【ダイエットをして肌がボロボロ…老けた】スリム体型とアンチエイジングを同時に達成する超簡単な食事法

頬に手を当てる女性


スポンサードリンク


ダイエットで肌がボロボロになって化粧でごまかせない

もう化粧じゃ誤魔化しきれなくなるほど肌がボロボロになってしまった。

ほんとにやばいですよね。
特に鼻周りがひどくなったりしませんか?

痩せたら老けてしまった、だけは回避したい。
どうせならダイエット前よりもキレイになりたい

そんなあなたは肌にまで栄養がいってない可能性が高いです。

ダイエットは綺麗になるために始めたわけです。
それなのに肌がボロボロになってふけてしまったら本末転倒ですよね。

ダイエット中の肌トラブルの原因を突き止めて、誰でも超簡単に美肌を手に入れる方法をご紹介します。

ダイエットによる栄養不足をスッキリ解消。
スリムな体も美しいお肌も両方手に入れてしまいましょう♪

ダイエット中の肌荒れの原因

ニキビ
肌荒れ
乾燥肌
ふけ
手荒れ
カサカサ

ダイエット中ってどうしても肌のトラブルが起こりやすいですよね。

この原因はたった1つ。
あなたのお肌にまで栄養が行き届いていないからです。

ダイエット中だとどうしても食事制限をします。
カロリー不足などで、きちんと栄養が取れていない場合。
肌トラブルの9割くらいは栄養不足が原因なのです。

なぜならお肌というのは人間の外側。
外から見て正面に現れてる見た目の部分ですよね。
見た目の部分って人間が生命を維持するためにはそこまで重要ではないんです。

一番重要なのは内蔵です。
心臓や脳胃腸の働きが止まってしまったら人間はすぐに生きていけなくなります。
だから食事からたった栄養素はまず一番に内臓器官を行き届かせるのです。

そのつぎに筋肉や骨といった体を動かす部分です。

最後に髪の毛やお肌・爪といった体の外側の部分の美しさを形成します。

なので、ダイエットによってたんぱく質や脂質、ビタミン・ミネラルが不足すると、どんどんと肌トラブルが起こってきます。

「痩せてキレイになりたい」

あなたの思いとは裏腹に、どんどん見た目が老けてしまう。やつれてしまう。

あなたの理想とは正反対のことが起こってしまうのです。

美肌のために必要な栄養素、ちゃんと知ってますか?

お肌のために必要な栄養素はなんといってもタンパク質です。
タンパク質が

体の筋肉
肌や爪
髪の毛

の原材料なのです。
ダイエットしてるとついつい低カロリーにしたくなる。
そのためにお肉やお魚などといったタンパク質源の摂取を控えてしまう方が多い。

でもこれは大きな間違いなのです。
むしろ控えるべきは糖質。
糖質はエネルギー源にはなりますが、お肌の原材料にはなりません。

なのでダイエット中に肌トラブルが起きた方は、まずは栄養素の摂取バランスを見直してみましょう。

きっと炭水化物が50パーセント以上。
カロリー源の半分以上になっているはずです。

カロリー源は3大栄養素の比率をこうしてみましょう。

炭水化物3
たんぱく質3
脂質4

この比率を3対3対4位にしてみてください。
とはいえカロリーの比率なんか正確に計算する必要はありません。

簡単な方法は、

主食の量を半分にする。
砂糖使った甘いお菓子を食べない。
量を減らした分お肉やお魚などおかずの量を増やす。

これだけであなたの栄養バランスは劇的に変わります。
ただしデメリットとしては少しお金がかかること。

やはりお米やパンといった主食は安く済みます。
なのでついつい頼ってしまいがちですね。

反対にお米やパンの代わりにお肉やお魚を買おうとしたら
きっと食費は5倍10倍になってしまいますよね。

パンならいっこ100円ですね
ところがお肉やお魚。
ポークソテー1枚分であれば200円くらいはしてしまいます。

タンパク質中心の食事というのは少しお金がかかるのがデメリットですね。

コラーゲンは肌に良いとされる理由を知っていますか?

