【ダイエットで早朝ジムに通う!】どんなズボラな怠け者でも勝手に朝6時に目が覚める3つの方法




早朝にジムに行きたい早起きするための3つの方法!!

「朝を制するものは、ダイエットを制す!」
  • 9時から仕事や学校なので、
  • 7時から8時までダイエットのためにジムで運動したい。

でも早起きが最大の難関!
貴重な朝の時間を有効活用するためには、早起きする必殺の方法が必要です。

そこで!

どんなずぼらな怠け者でも!
「自然と朝6時に起きられる3つの方法」
をご紹介します

早朝の運動は最高に効果あるダイエット! だが起きられない、あなたや私!!

ダイエット中だから、早起きして朝を有効活用したい!

そのために朝5時半とか6時に起きて1時間だけジムへ通う

早朝のジムは本当に良いですよ。
まず、空いてる。
そして身体も元気いっぱい。

夕方、仕事帰りのジムっていうのは、疲れが溜まってます。
疲れてる状態で体を動かしても、かえって疲れを溜めてしまいます。
(お医者さんもおすすめしていません)

その点、早朝のジムであれば?

疲れもたまっていない状態で、朝早くからいい汗流せます。
時間も区切られてて、あとから仕事もあるので、自然と軽い運動で済ませられます。

軽く汗を流すくらいにしておけば自律神経もいい具合に働きだします。
日中の仕事も、エネルギッシュに取り組めますよ!

でも起きられない!!!!
肝心の朝に弱い。

せっかくダイエットのためにも、自分磨きのためにも、朝は貴重な時間。

ダイエット中のあなたが朝活するために!
「全く努力もしないでストレスもなく、ラク~に起きられる3つの方法」を次からお話しします!

もちろん、「ダイエットの妨げになるような方法」は一切ご紹介しておりません!

安心してご覧ください♪

その1 お昼はお肉をたっぷり食べて、夜に炭水化物をとらない

まずは食事から。

はい。早起きできるかは、食事が大きいんです。
これはダイエットにも同時に役に立つ食事方法です。

やっぱりダイエットも正しい食事方法があります。
正しい食事をすれば、それはダイエットだけに役立つのではありません。
睡眠も体の調子も良くなっていくものです。

正しいダイエットとは?ダイエットは、体重だけじゃありません。
生活全体に関わってくるんです。

間違ったダイエットの食事法をしていると?

  • 眠れなくなるわ
  • 調子悪くなるわ

良いことがありません。

正しい食事をすれば

  • 体重も痩せるし
  • 肌も綺麗になるし
  • 疲れもたまらないし
  • よく眠れるようになります

そんな方法が、「肉を食べて主食を半分以下にする」
いわゆる糖質制限食です。

そして「早起きするために必要な食事法の具体例」

それが

ポイント夜に炭水化物を食べないこと
お昼にお肉をたっぷり食べること

この2つです。

なぜなら、食事は睡眠をつかさどる脳内ホルモンの分泌に大きく影響するから!

睡眠を司るホルモンは主に

  1. セロトニン
  2. メラトニン

というホルモン。

このセロトニンとメラトニンは、同じ原料から作られます。
その原料とはたんぱく質です。

タンパク質はアミノ酸に分解されます。
アミノ酸の一部はトリプトファンと呼ばれます。

このトリプトファンがセロトニンに変化する。
さらにセロトニンがメラトニンに変化する。
睡眠ホルモンは、このような一続きのホルモンなのです。

なので普段の毎回の食事で、タンパク質をしっかり食べることが重要です。

そしてさらにトリプトファンの合成を促す

  • ビタミンb6
  • マグネシウム

といった栄養素も大事です。

その栄養素全てを満たすのは?

肉!!

特に豚肉です!!

ダイエット中も肉を食べましょう。

そして炭水化物、正確に言えば糖質ですが、
これらは血糖値を上昇させて眠りを妨げてしまいます。
なので夜には炭水化物は食べないようにしましょう。

と同時に、夜に食べ過ぎてはいけません。
なので、昼食でお肉をお腹いっぱい食べましょう。

それだけであなたの眠りの質はとんでもなく改善されますよ

ポイント早起きの土台は食事から!
豚肉は1食100gくらいで十分!

その2 夜10時になったらスマホとテレビの電源を消す

朝活をするならば、ここは徹底して自己管理できるよう頑張ってみましょう!
冗談抜きで、人生が変わります。

「家電製品のブルーライトが睡眠を妨げる」

なんて今更言うまでもない話です。

でも実際はついついいじってしまう。
むしろ「いじらないでどうやって過ごすんだ?」
っていう話ですよね。

「スマホいじりを止める方法」

これはもう「電源を消してしまう」しかないです。

「朝の通勤通学中にいじればok!」

次の「方法その3」で少しお話ししますが、

朝早く起きて太陽の光を浴びると、夜には自然と「メラトニン」というホルモンが分泌されます。
すると自然と体が眠りに入る準備ができます。

「夜の時間は布団に入る」ということを最優先事項にしましょう!

