出産後に体重が減らない原因は?不安を1発解消する3つの方法はコレ!

スリムで美しい女性




あなたは「出産後に体重が増加した」と悩んでいませんか?

  • 出産後、不安を食べることで発散している
  • そのせいで体重が増え続けている

女性は妊娠すると、体脂肪がつきやすくなります。

これは、母体と赤ちゃんを守るためですり
出産と育児という大事な仕事をこなすためのエネルギーなのです。

本来は、出産後に体重が増えるのは自然なこと。
なのでさほど気にする必要ありません。

それでも、やっぱり不安ですよね。

  • この食欲がずっと続いたらどうしよう……
  • どんどんデブになる……

大丈夫。そんな不安を抱えたあなたに、

「出産後の体重増加・食欲増加をストップさせる3つの方法」をご紹介します。

この方法を実践すれば

  • 食欲が増えた理由が分かって安心する
  • ストレス解消の方法が見つかる
  • 大事な赤ちゃんと一緒に、自分の時間を作れる

家族も自分も犠牲にせずに、
元の美しいあなたに自然と戻っていきますよ♪

モナリザ症候群(食べないのに太る体質)に要注意!

あなたの不安は、きっと

「食欲が止まらない、このまま太り続けるのかな?」

ということにあるかもしれません。

  • 主婦になってから体重が増えたってよく聞く……

これには原因があります。

  • 年齢とともに代謝が下がる。
  • それと同時に、どうしても活動の範囲が狭まる。
  • そうして徐々に交感神経の働きが鈍る
  • 体のエネルギーを十分に使うことができなくなる。
  • その結果、余ったエネルギーを体脂肪(中性脂肪)として蓄え始める。

これが原因の1つと考えられています。

この状態が続くと、マズイかも。
そのうちに、

「さほど大食いしていないにも関わらず、どんどん肥満体型になる」

という可能性があります。

これを「モナリザ症候群」ともいいます。

モナリザ症候群といえばキレイな呼び方ですが、中身はひどいです。

「交感神経の活動低下によって少ししか食べなくても太りやすくなる状態」

をいいます。

モナリザ症候群を防ぐには、食生活を見直すとともに、昼間の適度な運動が欠かせません。

「出産後にちょっと太りすぎたかな?」

と思ったら、その原因が

  • ホルモンバランスのせいなのか?
  • それとも運動不足な生活のせいなのか?

よく考えてみてください。
そして自分に最適の方法で体重増加をコントロールしましょう。

方法その1 まず気を楽に保つ。「数ヶ月で必ず収まる」と考える

出産後にはホルモンバランスが急激に変化します。
それがマタニティーブルーや産後うつと言われる症状です。

そのストレスから、食べすぎ・過食に走るのは問題です。
産後うつは、出産後の10人に1人がなるというほどポピュラーな症候群です。
でもホルモンバランスは、そのうちに整ってきます。
ほとんどの場合、数ヶ月後に元の精神状態に戻ります。

「これは一時のものだ」

そうやって気を楽にしていれば、自然と食べすぎも収まるはずです。

  • 一生続くのではないか?
  • このままどんどん太っていたらどうしよう?

こんな風に考えるとどんどん深みにはまっていってしまいます。

無理矢理でもいいです。

「これは絶対に一時のもの。必ずすぐに終わる。」

と自分を納得させましょう。

方法その2 アロマを利用してストレスと食欲を抑える

ホルモンバランスの急激な変化で食べ過ぎに走ってしまう場合。

そしてストレスから過食に走らないよう、さまざまなアクティビティーにトライしてみてください。

たとえば

  • アロマオイル
  • ヨガ
  • 呼吸法

なども効果的です。

おすすめなのはアロマオイルです。
特にグレープフルーツオイルには

  • 体の代謝改善
  • 食欲抑制

に効果的だと言われています。

またキンモクセイの香りは

  • 空腹感の減少
  • 満腹感の増大

につながったというデータがあります。

いくつかトライしてみるのも良いでしょう。

方法その3 赤ちゃんとできる身体を動かす体操に取り組む

特に初めての出産の場合は
「慣れない育児と睡眠不足」でストレスがたまりがちですよね。

少し体を動かす機会を作りましょう。
散歩するのも良いですが、赤ちゃんと一緒にできる運動などがお勧めですよ。

  • ベビー体操
  • マッサージ

こうすれば周りのお母さんたちとも知り合いができます。
お母さん同士で話をするととってもストレスも和らぎます。

「自分は1人じゃない」

と感じることもできますよ。

とっても気分が良くなります。
半年先・1年先。

「子供とこんなことをしてみよう」

と、楽しい未来を想像してみてください。

補足 母乳育児で1日に必要な摂取カロリーは?

