綺麗に見える仕草ができない女性急増!3つのクセを直せば印象は10倍違う


スポンサードリンク


あなたが無意識にやってる仕草、大丈夫ですか?

人にはいろいろな身体のクセがありますよね。

見た目や印象の悪いクセは避けたいものです。

見た目の悪いクセの中には、
あなたの体型を悪くしてしまうようなしぐさもあります。

この記事では、
「ついやってしまいがちだけど治した方が良い3つのクセ」についてご紹介します。

3つのクセをあらかじめ紹介すると

  • 腕を組むクセ
  • 座った時に足が開くクセ
  • 左右どちらかの足に重心をかけて立つクセ

この3つです。

以下で詳しくご説明しますが、
1つでも当てはまる方は、それをやらないように意識してみてくださいね。

スポンサードリンク

やめるべきクセその1 腕を組む

まず腕を組むクセ。

腕を組むクセはなかなか抜けないですよね。

腕を組むのは「体幹の筋肉、特に腹筋が弱い」からです。

腹筋に重心がかかることで、背中がまるまり、猫背になります。

そのため、腕をあまり組んでいると、ひどい場合は

  • 肩こり
  • 首のコリ
  • 頭痛

などの症状が起こりやすくなります。

腕組みをすると腹筋を正しく使わなくなります。

あなたがダイエットやエクササイズで腹筋のトレーニングを頑張っていても、
日常生活で腕を組んでいては効果が減ってしまいます。

また「たいして聞きたくもない話をずっと聴いている時」など、
ついつい腕を組んでしまいませんか?

腕組みは「ストレスへの防御反応」としても現れます。

ストレスを避けることはなかなか難しいですよね。

でも、もしあなたが

  • 腕を組みたくなったり
  • いつの間にか腕を組んでいることに気がついたら、

「腕を背中に回して、後ろで腕を組んで」みてください。

そうすると、自分の腹筋で体を支えることができます。

どうせ組むなら、腕は後ろで組むクセをつけましょう!


やめるべきクセその2 座った時に足が開くクセ

次に座った時に足が開くクセ。

電車の中などでも足を開いて座っている方を見かけますよね。

特に、やたらに大きいエナメルのバックを床に置いている高校生など。
邪魔くさい上に、みっともないですよね。
なぜ膝の上に置かないのか。

足を開いてしまうのは、「内ももの筋肉である内転筋が使われていない」という証拠です。

あなたの足はどうでしょうか?
外側の筋肉だけが張っていませんか?

外側の方が張っている方は、筋肉の付き方のバランスが悪いです。

バランスが悪いと、必要以上に足が太く見えてしまいます。

「なら対策はどうすればいいの?」

足を閉じれば自然と下腹にも力が入ります。

「O脚やぽっこりお腹の防止」のためにも
座っているときは足を閉じるように心がけましょう。

O脚だったりすると、ずっと足を閉じているのも結構つらいものです。


   

30kg痩せたい

やめるべきクセその3 左右どちらかの足に重心をかけて立つクセ

最後に左右どちらかの足に重心をかけて立つクセ。

これも非常に多いですよね。

じつは私も小さい頃からやってしまっていまして、
今ではすっかり骨盤が歪みまくっています(´;ω;`)

もちろん利き足によって、多少の重心差はあります。

でも重心の偏りは、骨盤が歪んでしまった原因でもあり、結果でもあります。

「で、対策は?」

立っているときは、なるべく重心を内側にかけるようにしましょう。

また、きちんと両足で立つようにする。

余裕のある方は、お尻とお腹をぎゅっと締めるようにするのがコツです。

スポンサードリンク

まとめ

「あなたをブスに見せてしまう、体の悪い3つのクセ」についてご紹介しました。

もう一度まとめると次の通りです。

  • 腕を組むクセ
  • 足を開いて座るクセ
  • 左右どちらかの足に重心をかけて立つクセ

それぞれの対策は次の通りです。

  • 腕は背筋を伸ばして背中で組む
  • 足を閉じて座ることを意識する
  • 重心を内側にかけ両足できちんと立つ

以上のような内容でした。

運動をする時間がなくても、

  • 腕を後ろに組んでみたり
  • 足を閉じてみたり

と、こんなことを意識するだけでも体は少しずつ変わっていきます。

まずは次に電車に乗るその瞬間から、始めてみましょう。

太るのも、痩せるのも、たるむのもあなた次第。

あなたの身体を変えられるのはあなただけなのです。

通勤時間もあなた次第で、美しいボディメイクの時間に変えることができますよ♪

 

季節は夏、ダイエットに挫折しかけてるあなたに朗報!

↓誰でも超簡単に痩せられます↓