【熱・のど・鼻のおすすめ】最強の市販風邪薬はどれだ?症状別の選び方

薬局かぜ薬




あなたは「風邪薬をどれにしようか」悩んでいませんか?

 

  • たくさんある風邪薬、どれがオススメ?
  • 薬局の市販薬は飲んで大丈夫? 強すぎないか心配。
  • でも仕事終わり、病院にいけないから、とりあえず買うしかない・・・

 

ドラッグストアには、たくさん市販薬が売られています。

どれを選べばいいか迷いますよね。

どれも「熱・のど・鼻に効く」と書いてあって、違いが全然わからない。

違いがよくわからないのに、値段は全然違う……なぜ……。

 

病院に行けず仕事も休めないというとき、ありますよね。

 

そんなときは、我慢しないで市販の風邪薬を飲み、身体を楽にしてよいと思います。

 

この記事では市販の風邪薬の選ぶ基準。

効く薬、効かない薬。おすすめの薬を紹介します。

 

ねつ・のど・はな の3症状にしぼっています。

 

頭痛や生理痛のお薬については、こちらの記事をご覧ください。

(関連記事)痛み止めの市販薬、おすすめを紹介

 

今まさに、「帰りの電車内、薬局へ行こうとしているあなた」のお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク

市販薬を選ぶ基準は、自分の症状の確認から

たくさんある市販薬。

選ぶ基準はちゃんとあります。

 

まず、自分の症状を確認しましょう。

風邪薬の効き目は、主に「熱、喉、鼻水」の3つです。

この中で最も体にとってキツイのは、熱ですよね。

 

なので市販薬を選ぶ際にも「高熱に効くかどうか」を基準にしましょう。

 

つぎに喉。

喉の痛みは放って置いても治りません。

ひどいと唾を飲み込むのも痛いという状況。

かなりきついです。

なので喉にもよく効く薬を選びましょう。

 

それに対して鼻水については?

それほど重要視しなくてもいいと思います。

 

鼻水も滝のようにダラダラ流れてくるのは辛いものです。

しかし、そばにティッシュをたくさん置いておけば何とかなりますよね。

少なくとも、高熱や喉の痛みに比べれば耐えられるかと思います。

つまり選ぶ基準は

  1. 高熱
  2. 喉の痛み
  3. 鼻水

の順番を基準にしましょう。

 

熱に効く薬はルルアタックEX

熱が最優先です。

解熱剤としては、ルルアタックEXが非常に効果が高いです。

 

正式名称は「ルルアタックEX錠剤24条」

値段は4日分で1,780円。

  • 解熱作用のあるイブプロフェン。
  • 喉の炎症にキクトラネキサム酸。
  • 高熱と喉の痛みに効く。

値段はかなり高いですが、その分効き目はバッチリ。

38度以上の高熱が出ている場合、

このルルアタックEXが最も熱にも喉の痛みにも効くかと思います。

本当は病院に行くのが一番いいですよね。

しかし、どうしても行けない時。

何もしないよりは、ルルアタックEXを飲むのがおすすめです。

 

喉に効くのはパブロンS

正式名称は「パブロンSゴールドW」。大正製薬。

値段は12包で1,180円。

 

こちらは錠剤ではなく粉薬。

「たん切り」に効果のあるカルボシステインとアンブロキソール。

 

パブロンSゴールドWは、解熱剤としての効果は薄いです。

なので、

「熱は大して無いけれども、しつこく痰が絡む」

こういう風邪症状には、パブロンSゴールドWがおすすめです。

 

熱が低いのに解熱作用のある薬を飲むとあまりよくないです。

解熱剤には胃を荒らすなどの副作用が強いからです。

 

ということで、風邪のひきはじめにオススメな薬です。

 

鼻づまりがひどい時の薬

軽い風邪には効きますが、高熱や激しい喉の痛みには効果が弱い薬もあります。

まず全薬工業の「新ジキニン顆粒」

価格は1,486円。粉薬です。

 

「ジキニンで直に治して」ですね。

ジキニンは鼻水や鼻づまりには効果があります。
しかし、熱や喉の痛みにはあまり効果がありません。

 

「熱もないし喉も痛くないけど、鼻づまりがひどいとき。」

こんな風邪症状にお勧めです。

 

 

もう1つ「新コンタックかぜ総合」

価格は1,886円。

 

コンタックのカプセルのキャラクターで有名な薬。あのおっさんキャラです。

2017年現在では広瀬すずさんがCM出演していますね。

 

こちらはカゼ総合薬をうたっていますが、高熱には効きづらい。

咳止めや鼻づまりの解消には良いです。

しかし価格も高めです。

 

軽い風邪の症状であればもう少し安い薬、パブロンやジキニンでも対応できると思います。

また、眠気を催す成分も結構あり、朝に飲むと日中眠くなります。

 

(関連記事)花粉症の鼻水対策、市販薬のおすすめ

 

まとめ

市販の風邪薬の選ぶ基準。
症状別のおすすめ商品をいくつかご紹介しました。

  • 風邪の初期症状に効く薬。
  • 高熱の際に飲むべき薬。
  • 熱はないけど喉が痛い時に飲む薬。

風邪薬は症状によって、選ぶ基準も色々変わってきます。

 

熱・のど・鼻の、かぜ症状。

 

「どれを一番止めたいのか?」「一番ツライのはどれか?」

 

お悩みに合わせて、適切に風邪薬を使い分けていきましょう。

スポンサードリンク