さらに肌トラブルを解消して美肌により近づくためには、
コラーゲンやプラセンタといったぷるぷる肌の原料である食べ物をおすすめされます。

コラーゲンを食べると美肌になるとよくいますよね。

コラーゲンは体内では全てのタンパク質の3割を占めるほど多く存在しています。
コラーゲンって本当に効果あるんでしょうか? フカヒレなんか高くて食べられませんよね。

コラーゲンにせよなんにせよ、いったんはすべて同じようにアミノ酸やペプチドに分解されます。
なのでコラーゲンのまま吸収されるということはありません。

ただコラーゲンを食べると、コラーゲンペプチドという分子が吸収されるという実験報告もあります。
このコラーゲンペプチドがお肌づくりに使われれば、まさにコラーゲンがそのままお肌に伝わって、つやつや美肌になります。
↑コラーゲンペプチドを肌に使うよう、私たちが命令・コントロールすることはできません。

タンパク質を補給することが一番。
その上でさらにコラーゲン等の食べ物豊富に含んだ食べ物とる。

するとあなたの美肌はもう目前です。

   

30kg痩せたい

満員電車に乗るなら、ビタミンCの補給が必須

お肌のトラブルの原因はタンパク質の不足にあると伝えました。
でもいろいろ肌荒れの原因ってありますよね。

一番代表的なのはストレスです。
私たちは日常様々なところでストレスがかかっています。

なかでも衝撃的なのは通勤電車。
実はストレスがかかると、私たちはビタミンCを消費してそのストレスと戦おうとします。

ビタミンCはコラーゲンの合成に深く関わっています。
ビタミンCが不足したら、
いくらタンパク質としてコラーゲンをとろうが
フカヒレを何十匹分で食べようが、
美肌を手に入れることはできないのです。

さらにビタミンCは抗酸化作用と言って老化の原因である様々な活性酸素(※)などを消去する働きを持ちます。

※活性酸素の例:スーパーオキシド、ヒドロキシラジカル、過酸化水素、一重項酸素

ビタミンCは見た目の健康にとっても、体の中にの健康にとっても、絶対に必要で大切なものなのです。

このビタミンCが通勤時間の満員電車が長いだけで、ものすごい量が消費されてしまうのです。

例えばタバコを吸うとビタミンCが失われます。
通勤時間が1時間満員電車に乗っている方は、タバコ何本分も吸ったのと同じようなビタミンCを消費してしまうのです。

でも通勤時間についてはどうしようもありませんよね。
なので積極的にビタミンCをたくさん摂るしかありません。

ビタミンCをたくさん摂るには、できるだけ朝食で「野菜や果物を生のまま食べる」

これが一番わかりやすくて簡単な方法です。

ビタミンCは基本的に熱が入ると失われてしまいます。
野菜炒めなどで味付けして食べやすくしてしまうと、
火をかけた時の熱によってビタミンCがかなり減ってしまうのです。

野菜をたくさん食べてるつもりで、実はビタミンを全然摂取できていない状態になりやすい。

でも生野菜や果物は体を冷やしますし、毎日毎日食べるのは飽きてしまいます。
それにお金もかかります。それがデメリットですね。

まとめ:青汁ならコラーゲンもビタミンCもたった1杯でたっぷり取れる

ダイエット中の肌がボロボロになってしまうと悩むあなた。

あなたに必要なのは
肌トラブルの原因はお肌にまで栄養がいっていないこと。

それを解決するには
たんぱく質やコラーゲンといった美肌の原料となる栄養素をたくさん摂ること
さらにそのコラーゲンをお肌に変換するためのビタミンCをたっぷり取ること

これが解決策です

一方、デメリットとしては

タンパク質やコラーゲンといったものは食材費が高い
ビタミンCはストレス社会ではどんどん消費されてしまう
さらにビタミンC補給しようにも、加熱に弱い

ということが問題です。

この問題を2つともいっきょに解決してしまうのが青汁です。

青汁は野菜由来のビタミンやミネラルや食物繊維がたっぷり豊富に含まれています。
しかも粉末状の青汁は加熱処理をしていません。
なので生のビタミンCをたっぷり取ることができます。

「でも青汁じゃタンパク質は取れないでしょ?」

確かに野菜からはタンパク質はとれません。
でも最近の青汁はコラーゲンやプラセンタといった美肌の原料になる成分。
これでもかというくらいたっぷり含んでいるんですよ。

あなたに不足していたコラーゲンとビタミンC。

これがたった1日1杯青汁を飲むだけで簡単に補うことができるのです。
コスト的には1日あたりたったの100円ちょっとです。

たった100円であなたの悩ましい肌トラブルが解決する。
そう思えば実に安い買い物だと思いませんか?

2ヶ月から3ヶ月、毎日辞めずに飲んでみてください。
そうすればきっとあなたは劇的な変化を実感するはずです。

青汁は初めての方であればお試しとして1杯あたり20円30円程度で飲むことができます。
青汁はダイエットをするあなた・きれいを目指すあなたにぴったりの飲み物です。
この機会にぜひ、青汁を飲むことを試してみてくださいね。

   

1000円で1ヶ月ダイエットしませんか?

1週間で3kg痩せたいあなたは、以下の2記事をご覧ください♪