高梨沙羅の食事法は?常識外れの食生活指導が銅メダルの秘策だった!


スポンサードリンク


高梨沙羅選手、平昌オリンピック銅メダル、素晴らしかったですね。

ソチオリンピックでは無念の4位。

前シーズンは、体重が足りず予選失格の大会もありました。
スキージャンプは、体重が軽ければ軽いほど有利な競技です。
なので厳しい体重制限が設けられているんですね。

高梨沙羅選手、21歳のころ

  • 152cm
  • 43kg

別に普通じゃない? とも思いますが、スキージャンプの世界ではぎりぎりのラインです。

そんな高梨沙羅選手、活躍の理由は何でしょうか?

当ブログは、食事制限で痩せるダイエットブログなので、食事面から高梨沙羅選手の強さの秘密を追いかけました!

ぜひご覧ください。

こちらで高梨沙羅選手のジャンプが見れます!
0:18からジャンプです!

 

高梨沙羅の食生活は? 管理栄養士細野恵美の食事管理法

高梨沙羅選手を栄養で支えているのが、森永の管理栄養士、細野恵美さんです。

そんな細野さんが決めた、高梨沙羅さんの食生活を、3つのポイントにまとめました。
ふつうのアスリート食事に比べると、かなり常識外の食事をしていることが判明しました!

見ていきましょう。

1.白米が好き!炭水化物を重視して体脂肪率を増やす

高梨沙羅選手は、白米がお好きとのこと。
平昌オリンピックでは、選手村のご飯がとてもおいしく感じたそうです。

テレビでのインタビューに高梨選手こう答えています。

「お米がまず、おいしくて」
「白米をよく食べてました」

白米は、炭水化物(糖質)ですね。

糖質は、試合中の栄養補給としても、活用しています。

おにぎり・カステラなど
おにぎりの具は昆布など。脂質を抑えているそうです。
カステラは卵で、糖質だけに偏りすぎない工夫がありますね。

  • 糖質を摂ると、太ります。
  • 摂りすぎると、肌も荒れます。病気にもなります。
  • 血糖値が上下して、スタミナも落ちます。

多少摂るのはよいですが、糖質制限に比べると明らかに劣ります。
ここが、常識外と私が考える点です。

なぜ、それなのに細野さんは糖質を食べるようすすめるのでしょうか?

その理由は、女性ならではの気遣いにありました。
細野恵美さんは、体脂肪率が一定以下にならないよう、細心の注意を払っています。

細野さんが女性アスリートの栄養管理をする際には、体脂肪率15%を目安にしている。15%を下回ると、月経が乱れやすいからだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/12109592/

なるほどですね。
糖質を食べると太るメカニズムの1つを簡単に説明しますと、

  1. 糖質摂取
  2. 胃腸でブドウ糖に分解
  3. 腸がブドウ糖を吸収
  4. ブドウ糖が血管へ輸送され血糖値上昇
  5. 血糖値を下げるためインスリンホルモン分泌
  6. 血管内で余ったブドウ糖を取り込み脂肪細胞へと送る
  7. 脂肪細胞の増加・増大

こんな流れです。

こうして、体脂肪率が低くなりすぎないように注意しているんですね。
炭水化物は、食べても特にいいことがありませんが、脂肪を増やすという場面においては非常に効果的な栄養素ですね。

つまり高梨沙羅選手に脂肪をつけさせる食事法を、細野恵美さんは提案したわけです。

2.和菓子が好き! スナック菓子は絶対食べない

2番目は、間食のポイント。
和菓子が好きな高梨さん。

小さなたい焼きやカステラを、試合前や試合中などによく食べるそうです。

反対に、スナック菓子・炭酸飲料
これらは、一切口にしないそうです。

この理由は、スナック菓子や炭酸ジュースには、悪い油や悪い糖分が入ってるからですね。

スナック菓子に含まれる「植物油脂」「トランス脂肪酸」
炭酸ジュースに含まれる「果糖ブドウ糖液糖」「人工甘味料」

これらは、口にしないほうが絶対によい食べ物です。
ひどく質の悪い油や糖で、食べるほどに身体の中で活性酸素を生じさせます。

すると、肌荒れして、化粧ノリも悪くなります。
高野設楽選手はメイクも凄く上手いですよね。
悪い油や悪い砂糖を取らないおかげで肌の調子が良いのも、綺麗になった理由の1つですね。

3.細野恵美の特製レシピは鉄分豊富!

