ダイエット中職場のお菓子の断り方は?ありがた迷惑をやんわりかわせる3つの方法


スポンサードリンク


あなたは「職場でお土産を断れない」と悩んでいませんか?

連休明けに会社などでもらうお土産。

チョコやクッキーなどのお菓子が多いですね。

でもそこで「ダイエットしていること」を主張してお土産をお断りできますか?

  • せっかくお土産を買ってきてくださった方に失礼……

などと思っちゃいますよね。

しかし頂いたものを、全て食べてしまうと太ってしまいます。

こまりますよね。。。

この記事ではそんな悩みを持つあなたに
「押し付けられる職場お菓子を上手に避ける3つの方法」についてご紹介します。

スポンサードリンク

正直に打ち明けて断る

  • いまダイエット中なので……すみません!
  • 最近はおやつを控えようと思って……すみません!
  • 甘いもの食べちゃうと眠くなっちゃうから……すみません!

正直に打ち明ければ、意外に理解してくれるはずです。

「ああ、そう?」

これでたいてい終わりです。

いろいろと未来の可能性を考えて、不安に気をもむのはあなただけです。
一言で言えば、私たちはみんな自意識過剰なのです。

「周りのみんなは、あなたが思っている以上に、あなたに関心がない」

こんなふうに考えておけば、人間関係も意外に楽にやっていけますよ。


いっそのこと捨てる

お土産やお菓子をもらうときは

「今それを食べたいか、食べたくないか?」で考えましょう。

「食べたくないのに……」と思いながら食べる時って

  • おいしくない
  • 楽しくない
  • ストレスがたまる

とろくなことがありませんよね。

でも、どうしても断る勇気がない、断りきれなくて押し付けられると言う場合は

いったん貰ってしまいましょう。

  • 今食べる必要ないと思ったら、持ち帰って誰かにあげる
  • 社内の共有の冷蔵庫にしまう

などの対策をしましょう。

あるいは、あんまりやりたくないことですが、
いっそのこと、罪悪感をすべてたち切って、捨ててしまうのもアリです。

  • おみやげをもらうのを断ることもできない
  • 人にあげるのも押し付けるようで申し訳ない
  • かといって食べたら太るから食べたくない

そんな場合はもう捨ててしまいましょう。

もったいないですよね。

でも、捨てるのが嫌だったら、やはりお断りするべきなのです。

  • 後でゴミ箱に捨てるか?
  • それとももらう時に断るか?

食べたくないなら、どちらにせよ、この2択をしなければならないのです。

あなたにとって負担のないほうを選択してください。


   

30kg痩せたい

自分から食べものじゃないお土産を用意する

ちなみに自分が旅行に行くときに「ダイエット向きのお土産を買う」のが良いでしょう。

要するに、食品ではない、ご当地特産物などを選びましょう。

たとえば入浴剤などのお風呂用品がお勧めです。

自分から行動すると、
知らず知らずのうちに、別の方のおみやげも、同じようなものに変わってきたりします。

「そういえば〇〇さんは前に入浴剤くれたなー、じゃあ私もお土産は同じのにしておこうかな」

なんて思うものです。

職場のお土産の選び方って、「無難なもの」ですよね。

だから、「相手からもらったもの」はとても参考になるわけです。

先にこちらから、食べ物よりも入浴剤をあげれば、
こちらがもらうときも同じものをプレゼントしてくれたりします。

これが意外と知られていない「お菓子のお土産を上手に避けるテクニック」です。

スポンサードリンク

まとめ

「押し付けられる職場お菓子を上手に避ける3つの方法」についてご紹介しました。

もう一度まとめると次の通りです。

  • 正直に打ち明けて断る
  • いっそのこと捨てる
  • 自分から食べものじゃないお土産を用意する

以上の3つでした。

変えられないと思う環境でも、案外ちょっとしたことで変わるものです。

ぜひ「こちらからお土産を渡す」というアイデアを試してみてくださいね♪

 

季節は夏、ダイエットに挫折しかけてるあなたに朗報!

↓誰でも超簡単に痩せられます↓