【おかずたっぷりダイエット】マンネリ食卓も一瞬で豪華に!1品増やせる4つのポイント




糖質制限ダイエット中のあなた。

「日々の献立作り」に悩んでいませんか?

  • メニューがワンパターンになる
  • 厳しく糖質制限すると何も買えなくなってくる
  • 料理の想像力も才能も無くてストレスになってきた

こんな悩みをお持ちのあなたのために

日々の献立にちょっとだけ彩りを与える
4つの工夫についてご紹介します。

基本的な考えですが
改めて確認することで

  • 「なるほど」
  • 「そういえばそうだったな」
  • 「その手があったか」

こんなふうに感じていただけることがあるかもしれません。

毎日作る食事ですから、
少しでも新鮮な気持ちでキッチンに立っていただければ幸いです。

スポンサードリンク

糖質制限をおいしく食べつづけるための4つの工夫

4つのポイントについて、ご紹介します。


ポイント1 そのまま食べられる食材を使う

生野菜などのフレッシュな生鮮食品はもちろん、

最初から調理してあったり
加工食品や発酵食品を使い倒しましょう。

チーズやトマト
冷奴や納豆

といった、そのまま食べられる食材は積極的に活用しましょう。

調理の必要がないのでお手軽ですし、
豆腐や納豆などは味付けを変えることも簡単です。

とにかく同じものばっかに食材を使ったことに偏りがちなので、手抜きできるところは手抜きをする。

そしてメインディッシュに時間をかける。
といった事を意識してみてください。

ちなみに豆腐は冷奴にして食べることも出来ますが、

「フードプロセッサー」をお持ちの方は
一度豆腐をミキサーにかけてみてください。

1丁100円程度の絹豆腐が
とんでもなく美味しくなるんです。

(関連記事)たった1つの工程でスーパーの豆腐が劇的においしくなる?


