【ダイエットで立ちくらみがする】糖質制限でも低血糖を完全予防!食べて痩せる3つのコツ




糖質制限ダイエットで低血糖でフラフラする時の対処法

ダイエットしてるせいなのか……。

午前中や夕方頃にフラフラになって倒れそうになる
スポーツジムで運動すると立ちくらみがする

甘いジュースや
少量のブドウ糖のタブレットを口にするとよくなる

こんな場合は、完全に低血糖です。

けれども
「甘いものは口にしたくない」

糖質制限ダイエットならなおさら。

どうしたらいいの?

その糖質制限は、危ないかも!

でも、そんなあなたも大丈夫!!

低血糖の心配がなく
美味しく楽しくダイエットできる3つの方法

についてご紹介します♪

正しい糖質制限食を身につければ低血糖でフラツキは起こりません!

あなたも実践されているように、
ちゃんとしたダイエットは、
食事管理・食事制限を伴います。

だから当然、体の変化が出てきます。

そんな中で注意したいのが

  • ふらつき
  • めまい
  • 立ちくらみ

これらの原因は様々あります。
けど基本的な部分では低血糖的な状態。
血糖値が下がりすぎることが問題です。

本当の低血糖とはちょっと違うんですけどね。
意識を失って命の危険さえあるからです。

ここで問題にするのは、「軽い低血糖的な症状について」です。

ダイエット中でもきちんと食事管理をして
栄養たっぷり取れば低血糖にはなりません。

その上、
「美味しくたくさん食べて痩せていく」

と言う、あなたにとって理想的なダイエットができます。

逆にいうと、
「低血糖になるような食事法」

これではダイエットもおぼつきません。
たとえ体重が減ったとしてもリバウンドのおそれがある

こうならないよう、食事法を見直していきましょう!

低血糖による目まいを防ぐ食事法3選!

その1 お肉の脂やオリーブオイルで2000キロカロリー以上摂取する

ダイエットの食事の基本は、糖質制限食です。

糖質制限食は

  • 炭水化物の量を半分以下にする
  • その代わりにおかずをたっぷり食べる

と言う食事法です。

基本的に栄養たっぷりとっていれば、低血糖のような
ふらふらの症状になることはありません。

「ふらつき」や「めまい」がする

と言うのは、ほとんど「カロリー不足」が原因。

ダイエットというと、ついついカロリー制限をしてしまいがちです。

その上、例えば

「1400キロカロリーしかとってない」

「そのうちの1000キロカロリーが炭水化物」であったら?

これは明らかな栄養不足です。

さらに糖質中心の食事だと、血糖値が跳ね上がってしまいます。

基本的に低血糖というのは病気の症状です。

でも、ダイエットで

  • フラフラする
  • めまいがする

というのは「血糖値が跳ね上がったのを元に戻す」

という状態。高血糖から、元の血糖値(よりちょっと低い)へ下がる。

つまり「相対的」に血糖値が低くなっているのです。

ポイントダイエット中の「めまい」や「ふらつき」をなくすためには血糖値を安定させることが大事です。

血糖値を安定させるために最も簡単なこと。

それが、そもそも糖質の摂取を控えることです。

血糖値を上げる栄養素は糖質だけ。
なので糖質を取らなければ血糖値は上がりようがありません。

したがって、

  • お肉やお魚といったタンパク質
  • オリーブオイルのサラダ

などなど、たっぷりとカロリーをとるよう心がけましょう。

それだけであなたの悩みの半分は解決するはずです!