「母乳育児だから、たくさん食べないといけないのかな?」

ちなみに母乳育児の場合。

  • 赤ちゃんが母乳を1cc飲むと
  • 母体は1キロカロリー消費する

ことになります。

そのため、その分のエネルギーは補わなければいけません。

基本的に母乳のみで育児をする場合、
お母さんは、通常の食事摂取カロリーに加えて、さらに350キロカロリーをプラスする必要があります。

そのラインを越えていないなら、食べ過ぎの心配は不要。

「お腹が空いて空いて、、、食べすぎているかも」

と心配しなくても大丈夫です。

要するに母乳育児をしている場合、
1日に2,500キロカロリーほど食べても問題ありません。

まとめ 

「出産後に体重が増える」と悩むあなたに
「育児の不安やストレスから自由になって食べ過ぎおさえる3つの方法」についてご紹介しました。

  1. まず気を楽に保つ。「数ヶ月で必ず収まる」と考える
  2. アロマを利用してストレスと食欲を抑える
  3. 赤ちゃんと出来る体を動かす体操に参加する

産後うつによる食べ過ぎは一時的なものです。気を楽にすれば大丈夫。
必ず乗り切れる必ずです。安心してください。

【すぐ痩せ】アラサー女が30㎏のダイエットに一発で成功した方法。飲むだけ

突然ですが、あなたはダイエットに取り組んでいて、なかなか体重が減らなくて困っていませんか?

 

いただいたお悩みをご紹介します。

 
ダイエットしているのに、太るのが止められません!
カロリーも減らして、お菓子もジュースも、甘いものは一切口にしてないんです(´;ω;`)
どうしたらいいですか? 私は一生痩せられないんですか?
 

はい、お気持ちよくわかります。私も全く同じでした。

毎日、職場と家の往復。朝は7時の電車に乗って、夜帰りは22時すぎ。

疲れ切って、とてもジョギングやジム通い、プール通いなんてできません。

それでも、ダイエットつづけるために、3食こんな食事をしてました

  1. 「朝ごはんは果物とヨーグルト」
  2. 「お昼は社食でカロリー控えめ」
  3. 「夜は納豆と豆腐」
 

こんな食事でがんばってましたが、全く体重は減りませんでした。
毎日、朝晩と体重計に2回は乗って「お、今日はマイナス1kgだ(∩´∀`)∩」と思ったら、翌朝なぜか体重が増えていました(泣)

「なんでこんなダイエットがんばってるのに、痩せるどころか、太るのが止まらないんだろう?」
と毎日泣きそうでした

 

やばいな私と思って、痩せる方法調べていたら、友だちが「ものすごいきれいな子」を紹介してくれたんです。

その子は「ダイエットなんて簡単。これを飲むだけで、あっという間に理想体重になれるよ!」と言い、ダイエット特製ドリンクを教えてくれました。

その特製ドリンクを注文して飲んでから、私の体重は劇的に変わったんです!

80kgオーバーのおデブちゃんだった私が、なんと53kgになりました! マイナス30キロです。信じられません。

 

そのきれいな子は、あまりにきれいだから逆に怪しくて、最初は「大丈夫かな、だまされてるんじゃないかな」って、すごく心配でした。

でも別におすすめされた特製ドリンクは、怪しいものじゃなくて、ちゃんとした会社が売ってる安心安全のダイエットドリンクでした。
私以外にも、何十万人もの方が、このダイエットドリンクを飲んでます。しかも信じられないくらい安いです。

 

今では私もすっかり体型をキープして、好きな服が着られます。

夏には水着も着られるし、胸は痩せなかったので「ビキニが似合うね」ってみんなに言われます(男子の目線も釘付けにできます♪)

友だちの結婚式には素敵なドレスをレンタルできて、太ってた時しか知らない人は、私が誰だか分からなかったんです。(大学の同級生だった男子に、二次会でナンパされました笑)

 

今考えてみると、あのとき思い切ってダイエットドリンク飲んでみてよかったなーって、心から思います。

そのものすごくきれいな子が、私に「秘密だからね」と言いながら教えてくれた。
私が30kgも痩せたダイエットドリンクの紹介はこちらです。






今すぐ痩せ特集