スマホなしですぐ寝るコツ
私の場合、スマホの電源を消して
「布団の中で小難しい本を読む」のが、体感上一番早く眠れます。

読書であればブルーライトを出す心配も全くありませんよね。

あんまりドキドキワクワクするような小説は
面白すぎてなかなか眠気が来ません。

なので、「日中に読んだら退屈でしょうがないような本」

ある意味、「夜だからこそ読める本」。

夜10時になったらスマホもテレビも消して、布団の中で本を読む

是非試してみてください♪

その3 光で起きる目覚まし時計を使うと、めちゃくちゃ楽に早起きできる!

朝活サポートに欠かせないのが、「光目覚まし時計」だと思ってます。

私も朝が苦手でしたが、目覚まし時計を音ではなくて、
この光目覚ましにしたんです。

すると本当に自分でも信じられないほど
簡単に目覚めることができるようになりました。

音で無理やり起きようとするとビクッとしますよね?
睡眠中の完全なリラックス状態から、突然体は「身の危険」を感じます。

音によって、私たちの身体は

  • アドレナリン
  • ノルアドレナリン
  • コルチゾール

といった「ストレスホルモン=興奮作用のあるホルモン」を分泌します。

つまり音による目覚まし時計は、体に相当な負担をかけているんですよ。

一方、光による目覚ましはそういったストレスホルモンを全く作用させません。
むしろ「太陽光を浴びているのとほぼ同じ」

セロトニンという「精神安定作用」=「やすらぎホルモン」が分泌されます。

「だんだんと明るくなって自然と意識が戻ってくるような」
「休日の朝の窓から溢れる朝の光で目が覚めるような」

そんな自然な目覚めが、平日でも毎日好きな時間に再現することができます(^^♪

私も光目覚ましにしてから、毎朝5時半に自然と目が覚めるようになりました。

早朝から体動かすのは場合によってはちょっと注意です。

  • 疲れがたまっている状態
  • 夜寝ても疲れが取れていない状態

こんな時に体を動かすと、どんどん疲労が蓄積してしまいます。

なので余計に「たかが目覚まし時計」なんかで身体にストレスをかけてはいけません 。

光目覚ましは、毎日あなたに
「快い眠りと目覚めを提供する強い味方」になってくれますよ♪


毎朝のストレスから解放されたいあなたへ!
おすすめの目覚まし時計を紹介します♪

【5時半起きで朝を1時間増やす】光目覚ましは「生活の質を何倍にも高める」革命的グッズだ!

  • 寝てたのに疲れ切ってツライ朝……。
  • すべてがどうでも良い。ただただ、起きたくない……

毎朝、そんな思いを繰り返していませんか?

「何の努力もなしで、楽に、ストレスなく、自然とすっきり1時間早く目覚めて、人生を劇的に変えたい人」はいませんか?

かけがえのない朝の時間。
あなたの朝を100倍豊かにする「光目覚まし」をご紹介しています。

  1. なぜ光目覚ましが最強なのか?
  2. 布団の中で30分以上ムダにしていた時間がゼロになる!
  3. 「使ってよかった5つのこと」とは?
  4. 規則正しい生活で人生もダイエットもうまくいく!

大切な方へのプレゼントにも最適です。
あなたの毎日に感動をもたらす光目覚まし。
ぜひ一度、ご覧ください!

まとめ

ダイエットのために朝の貴重な時間を活用したい!

「どんなずぼらな怠け者でも朝6時に自然と無理なく起きられる3つの方法をご紹介しました

ポイント

  1. お昼ご飯はお肉をたっぷり夜は炭水化物を食べない
  2. 夜10時以降はスマホとテレビの電源を消して布団の中で小難しい本を読む
  3. 音の出るアラームを止めて光で起きる目覚まし時計を使うとストレスなしで自然に起きられる

この3つの方法を実践すれば、あなたの生活は根本から変わってきます。

「時間がない! 時間がない!」という悩みもなくなりますよ。

あなたの朝の時間が素晴らしく価値ある時間に変わることを祈っています♪


今度こそ痩せたいあなたに!
おすすめダイエット方法&記事紹介♪



青汁はダイエットを楽しく続けたい20代女子には最強のツールだと思う

↑ダイエットに完全成功できたのは、青汁のおかげでした。↑

わたしを綺麗にできるのは、わたししかいないのだ!

青汁は毎日の美しく幸せな生活を実現するための「一番手軽で簡単な、最強の飲みもの」です!

「運動も食事制限も続かなくて挫折ばかり……」と悩むあなただって、
ついにダイエットの楽しさに目覚める時です!

ダイエットは「継続」さえできれば成功します。
楽しければ続けられます。
でも「楽しみ」を見つける方法が分からない……。

そんな私がダイエットの楽しさに気づいたきっかけが、青汁でした。
そのエピソードを、ここだけでご紹介します。

おかげさまで「超面白い」と大評判!!


  • 「疑い半分で読んでた。でも普通に面白くて大笑いしました!
  • 「冒頭がすごい。共感しすぎて、ガタガタ震えた。
  • 「おいしい! もっと早く始めたかった!」
  • 「日本人で青汁知らない人、いないですよね。飲んで後悔はしないから、一生に一度は飲んでみて!
  • 「ダイエットって、こんなに楽でよかったんですね!(笑)」

ありがたいお声が続々と届いています。

「やろう!」と思ったその瞬間が、一番のチャンス。
今の気持ち、もう無駄にしないでください。

ダイエットを今度こそ成功させたい方。ぜひご覧ください。