

 

また、朝食はできるだけ食べることが望ましいです。

朝食を食べることで、寝ていた体が起きたと認識します。

朝食は、身体の活動開始の合図となるのです。

 

「朝食は全く取れない……」「朝食は食べない主義……」

という方は、それでも構わないと思います。

 

大事なのはバランスよく規則正しく食べる。

同じ時間に、適量を食べているならば、極端な話、1日1食でも1日5食でも構いません。

(1日1食で平気な方もいますよね。)

 

ポイント3 早食いしない

これは、よく言われることです。

しかし、やはり Time is money. ということもあり、

「急いで食事を済ませてしまうこと」、頻繁にありませんか?

 

特に早食いしやすいのは、朝ごはんとランチ。

仕事していれば朝も昼も時間がない。

しかし、満腹中枢が刺激されるのは、食事を始めてから20分はかかります。

「20分以内に食べ終わってしまう」と、ついつい必要以上に食べてしまう恐れがあります。

できれば、食事は「30分以上」時間をとりたいところです。

 

そのための工夫としては、こんなことが考えられます。

 

噛みごたえのある食品、食べにくい食品を取り入れる。

 

野菜を食事に採り入れ、最初に食べましょう。

野菜炒めやサラダを最初に食べれば、血糖値の急激な上昇も防げるし、

咀嚼の回数も増やせます。

 

あるいは、定食を食べるなら、肉より魚。

骨がたくさんある魚は、物理的に、お肉よりも食べる時間がかかります(笑)

 

 

早食いを自然と抑えられる工夫が色々できると思います。

 

一方、朝食を5分10分で済ませてしまう方。

いつもより15分くらい早く起きられるとよいですね。

あるいは、自炊できる余裕があれば、味見をしながら作っていくといいでしょう。

ちょこちょこ「味見」や「つまみ食い」をすれば、

調理中も食事の時間になります。

 

しかも主食(炭水化物)をつまみ食いすることは、通常ありえないので、

自然と「食べ順ダイエット」にもつながります。(詳細は後半で。)

食べ順ダイエットは、「野菜ファースト」「炭水化物ラスト」が基本です。

 

ポイント4 寝る前に食べない

深夜の食事はエネルギーとして消費されにくいです。

基本的には、就寝の3時間前までに食事を終えることが望ましいとされます。

 

また、食事をとることで副交感神経が刺激され、身体が起きてしまいます。

このため、寝る時間になっても「眠くならない」「寝つきが悪い」

といったように、大切な睡眠を妨げてしまう恐れもあります。

 

就寝時間は、できれば夜12時までに寝たいですよね。

しかし、仕事の都合上、帰りが夜10時以降になってしまうという方もいます。

そういう場合は、夕方や夜の早い時間に「サンドイッチなどの軽食」を、つなぎとして食べましょう。

 

お腹をすかせてる状態で働くのは危険です。

仕事が終わった夜中に、ドカ食いを招く元凶です。

 

夕方に軽食を食べる。そして仕事から帰ったら

  • プリン
  • 豆腐
  • ゆで卵

といった、ごく軽い食事にとどめましょう。

深夜の炭水化物の摂取は極力避けましょう。

 

ポイント5 食べる順番を考える

一般に「食べ順ダイエット」とも言われています。

食べる順番として、

  • 汁物や野菜を先に食べる
  • 主食を最後に食べる

もし汁物がない場合は、先ほど紹介した

「食事の前にコップ1杯の水」を飲むことが効果的です。

 

「食べ順ダイエット」の本質は、

「血糖値の急激な上昇や食べ過ぎを抑えること」。

 

空腹時に、

  • 糖質の高い食べ物(主食やケーキ等)
  • 飲み物(コーラやスポーツドリンク)

これらを摂取すると、30分~数時間後の体内血糖値が、急激に上昇します。

血糖値の上昇は、食べすぎを引き起こすだけではありません。

「血糖値スパイク」という現象を引き起こす原因ともなります。

血糖値の急激な上昇を繰り返していると
血糖値を抑えるためのインスリンが、大量に分泌されます。

 

