【ダイエットと調味料】ココが甘いと全く痩せない!太らないためのスパイス5つの活用法




ダイエット生活を続けるあなた。

食事は自炊が多いですか?

もしあなたが

  • 自炊を中心にした食生活
  • 食事メニューも栄養バランスを意識している
  • それでも体重がなかなか減らない

こんなお悩みを持っていたら、

その原因、もしかしたら「調味料」にあるかもしれません。

自炊中心でダイエットを行なう方は、

食材選びにはもちろん気を付けますが、

調味料やスパイスについては、意外と見落としがち。

「ダイエットを始める以前」と同じものを

今まで通り使っていたりすることも多いです。

この記事では、

「ダイエットと相性の良い調味料」
反対に「ダイエットに不向きな調味料」

をご紹介します。

スポンサードリンク

キッチンの調味料を見直して!

ダイエットしているあなたが調味料を選ぶときは、

まず気を付けることがあります。

それは、「糖質」。

調味料や香辛料(スパイス)にも、糖質が含まれています。

糖質の高い調味料を使っているとしたら、
せっかくのダイエット食も、効果半減です。

  • 「糖質って言ったって、大さじ1杯なんかほんの少しじゃない」
  • 「砂糖はできるだけ使っていないのにダメなの?」

確かに調味料は、使うとしても少量です。

だから糖質も、ごはんみたいに「55g」もあったりはしません。

しかし、調味料は毎食使いますよね。
その積み重ねが、小さな累積になっていくこともあります。

もしあなたが、今まで調味料をそこまで気にしなかったのなら、

これから挙げる調味料にはちょっと気を付けてくださいね。

要注意! 地味に糖質の高い調味料とは?

日常使用する調味料で、
注意が必要なのは、いくつかあります。

  • みりん
  • ポン酢
  • めんつゆ
  • ソース
  • ケチャップ
  • しろしょうゆ
  • しろみそ
  • 上白糖
    想像・イメージからもわかるように、

「砂糖」が入ってる調味料は、基本的に糖質が高いです。

「はちみつはどうなの?」

ハチミツは砂糖よりも健康食品として知られていますよね。

それでも、糖質は高いことには変わりありません。

ただ、糖質以外の様々な要素から考えると、

砂糖よりもはちみつのほうが絶対にいいです。

はちみつは色々用途の多い、便利な材料ですが、

大さじ1杯強(20g)の糖質がおよそ「16g」。

かなり高いですね。

もしあなたが、

1日2回も3回もはちみつをかけて何かを食べていたとすれば、

それがダイエットがうまくいかない原因かも。


カレーのルゥは超危険!?

もっともあぶない調味料があります。

それは「カレーのルー」。

「粉タイプのカレー粉」に比べて、
ルーには「小麦粉」が非常に多く含まれています。

カレールゥで作ったカレーライスなどは
1杯で「糖質100グラム」を軽く超えます。

2杯食べたら「200g」。ヤバいです。
(ダイエット中は1日130g以内に抑えるのが
糖質制限食では基本です。)

ダイエット中にカレーを食べるときは

必ず「インド風のカレー」にしましょう。

ターメリックの入った粉末カレーを使いましょう。


OKな調味料

要注意な調味料をご紹介しました。

続けて、遠慮なく使ってもOKな調味料をご紹介します。

(もちろん、塩分には気を付けて。)

  • こいくちしょうゆ
  • 黒コショウ
  • わさび・からし
  • ラー油・豆板醤
  • マヨネーズ
  • シナモン
  • パルメザンチーズ
  • レモン・すだち
  • 植物性生クリーム

これらは、糖質が少ない or ほぼゼロです。

シナモンがOKなので、
甘い味付けをしたいときに、利用できます。

  • 「マヨネーズ!?」
  • 「パルメザンチーズ!?」
  • 「生クリーム!!!??」

と思われた方も多いかもしれません。

このあたりが「糖質制限ダイエット」の面白いところです。

脂質によってカロリーは高いのですが、

「糖質は低いから全然大丈夫」

このような考え方をする食事法なのです。

「カロリー制限は代謝を悪くさせ、
かえってダイエットの効率が下がる。
しかも栄養不足になる危険性もある。」

いっぽうで
「糖質は取らなくても不健康にはならない。」

こういう主張・根拠のもとに、

「マヨネーズやチーズはOK」
と考えるのです。

スポンサードリンク

ドレッシングのいろいろ

ドレッシングは

「メーカーや商品」によって、糖質量が異なります。

これは「栄養成分表示」をしっかりチェックしましょう。

糖質とは「炭水化物マイナス食物繊維」です。

表示を見ても「食物繊維」の量がわからない場合は、
「炭水化物=糖質」と考えておいてよいでしょう。

まとめと補足 調味料の代わりに使いたいものとは?

ダイエット中の自炊。

「調味料にも気を使っていますか?」

というテーマで、

「糖質の高い調味料/低い調味料」をご紹介しました。

もう1度繰り返すと、以下の通りです。

糖質高めな調味料(控えましょう)

  • みりん
  • ポン酢
  • めんつゆ
  • ソース
  • ケチャップ
  • しろしょうゆ
  • しろみそ
  • 上白糖
  • カレーのルー



糖質低めな調味料(使いましょう)
– こいくちしょうゆ
– 黒コショウ
– わさび・からし
– ラー油・豆板醤
– マヨネーズ
– シナモン
– パルメザンチーズ
– レモン・すだち
– 植物性生クリーム

以上です。



最後に補足を。

調味料の代わりに「薬味」を活用することも、

ダイエット食のメニューを作るうえでおススメですよ。

  • 生姜
  • しそ
  • 唐辛子

といった薬味は、ほとんど糖質を含みません。

日々の献立に、薬味を上手く活用すれば、

糖質を抑えられます。

さらに、薬味が元々持つ「健康効果」や「美容効果」によって、

ダイエット効果がさらに高まります。

ぜひ薬味を積極的に活用していきましょう。

よく読まれている関連記事

ラクして痩せられるなんて信じられない!

そう思っているあなたへ。

なんと、当ブログの読者さんが30kgのダイエットに成功しました!

まさに劇的。キレイになりすぎです!

その貴重な体験談を、期間限定で公開します!
(画像をクリックで体験談を読めます)
   

Kさんダイエット30キロ痩せ  



☆掲示板設置のご案内☆

情報交換・雑談用の掲示板を設置しました。質問・ぐち・モチベアップ、大歓迎です。
みんなでダイエットがんばっていきましょう♪

糖質制限ダイエット交流掲示板

おすすめ記事はこちらです♪

運動なしで24時間ダイエットしよう!
  1. 着てるだけで体幹引き締め!⇒1か月以内に痩せる人続出! 大ヒットの加圧キャミソールとは?
  2. 痩せると決まって体調が悪くなるあなた!⇒栄養満点のプロテインを飲むべき理由を徹底解説!
  3. 冬こそ朝活しませんか? ⇒クリスマスプレゼントに最適!「光で起きる目覚まし」の効果がスゴすぎた!