【糖質オフ・糖類ゼロ】ややこしい表記にだまされる人はダイエットに失敗します


スポンサードリンク


あなたは「糖質」と「糖類」の違いをご存知ですか?

ちまたで見かける「糖質」「糖類」。

さらに「オフ」「ゼロ」「控えめ」「フリー」「ノン」「ライト」

といった、似たような表記の数々。

  • 「糖質オフ」と「糖類オフ」はどう違うの?
  • 「糖質フリー」と「糖質ライト」の糖質量は何g以下?
  • 「マルチトール」と「エリスリトール」のカロリー差

もしあなたが、こういったことに、すらすら答えられるなら、

以下の本文は、読まなくてもきっと大丈夫です。

しかし、もしもあなたが

「そんな表記なんか気にしたことない」
「似たようなものでしょ」

と考えているなら、ちょっと注意。

こういった健康効果をうたう商品は、

  • 実際にはほとんど効果がなかったり、
  • 場合によっては人体に有害だったり!

そういう危険性があります。

この記事では、

  • 糖質の種類について、
  • 糖質と糖類の違い
  • 「オフ」「ゼロ」といったややこしい表記の意味

などについてご紹介していきます。

ダイエット中の方はもちろん、

ダイエットをしていなくても、
こうした表記が気になる方は、

気軽にお読みいただければ幸いです。

スポンサードリンク

糖質とは何か?

糖質とは、炭水化物から食物繊維をのぞいたものです。

甘い砂糖はもちろん、主食に使う穀類に多く含まれています。

さらに、糖質とは「血糖値を直接上げる唯一の栄養素」です。

たんぱく質や脂質は、直接は血糖値を上げません。

血糖値の上昇は、肥満などの生活習慣病を招く原因です。

ちまたで話題の「糖質制限ダイエット」は、
この「血糖値をコントロールする」ことを目的とするダイエットなのです。

糖質の種類と「糖類」の定義について

さて、「糖質とは何か」を説明しました。
今度は「種類」です。

糖質にも様々な種類があります。

ひとくちに糖質といっても、
様々な「名称」や「分類」があります。

まずはその種類を把握しましょう。

糖質を細かく分類すると次のように分かれます。

  • 単糖類
  • 二糖類
  • 多糖類
  • 糖アルコール
  • 合成甘味料

おおよそこの5種類に分類できます。
(特に細かく暗記する必要はないと思います。)

ここで注意。

「糖類」という言葉は、
上記の5種類のうちの一部なのです。

缶ビールなどによく「糖類ゼロ」などと書いてありますね。

「糖類オフ」などと言われるときの糖類。

これは「単糖類」と「二糖類」。
この2種類の糖質のみを指すのです。
5つのうちの、「上2つ」です。

なので、下3つ、すなわち

  • 多糖類
  • 糖アルコール
  • 合成甘味料

については、「糖類ゼロ」にもガンガン入っています。

これは一応知っておいても良いと思います。

「糖質0」なら、5種類すべて、ほとんど入っていません。

しかし「糖類0」でも糖質はふつうに入っているのです。

5種類の糖質の具体例

5種類の糖質。
それぞれの例を見ていきましょう。

まず単糖類は

「ブドウ糖」や「果糖」

などを指します。

「二糖類」は

「ショ糖」「乳糖」「麦芽糖」

などを指します。

「多糖類」は

「でん粉」
「オリゴ糖」
「デキストリン」

などを指します。

「糖アルコール」は

  • キシリトール
  • マルチトール
  • エリスリトール
  • ソルビトール
  • ラクチトール

などを指します。

ちなみに「糖アルコール」は
「自然の食品」にも含まれていますが、
お菓子など「人工的な食品」にも含まれいます。

「キシリトールガム」などはその一つです。

また「太りにくいチョコレート」などと言って
砂糖の代わりに「マルチトール」が入っているチョコレートなどもあります。

糖アルコールは、麦芽などを原料にして、
そこに「人工的な操作を加えて抽出した糖質」です。

基本的には安全性が確立されています。
しかし、その麦芽が「どのように育てられたか?」

ということまでは、知ることができません。

もしかしたら「遺伝子組み換え&農薬」
これをバンバン利用麦芽を、原料にしているかもしれません。

そういった意味で糖アルコールの危険性を指摘する意見もあります。

しかし、この問題は「正直何とも言えない」というのが実情です。

気にする人は気にします。

しかし結局、原料の情報を知ることができないので、
「消費者」にとっては「いかんともしがたい問題」です。

対策としては、
「極端な摂取を避ける」

こんな程度しかやりようがありません。

とはいえ、特別な思想信条がない限りは(オーガニック的な)、

糖アルコールを普通に摂取しても問題はないと思います。

最後に合成甘味料。

合成甘味料は市販の「あらゆる食品」に含まれています。

そしてアメリカと日本の政府が
公的に認定している合成甘味料は6つだけです。
その6つは

  • アセスルファムカリウム
  • アスパルテーム
  • ネオテーム
  • スクラロース
  • サッカリン
  • アドヴァンテム

の6つです。(覚えなくていいです。)