極端な例をあげると、

「朝一番に何も飲まずに白米を茶碗1杯食べてしまう。」

「のどが渇いてペットボトルのコーラを一気に丸ごと飲む。」

こうしたことを繰り返してると、インスリンが過剰状態になり

急激に上昇した血糖値を戻しにくくなります。

 

血糖値が高いまま戻らないということは「高血糖」であり

高血糖は「肥満や糖尿病や動脈硬化」といった生活習慣病の元凶です。

 

なので

  • 食べ順に気を使う。
  • 炭水化物や糖質の高い飲み物を一気に摂取しない。

この2つが重要です。

「野菜を最初に」「炭水化物を最後に」

食べる順番には是非気を使うようにしてください。

スポンサードリンク

まとめ

ダイエット努力しているのになぜか痩せない。

悩みの原因はもしかしたら食べ方に原因があるかもしれない。

そのために食べ方を見直すための5つのポイントをご紹介しました。

もう一度まとめてみます。

  1. こまめな水分摂取
  2. 時間通りの規則正しい食事
  3. 深夜に食べない
  4. 早食いしない
  5. 食べ順に配慮する

 

以上紹介したものは、

「ほんの少しの心がけで変えられる」ようなことばかりです。

何の努力も必要ではありません。

 

タンパク質が不足するような食事。

過度な食事制限や我慢は、健康にも美容にも、よくありません。

まずは生活の習慣少しだけ変えることを意識してみてくださいね。

アラサー女が30㎏のダイエットに一発で成功した方法。飲むだけ

突然ですが、あなたはダイエットに取り組んでいて、なかなか体重が減らなくて困っていませんか?

 

いただいたお悩みをご紹介します。

 
ダイエットしているのに、太るのが止められません!
カロリーも減らして、お菓子もジュースも、甘いものは一切口にしてないんです(´;ω;`)
どうしたらいいですか? 私は一生痩せられないんですか?
 

はい、お気持ちよくわかります。私も全く同じでした。

毎日、職場と家の往復。朝は7時の電車に乗って、夜帰りは22時すぎ。

疲れ切って、とてもジョギングやジム通い、プール通いなんてできません。

それでも、ダイエットつづけるために、3食こんな食事をしてました

  1. 「朝ごはんは果物とヨーグルト」
  2. 「お昼は社食でカロリー控えめ」
  3. 「夜は納豆と豆腐」
 

こんな食事でがんばってましたが、全く体重は減りませんでした。
毎日、朝晩と体重計に2回は乗って「お、今日はマイナス1kgだ(∩´∀`)∩」と思ったら、翌朝なぜか体重が増えていました(泣)

「なんでこんなダイエットがんばってるのに、痩せるどころか、太るのが止まらないんだろう?」
と毎日泣きそうでした

 

やばいな私と思って、ネットで痩せる方法調べていたら、「痩せぐせマスター」とかいう変な人に出会ったんです。

彼は「ダイエットなんて簡単。これを飲むだけで、あっという間に理想体重になれるよ!」と言い、ダイエット特製ドリンクを教えてくれました。

その特製ドリンクを注文して飲んでから、私の体重は劇的に変わったんです!

80kgオーバーのおデブちゃんだった私が、なんと53kgになりました! マイナス30キロです。信じられません。

 

痩せぐせマスターはめちゃくちゃ怪しくて、最初は「大丈夫かな、だまされてるんじゃないかな」って、すごく心配でした。

でも別におすすめされた特製ドリンクは、怪しいものじゃなくて、ちゃんとした会社が売ってる安心安全のダイエットドリンクでした。
私以外にも、何十万人もの方が、このダイエットドリンクを飲んでます。しかも信じられないくらい安いです。

 

今では私もすっかり体型をキープして、好きな服が着られます。

夏には水着も着られるし、胸は痩せなかったので「ビキニが似合うね」ってみんなに言われます(男子の目線も釘付けにできます♪)

友だちの結婚式には素敵なドレスをレンタルできて、太ってた時しか知らない人は、私が誰だか分からなかったんです。(大学の同級生だった男子に、二次会でナンパされました笑)

 

今考えてみると、あのとき思い切ってダイエットドリンク飲んでみてよかったなーって、心から思います。

その痩せぐせマスターが、私に「秘密だからね」と言いながら教えてくれた。
私が30kgも痩せたダイエットドリンクとはこちらです。