異常な空腹感の原因は病気じゃない!朝食で劇的に軽減する方法

疲れ


スポンサードリンク


あなたは「お昼前の空腹」に悩んでいませんか?

  • 11時を過ぎると倒れそうになるほどお腹が空く
  • 昼前は全然仕事に集中できない
  • お腹がグーグー周りに聞こえるほど鳴る

お昼前ってどうしてあんなにお腹が空くんでしょうね?

朝食前よりも、ひどい空腹感だと思いませんか?

何も食べていない時間は
絶対朝食前より昼食前の方が短いですよね。

なのになんでこんなにお腹が空くのか?

この原因は、実は判明しています。

絶対確実とは言えませんが、
かなり高い確率でこれが原因ではないか、と言えます。

原因がわかってるので、もちろん解決策もわかっています。

この記事では
「昼食前の空腹」に悩むあなたのために

「お昼前にお腹がグーグーならない朝食の食べ方」
をご紹介します。

昼前の空腹感の原因は朝食のごはんやパンかも

糖質の摂取は、3時間後に空腹感をもたらします。

糖質を摂取すると体内に血糖値が上がります。
これが下がってくるのが大体3時間後ぐらいです。

血糖値が下がってくると
体はまた血糖値上げるために糖質を欲しがります。

これが空腹感やイライラなどを伴うのです。

なので、もしあなたが「お昼前の空腹感がひどい」と悩んでいるのであれば
朝食の、ご飯やパンの量を減らしてみてください。
フルーツもダメです。

「朝食はフルーツだけだよ」

と言う人も、お昼前に激しい空腹感におそわれるかもしれません。

これは単純に食べ物の量が少ない、ということもありますが
フルーツも糖質をたくさん含んでいる食材だからです。

(※細かいことを言うと果糖は血糖値を上げませんが、
フルーツに含まれる糖質は果糖だけではありません。
また果糖は、中性脂肪として蓄積されやすい糖質です。)

いっそのこと、ご飯やパンは抜きでもいいです。

その代わりに、昨晩の夕食のおかずの残りをたくさん食べて、
具のたくさん入った味噌汁やスープを飲んでください。

あるいは「無糖のヨーグルトに砕いたナッツなどを混ぜて食べる」
これも、お勧めです。

ということでまずは朝食での糖質摂取を減らす、
あるいは、ほぼゼロにする。

ということを試してみてください。

糖質を減らしつつ、おなかいっぱい食べることがポイントです。


糖質の多いものを食べるとかえってお腹が空く

人間が空腹感や満腹感を感じるのは、ホルモンの働きです。

単純に言うと

  • 空腹感はグレリンというホルモン
  • 満腹感はペプチドYYというホルモン

が分泌されることで、空腹や満腹を感じます。

この2つのホルモンについて調べた研究があるそうです。

  • 糖質の多い朝食を8時に食べました。
  • 4時間後の12時、お昼前に空腹感のグレリンがぐんと増えました
  • 同時に、ペプチドyyは朝食前よりも減ってました

こんなデータがあるそうです。
どういうことかというと、

糖質の多い食事を朝に食べると
「昼前には、朝食前よりもお腹が空いていると感じる」ということです。

ちょっとあなたの「きのう今日の朝食」を考えてみてください。

私たちは朝食前が眠っているわけですよね。
夕食以降何も食べなかったとして、
だいたい8時間か9時間は何も食べてないのではないですか?

それなのに、4時間後のお昼前の方がお腹が空いている。
このあたりが、↑の研究の面白いところですね。

もちろん眠っている間の方が、日中よりも活動量が少ないですよね。
そういう側面もあるでしょう。

しかし同時にこんなデータもあったそうです。

  • 糖質が少なくたんぱく質の多い朝食をとる
  • 空腹感のグレリンは次の食事前までずっと低下している
  • ペプチドYYはずっと増えたまま

これは要するに、お腹が空いたと感じることが少ないことです。

したがって、糖質が空腹感を招いていると言えるのです。


朝ごはんの内容を見直そう

以上のように、朝ごはんに糖質をたくさん取るとかえってお腹が空きます。

空腹感を引き起こさない食事法。
それは、高タンパク質、あるいは高脂質食です。

高糖質食は1番お腹が空きやすくなります。

もちろん、お昼前の空腹感が苦しいだけなら、
そもそもお腹を空かさない様に、間食をすることも有効です。

この間食も糖質の少ないおやつを選ぶと効果的です。

もし仕事の都合上、間食が難しいようであれば、
やはり朝ごはんをいちど見直してみてください。

   

30kg痩せたい

まとめ

「昼食前の空腹」に悩むあなたのために

「お昼前にお腹がグーグーならない朝食の食べ方」
という話をさせていただきました。

もう一度まとめると次の通りです。

  • お昼前の空腹感の原因は朝食のご飯やパン
  • 糖質をとると、食べる前よりかえって空腹感が増す
  • 空腹や満腹を感じるのはホルモンの働き
  • 高タンパク質・高脂質の食事は、空腹感を起こしにくい
  • 朝食でのご飯やパンの量を減らせば、お昼前の空腹はかなり軽減できるはず
  • もちろんできるならば間食も十分活用して

以上のような内容でした。

空腹感は仕事にも集中できないしイライラもしますよね。

朝食の中身を変えるだけで、
空腹感を軽減できるならば、こんな簡単な話はありません。

最後に、こんな名言をご紹介します。

手近なものを食べるよりも、遠くまで買い物に行く。
もっと美味しいものを食べようと考えると、なぜか食欲が無くなる。

不思議なものです。遠くまで移動している間に、きっと頭の中のスイッチが変わるんですね。

この記事をきっかけに、ぜひあなたの朝食を見直してみてくださいね。

ダイエット中の「耐え難い空腹感・おなかが鳴る音・ストレス」を何とかしたい!


ダイエット中に異常にお腹がすくこと、ありませんか?

・お昼前、10時~11時にお腹がグーグー鳴って止まらない……
・おなかがすいて余計なストレスがたまる……
・仕事終わりの18時、帰りの駅でついお菓子やパンを買い食い……

せっかくのダイエットが、空腹感のせいで台無しですよね。
空腹感の原因って、栄養不足であることが多いんです。
なので、そんな時は「栄養たっぷりのドリンク」を賢く利用しましょう♪
ひどい空腹感も、ピタリと止まりますよ!

私がおすすめしたいのは、「すっきりフルーツ青汁」です。
  • 飲んだ初日から「お昼休みまで全然お腹がすかない」で仕事に集中できる
  • ダイエットにつきまとう「イライラ・ストレス」が激減して気持ちよく1日を過ごせる
  • 帰りも余計な菓子パンやジュースを飲まずに、おいしい夕食をたくさん食べられる
  • いつの間にか「食欲がたくさんあるのに、おやつはいらない」と感じている
そんな嬉しい効果がたくさんありました!
「空腹感で悩む方」にぴったり、ダイエットが楽しくなりますよ♪

すっきりフルーツ青汁の公式サイトはこちら    

1000円で1ヶ月ダイエットしませんか?

1週間で3kg痩せたいあなたは、以下の2記事をご覧ください♪