ポイント2 低糖質の代替食材を使う

もしあなたが実践する糖質制限が、
「緩やかな食事糖質制限ダイエット」(1日130g 程度)
であれば、1日1食か2食は、主食を食べても大丈夫ですよね。

しかし、もちろん、食べ過ぎは禁物。
目安としては、1日にご飯を少なめに2杯程度が限度です。

それ以上食べてしまうと、
糖質制限ダイエットではなくなってしまいます。

その代わりに、色々なところで糖質を抑える工夫ができます。

例えば小麦を使った麺の代わりに、白滝を使う。
1杯50グラムくらいの糖質を持つ「めん類」。

この代わりに、白滝を使えば、
糖質の摂取量は「ほとんどゼロ」に抑えることができます。

また揚げ物料理など、いろんなところで小麦粉を使いますよね。
小麦粉はもちろん糖質の塊です。

その小麦粉の代わりに、「大豆粉」を使う。
というのも糖質制限ダイエットのよくあるテクニックです。

大豆粉のほかにも、
「おからパウダー」や「高野豆腐のすりおろし」
なども使えます。

また、糖質制限ダイエット用の、
「糖質を抑えたごはんやパン」なども商品として販売されています。

最近はコンビニなどでも低糖質のロールパンが売っていたりします。

スポンサードリンク

ポイント3 卵を上手に使う

卵は、

  • 安くて美味しい。
  • 栄養満点。
  • いろんな形に調理ができる。

こんなふうに糖質制限ダイエットの強い味方です。

昔は卵といえば「コレステロール値の増大」を招くと言われ
「1日に1個しか食べてはいけない」 ことになっていました。

しかし近年は「1日に2つ3つ食べても大丈夫」だという意見が主流です。
医学・栄養学もよく分からないものです。

この背景には、「総コレステロール値の増大」自体が、必ずしも悪いことではない。
「総コレステロール値の増大」が必ずしも健康に悪影響を及ぼすわけではない。

こんな研究報告がされてきたから、
という事情があります。

もちろん、どこかの元野球選手のように、
1日に「ゆで卵5つも10個」も食べていては、
健康に対する影響があるかもしれません。

しかし2つ3つ程度の適量であれば問題はないでしょう。
むしろ味の濃い「肉や魚」を、1日に1kgも食べてしまう方が心配です。
卵を積極的に利用しましょう。


ポイント4 買い置き食材を活用する

コンビニやスーパーで販売されている

「缶詰やお惣菜」
「食品のパック」
なども、とても便利です。

1食で、2品も3品も調理をするのは大変ですよね。
なので、買い置きできる食材を積極的に利用しましょう。

例えば

  • 大豆の水煮
  • ひじき
  • ツナ
  • 魚の水煮缶詰
  • 冷凍のシーフードミックス

などなど。

缶詰や冷凍食品は、特に長期間の保存が可能です。
糖質に注意して、缶詰やレトルト食品や冷凍食品をうまく活用しましょう。


まとめ 長期的な視点で献立を楽にしていこう

「日々の献立に彩りを与える4つのポイント」
についてご紹介しました。

もう1度ポイントを整理すると、

  1. そのまま食べられる食材を使う
  2. 低糖質の代替食材を使う
  3. 卵を上手に使う
  4. 買い置き食材を活用する

以上の4つです。

ダイエットは「短期間この期間だけ頑張ればいい」
というものではありません。

長期的に、無理なく継続することで、
生活習慣そのものを変えていく。
これがダイエットの理想だと、私は考えています。

その理想を実現するためには、「楽できるところは楽はする」
というのが何よりも大切です。

「ほんのひと手間」だけで多彩な献立が展開できる。

「糖質制限食事の原則」だけは押さえておき、
後は無理なく楽しく続けられるやり方を工夫していきましょう。

【すぐ痩せ】アラサー女が30㎏のダイエットに一発で成功した方法。飲むだけ

突然ですが、あなたはダイエットに取り組んでいて、なかなか体重が減らなくて困っていませんか?

 

いただいたお悩みをご紹介します。

 
ダイエットしているのに、太るのが止められません!
カロリーも減らして、お菓子もジュースも、甘いものは一切口にしてないんです(´;ω;`)
どうしたらいいですか? 私は一生痩せられないんですか?
 

はい、お気持ちよくわかります。私も全く同じでした。

毎日、職場と家の往復。朝は7時の電車に乗って、夜帰りは22時すぎ。

疲れ切って、とてもジョギングやジム通い、プール通いなんてできません。

それでも、ダイエットつづけるために、3食こんな食事をしてました

  1. 「朝ごはんは果物とヨーグルト」
  2. 「お昼は社食でカロリー控えめ」
  3. 「夜は納豆と豆腐」
 

こんな食事でがんばってましたが、全く体重は減りませんでした。
毎日、朝晩と体重計に2回は乗って「お、今日はマイナス1kgだ(∩´∀`)∩」と思ったら、翌朝なぜか体重が増えていました(泣)

「なんでこんなダイエットがんばってるのに、痩せるどころか、太るのが止まらないんだろう?」
と毎日泣きそうでした

 

やばいな私と思って、痩せる方法調べていたら、友だちが「ものすごいきれいな子」を紹介してくれたんです。

その子は「ダイエットなんて簡単。これを飲むだけで、あっという間に理想体重になれるよ!」と言い、ダイエット特製ドリンクを教えてくれました。

その特製ドリンクを注文して飲んでから、私の体重は劇的に変わったんです!

80kgオーバーのおデブちゃんだった私が、なんと53kgになりました! マイナス30キロです。信じられません。

 

そのきれいな子は、あまりにきれいだから逆に怪しくて、最初は「大丈夫かな、だまされてるんじゃないかな」って、すごく心配でした。

でも別におすすめされた特製ドリンクは、怪しいものじゃなくて、ちゃんとした会社が売ってる安心安全のダイエットドリンクでした。
私以外にも、何十万人もの方が、このダイエットドリンクを飲んでます。しかも信じられないくらい安いです。

 

今では私もすっかり体型をキープして、好きな服が着られます。

夏には水着も着られるし、胸は痩せなかったので「ビキニが似合うね」ってみんなに言われます(男子の目線も釘付けにできます♪)

友だちの結婚式には素敵なドレスをレンタルできて、太ってた時しか知らない人は、私が誰だか分からなかったんです。(大学の同級生だった男子に、二次会でナンパされました笑)

 

今考えてみると、あのとき思い切ってダイエットドリンク飲んでみてよかったなーって、心から思います。

そのものすごくきれいな子が、私に「秘密だからね」と言いながら教えてくれた。
私が30kgも痩せたダイエットドリンクの紹介はこちらです。