【はじめての要介護認定】損しないサービス利用の方法と親切なケアマネの選び方をご紹介

介護




 

親が要介護認定を受けたけど、じゃあ実際に介護サービスを利用するにはどうしたらいいの?

どれくらいお金がかかるの?

 

介護保険証が自宅に届いたのはいいけど、何も分からないまま、近くのデイサービスや老人ホームに足を運んでみる人も多いと思います。

でも、たいていは、門前払いになります!

介護施設(特に在宅サービス)は、利用者からの申込だけでは、受け入れることができないのです。

 

介護保険を手に入れても、その後どうしていいかよくわからない、まだ一人で色々できる(要介護1程度なら)。

こういった理由で、持っているだけで何も介護サービスを利用しない人も大勢います。

 

もったいないです!

介護保険を利用すれば、色々な生活用品や、生活援助サービスが、格安で利用できます。

 

たとえば家の掃除。ダスキンなんかに頼むと5千円1万円ですよね。

介護保険ではいくらでしょうか? もちろん多少は違いますが、数百円程度です。

 

1日デイサービスに預かってもらう。昼食・おふろつきでいくらか。

ホテルのデイユースだったら、これも1万円ですかね。

8時間のデイサービス滞在。どんなに高くても1000円です。

 

介護用のベッドや車いすや歩行器。レンタルできます。

いくらか。月に数百円です。

 

こんなふうに、便利なグッズやサービスが、ありえないほど安い値段で使えます。

(自分の親は)まだまだ元気だから……と面倒くさがっているのはもったいないです。

 

介護保険を利用できる体制を整えるため、行動すべきことを順を追って説明しますね

スポンサードリンク

介護サービス利用にはケアマネージャーとの契約が必要

介護サービスの利用にあたっては、まずケアマネージャーという人との契約が必要です。

ケアマネージャーとは、介護サービスの利用メニューを作成・管理する人です。

この人が、色んな施設や、福祉用具店とかけあって、あなたに必要なサービスや用具を全部用意してくれます。

 

ざっくり言うと、介護サービスを利用する人には、それぞれケアプランというものを作成しなければいけません。

ケアプランをケアマネージャーが作って、それに本人や家族が同意して、介護サービスの利用ができます。

 

逆に言えば、ケアマネージャーがいなければ、何も利用することができません。

 

契約料や登録料は無料! ケアマネージャーにお金を払う必要は一切なし!

ケアマネージャーとの契約っていくらかかるの?

こんな疑問を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ご安心ください。0円です。一切お金はかかりません。

99%ありえませんが、万一契約料を請求されたら、そこは詐欺です。すぐに役所へ報告してください。

 

ケアマネージャーの収入源は、100%介護保険、つまり国からお金をもらっています。

介護施設の利用は利用料がかかります。利用者負担が1割ほどあります。

ケアマネージャーの利用に利用者負担は0、完全無料です。

だからケアマネはたいしてもうかりませんし、だからこそ顧客が1人でも多くほしいのです(それも40名という上限があります)。

 

まずは市役所か福祉センターへ行く!

 

ケアマネージャーはどこにいるのか? どこで契約できるのか?

ケアマネージャーは、それぞれの勤務する事務所にいます。

しかもたくさんあります。同じ市区に50個~100個くらいはあります。

そのうちのどこかに、いきなり訪ねて行っても、不在のことが多いです。

事前に連絡して、面接予定を立てなければいけません。

 

どこにあるかわからないと思いますので、市役所で紹介してもらいましょう。

たいていエリアによって担当している事務所がいくつかあります。たとえば港区の芝だったら、そこの近くのケアマネ事務所を紹介してもらえます。

 

また、ケアマネージャーも、本人や家族をある程度見て、自分が担当できそうだと思ったうえで契約を結びます。

要介護者やあなたのご自宅へケアマネージャーは来ます。必ず来ますので、ちゃんと掃除をしておきましょう。

 

市役所が遠ければ、福祉センターのようなところでもいいです。まずはお住いの役所に電話してみましょう。

「介護認定を受けたので、ケアマネージャーの紹介をしてほしい」と言えば、担当部署にまわしてくれます。

 

ケアマネージャーは知人の紹介でもOK

 

たとえばお隣さんが、どこかのデイサービスに通っている、という人もいると思います。

そういう場合は、お隣さんに評判を聞いて、よさそうであれば、ケアマネージャーを紹介してもらってもいいです。

「おたくのケアマネさん、紹介してください」と普通に言ってもOKです。嫌がられるようなことはないかと思います。

お隣さんにとっては、そのケアマネ事務所の連絡先を渡すだけなので、大した負担もありません。

ケアマネも、紹介によって顧客が増えるのは喜ばしいことです。

 

もし聞きにくいようであれば、前項の役所や福祉センターへ連絡がよいでしょう。

 

まとめ

まとめます。

  1. 介護保険の利用には、ケアマネージャーとの契約が必要
  2. ケアマネージャーとの契約に、費用は一切かからない
  3. ケアマネージャーを探すには、役所へ問い合わせる

 

以上です。どんなサービスを利用できるかは、ぜひ紹介されたケアマネージャーと相談してください。

スポンサードリンク