これらの合成甘味料は、
「過剰摂取で健康を損なう」ことがわかっています。

スポンサードリンク

血糖値を上げない糖質もある

さて糖質ですが、現代人は、糖質を過剰摂取しています。

日本人の平均糖質摂取量は、1日およそ250g程度。

糖質を食べると、人間の血糖値は急上昇します。

これが身体にとって、負担になるのです。

血糖値をコントロールすることが、
生活習慣病を予防・改善するうえで大切な理由です。

しかし、糖質の中でも
血糖値を全くあげない糖質も存在します。

それは「合成甘味料」。

さらに「糖アルコール」のうち、
「エリスリトール」だけは血糖値を上げません。(カロリーもゼロ。)

合成甘味料も、一応安全性は認定されていますが、
1日の許容摂取量も決められています。

「カロリーゼロで血糖値を上げない」からといって、
調子になってバンバン食べないようにしましょう。

合成甘味料はオーガニックフードの愛好家にとっては
避けたい食品でしょう。

しかし残念ながら、市販のあらゆる食品に合成甘味料が含まれています。

「糖質制限ダイエット」はオーガニックフードの信奉者とは少々相性の悪いダイエット方法です。

   

30kg痩せたい

糖質オフと糖質ゼロの違い

低糖質を歌った様々な商品は、微妙にそれぞれ表現が異なります。

  • オフ
  • 0
  • フリー
  • レス
  • 控えめ

などと言ったように、色々な表現があります。

ややこしいようですが、
これらの意味の違いを把握することは簡単です。

まず「糖質ゼロ」と「糖質オフ」の違い
というふうに覚えましょう。

「糖質ゼロ」は
食品100g(飲料100ml)あたり糖質含有量が
「0.5グラム未満」の商品を指します。
※ゼロではないことに注意してください。

無・ノン・レス・フリー
といった表現が「糖質ゼロ」と同じ意味です。



一方「糖質オフ」。

これは、

食品100gあたりの糖質量が「5g」以下。
飲料100mlあたりは「2.5g以下」。

の商品を意味します。

糖質オフの同義語としては
「控えめ」「ライト」です。

わりと簡単だと思います。

ちなみに普通のビールの糖質量はどうでしょう?
100mlあたりおよそ「3g」です。

「オフ」系のものと、意外に変わらないのです!

細かくは覚えなくても、

「オフ・控えめ・ライト」は糖質が少々ある。

糖質オフ2杯=普通のビール1杯にもなりうる。

このように考えましょう。

スポンサードリンク

まとめ 正しい知識で効果の高いダイエットをしよう!

  • 糖質の種類
  • 糖質と糖類の違い
  • 糖アルコールや合成甘味料の問題
  • ゼロとオフの違い

などについて、ご紹介しました。

ややこしい言葉や慣れないカタカナばかりの
記事になってしまいましたが、

改めて私がこの記事で伝えたいことを。

それは、「今より言葉に敏感になってほしい」ということです。

「糖類ゼロ」といっても、
そのゼロのうちには
「合成甘味料」や「糖アルコール」は含まれていないこと。

「糖質オフ」といっても、
100mlあたり2.5g以下。
「普通のビールより少しマシ」程度でしかない。

こんな実態になっています。

このような商品に興味のある方は、

「糖質を控えよう」と考えての上だと思います。

せっかく、ダイエットや健康を意識して

こういう商品を手に取るのですから、

「少しでも効果の高いもの」を選びたいですよね。

「糖類控えめ」の商品を食べてるけど、一向にやせない。

「そんなの食べたってやせないよ! 運動しなよ!」

などと言われて、面倒になってダイエットをやめてしまう。

一番悲しいことです。

ダイエットをきっかけに、食事のことに目を向けたのですから、

正しい知識を身につけて、

ちゃんと効果のある商品や食事を心がけてほしいなあと思います。

そうすれば、きっと効果は現れますよ。

   

ダイエットに挫折しかけてるあなたに朗報!

↓誰でも超簡単に痩せられます↓