実際に細野恵美さんが高梨選手に作った食事メニューが、ニュースで紹介されています。

試合前、細野さん手作りのおにぎりとカステラを頬張る高梨がいた。おにぎりの具は、本人がリクエストした昆布。カステラは、糖分と卵(たんぱく質)を補給するのに良く、脂質も入っていない。

海外遠征中はホテル暮らしで、栄養管理が難しい。「沙羅と細かく打ち合わせして、いつ、何を食べるかを決めています」と細野さん。試合後は約300キロ離れたイタリアへ。移動中の食事用に、ご飯と、ほうれん草のみそ汁、湯豆腐、ヒジキと大豆の煮物のお弁当を作った。

「イタリアは標高が高いので、酸素を十分に取り込むため、鉄分を含む豆とヒジキ、ほうれん草をかわいそうなくらい入れました」。見た目は地味だが、栄養と愛情たっぷりの弁当だ。
http://www.yomiuri.co.jp/olympic/2014/feature/20140219-OYT8T00859.htm

移動中のお弁当で湯豆腐ってどうやって食べたのか気になります・・・。

酸素を十分に取り込むために、鉄分。
これ、豆知識ですね。

体内で酸素を運ぶ役割をしている物質は、ヘモグロビンです。
ヘモグロビンは鉄をまとったタンパク質。
鉄分が足りないと、ヘモグロビンや貯蔵鉄のフェリチンが減少します。

すると、酸素が行き届かなくなるんですね。

頭痛がしたり
めまいや立ちくらみがしたり
気分が落ち込んだり
頭がぼーっとしたり
ひどいと貧血になります。

また、ビタミンEが足りなくても、身体や脳が酸素不足になって頭痛や立ちくらみがします。

特に女性は月経があるので、毎月30mgの鉄を失っています。
鉄は必ず毎日摂らないといけません。

鉄分やビタミンEは、貧血・立ちくらみ対策にとっても大事なので、あなたもぜひ食べてくださいね。

でも、食べ物で摂れる量は限界があるので(レバー毎日100gは食べてほしい)、鉄分補給はサプリが最もおすすめです。

   

30kg痩せたい

ソチで負けた高梨沙羅選手を癒した食べ物とは?

ソチオリンピックでは4位の高梨選手。
そのときの、食事にまつわる感動エピソードがありました。

以下は、細野恵美さんのお話です。

五輪直前は心も体も疲れた中で、味わうというよりも義務感で食べていた感じでした。そして試合の翌日、みんなで昼食をとりにイタリアンの店に行ったのですが、そこでもあまり食が進まなかったみたいで、結構残していました。なのに、数時間もしていないうちに、彼女が突然『ボルシチが食べたい』と言ったんです」

ボルシチとはテーブルビートという野菜を材料に使ったロシア名物の煮込みスープである。

「選手村では食べられなかったということで、レストランに行き、ボルシチを注文しました。彼女はスープを一口飲むと、『すっごく美味しい』と、こぼれ出るように言ったんです。ソチに行って初めて聞いた、心から『美味しい』という一言。その言葉を聞いて、本当につらかったんだろうなって、切ない気持ちになりました。http://news.livedoor.com/article/detail/8577193/

ボルシチは私もモスクワ旅行をしたとき、食べました。
本当においしいんですよ。
野菜やお肉がしっかりとれます。
赤い汁の原料のビーツもとってもおいしいです。
ロシア料理は、日本人の口にとっても合うんですよ。

ちなみに羽生結弦選手の食事法も、スープ(汁物)を毎食摂りいれた栄養食です。

まとめ 痩せたい女性は糖質制限がベスト!

ポイント1.白米が好き!炭水化物を重視して体脂肪率を増やす
2.和菓子が好き! スナック菓子は絶対食べない
3.細野恵美の特製レシピは鉄分豊富!

細野さんは、糖質を重視する食事法をアスリートにすすめています。
そのため、かなり糖質が多い食事です。

ちなみに、このブログではダイエットの食事法に、糖質制限をおすすめしています。
なので、細野恵美さんの食事法はおすすめできません。

  • ダイエットをしたい
  • きれいになりたい
  • 健康になりたい

と考えているあなたは、糖質を摂らないほうがいいですよ。

糖質制限すれば、おもしろいほど痩せます。
1週間ごとにベルトの穴が1つずつ奥へ行きます。
栄養状態がよくなるので、肌の調子もよくなるし、ニキビも消えます。

糖質制限がうまくいかない人は、肉(タンパク質)が足りていません。
カロリー制限と併用すると、たいてい調子悪くなります。

「野菜と果物と卵とヨーグルトだけ」みたいな食事は、間違った糖質制限です。
2000kcal以上摂取するのを目標にした糖質制限なら、いいことずくめです。

これをきっかけに、糖質制限の食事法を試してみて頂ければ嬉しいです♪

ほかにも、オリンピックアスリートの食事法の特集をしています。

 

季節は夏、ダイエットに挫折しかけてるあなたに朗報!

↓誰でも超簡単に痩せられます↓