居酒屋で太らない食べ方は?ダイエット中も安心おすすめメニュー3選!!


スポンサードリンク


あなたはダイエットを始めた途端、「飲み会」を断っていませんか?

ストイックにそれができるならOKです。

しかし、ダイエットに成功して痩せたのに、友達に誘えわれなくなってしまったら、寂しいですよね。

  • 人間関係を考えると断れない……
  • 行っても体重が気になって楽しめない……

でも大丈夫です。

いくつかのポイントを守る限りでは、飲み会に行っても罰は当たりません。

飲み会をダイエットの敵にするのも、味方にするのも、あなたの選択肢次第です。

太る大きな原因は「お酒とおつまみの種類」です。

  • 何を飲むか?
  • 何を食べるか?

太らないお酒とおつまみを選択するだけで、飲み会が全然怖くなくなりますよ。

スポンサードリンク

居酒屋カロリー低いお酒は?

「お酒を飲んでもOK!」

ということが、ダイエット情報でもよく言われますよね。

うまい話です(笑)

でも、前提として、

「お酒を飲んでダイエットにとって有益なことは全くない」

ということは理解しておくべきです。

飲まなくて済むなら、飲む必要はありません。

どうしても飲みたいという方だけは、

蒸留酒または辛口の赤ワインを選ぶことをおすすめします。

ビールや日本酒は×です。(糖質0をのぞく)。


居酒屋でカロリーの低いお酒のつまみ

お酒を飲む時には、おつまみを食べたほうがいいです。

ただし何でもいいというわけでありません。

夜は日中に比べて「体が脂肪を溜めやすい状態になる」からです。

しかし、3つのポイントを正しく選択できていれば、
居酒屋メニューはダイエット妨げに当たりません。

選び方のポイントは

  • ビタミンやミネラルを含むもの
  • 低糖質・高タンパク質のもの
  • 塩分が少ないもの

この3つです。

以下では具体的な食材を例に出しますね。


おすすめ1 刺身

おすすめは、お刺身などの生物。

酵素をたくさん含んでいる食材が多いです。

中でも、いか・えび・貝類。

アルコールの分解に役立つ、良性のたんぱく質もたくさん含んでいます。

さらに糖質をほとんど含んでいないので、おつまみに最適です。


おすすめ2 もろきゅう

もろきゅう(きゅうりの味噌漬け)もおすすめです。

おみそは植物性の発酵食品で体にとってもいいです。

しかしお味噌は塩分が気になりますよね。

そこできゅうりと一緒に食べる。

きゅうりのカリウムが余計な塩分を体の外に排出するのを助けてくれるのです。


おすすめ3 海藻・きのこ

海藻やきのこを見かけたら、必ず注文しましょう。

海藻やきのこは、普段自宅の食卓にはなかなか上がらないですよね。

海藻はきゅうりと同じく、カリウムが豊富。
お酒のつまみは塩分が多いので、むくみやすくなります。

そこで海藻を食べることで、むくみの予防につながります。

「なら、きゅうりを食べればいいんじゃないの?」

じつは、同じ栄養素でも、なるべく色んな食べ物からとったほうがいいと言われています。

さらにキノコは、ミネラルやビタミンBなど「ほかの野菜では取りにくい栄養素」が豊富です。

また食物繊維も豊富で、腸内環境の改善や満腹感もあります。


   

30kg痩せたい

ダイエット居酒屋メニュー、これは食べちゃダメ!

逆に控えた方が良いものは

  • ポテトサラダ
  • ご飯もの
  • フライドポテト

などの穀物や芋類など炭水化物中心のメニューはダメ。

唐揚げなども多少構いません。
良質な油を使っているとは思えないので浴びすぎない方が良いでしょう。

スポンサードリンク

居酒屋で太らない食べ方のまとめ

ダイエット中なのに飲み会を断れないと悩むあなたに
「ダイエット中でも食べたい居酒屋のおすすめメニュー」をご紹介しました。

もう一度まとめると次の通りです。

  • お酒は飲まない
  • 糖質と塩分が低く、たんぱく質が豊富なものを選ぶ
  • 積極的に食べたいメニューは「刺身類・もろきゅう・海藻類・キノコ類」
  • 控えた方が良いメニューは「ポテトサラダ・ご飯物・フライドポテト」

以上のような内容でした。

 

季節は夏、ダイエットに挫折しかけてるあなたに朗報!

↓誰でも超簡単に痩せられます↓