その2 緊急時のアクシデントに備えてカロリーメイトやチョコレートを用意しておく

ジムやプールで運動したり
ジョギングしたり

すると、低血糖のようなふらつきが出る。

そんなあなたは「一時的にエネルギーが不足」していることが原因です。

激しい運動をする場合。
ほんの少しの「糖質によるエネルギー源」を持っておく方が良いですね。

  • カロリーメイト1本
  • チョコレート1かけら

それだけでも十分です。

※5gから10g程度の糖質であれば、間食として食べても問題ありません。

体動かすのが好きな方。
ほんのわずかな糖質によるエネルギー源を常に準備しておくと安心ですね。

その3 目覚ましを変えることでストレスコントロールすると血糖値が安定する

ダイエット中のふらつきの原因は
血糖値の乱高下によることがほとんど。

なので「最初から血糖値をコントロールする」
という意識を持つことが何より重要です。

先ほど説明したように「食事でそもそも糖質を取らない」
これが一番大事です。

さらに言えることは、

「ストレス」によっても血糖値は変わってきます。

余計なストレスが体にかかると

  • アドレナリン
  • ノルアドレナリン
  • コルチゾール

というストレスホルモンが分泌されます。

この3つのホルモンは血糖値を上昇させる働きを持つのです。

ポイント「普段の生活から、余計なストレスをためない」ことが大事です!

特に気をつけたいのが朝。

  • 朝の目覚めの段階でなかなか起きられない
  • 目覚めがあまりにも悪い
  • 「もう会社行きたくない」とイライラする

そういう場合は、起きた瞬間からストレスホルモンが分泌。
血糖値が上がってしまいます。
精神的にも身体的にも決して良い状況ではありません。

そんなあなたは「目覚ましを変えてみる」ことをお勧めします。

私のおすすめなのは光目覚まし。
光目覚ましは、音ではなく光によって自然と起きられる目覚まし時計です。

これを使えば

「突然大きな音でビクッとして目覚める」

こんなことが全くなくなります。

想像してください。

徐々に強くなる光に対して「自然と目が覚めて行く」

全くストレスを感じない朝の目覚めが実現できます。

しかも光目覚ましなら、セロトニンが分泌されます。
セロトニンはストレスホルモンとは対照的に、
精神安定ホルモンと言われます。

ポイントストレスコントロールを真剣にするのであれば、
朝の目覚ましは、光目覚まし以外に考えられません。

私も「光目覚まし時計」を使ってから

  • 夜は10時に眠くなり
  • 朝は5時半に自然に起きられる

こんな素晴らしい生活をすることができるようになりました。

光目覚ましについてはこちらで詳しく紹介しました。
朝からストレスがたまっている方は、ぜひご覧ください。


毎朝のストレスから解放されたいあなたへ!
おすすめの目覚まし時計を紹介します♪

【5時半起きで朝を1時間増やす】光目覚ましは「生活の質を何倍にも高める」革命的グッズだ!

  • 寝てたのに疲れ切ってツライ朝……。
  • すべてがどうでも良い。ただただ、起きたくない……

毎朝、そんな思いを繰り返していませんか?

「何の努力もなしで、楽に、ストレスなく、自然とすっきり1時間早く目覚めて、人生を劇的に変えたい人」はいませんか?

かけがえのない朝の時間。
あなたの朝を100倍豊かにする「光目覚まし」をご紹介しています。

  1. なぜ光目覚ましが最強なのか?
  2. 布団の中で30分以上ムダにしていた時間がゼロになる!
  3. 「使ってよかった5つのこと」とは?
  4. 規則正しい生活で人生もダイエットもうまくいく!

大切な方へのプレゼントにも最適です。
あなたの毎日に感動をもたらす光目覚まし。
ぜひ一度、ご覧ください!

まとめ

糖質制限ダイエットで低血糖でフラフラする時の対処法

  1. お肉の脂やオリーブオイルで2000キロカロリー以上摂取する
  2. 緊急時のアクシデントに備えてカロリーメイトやチョコレートを用意しておく
  3. 光目覚まし時計で早寝早起き! 朝のストレスをゼロにする

この3つの方法を実践すれば
あなたがもう、ダイエット中に低血糖で悩まされることはなくなります。

是非試してみてくださいね♪