【貧相な体型の直し方】体重増加で美しいスタイルに変身する3つの方法




あなたは「やせていること」に悩んでいませんか?

  • 体が細過ぎて貧相に見える
  • 体重増やしたいけどデブ太りはしたくない
  • 健康的なカラダに憧れる

「いくら食べても太らなくて、うらやましい」ってよく言われませんか?

させている人だって痩せていることの悩みがあるものですよね。
でも「そんな悩みは贅沢だ」なんて人からは思われたりしますよね。

ダイエットをしてる人の前では口が裂けてもそんなこと言えませんよね。

それに

「痩せてるね~、うらやましい~」と言われても、

返す言葉に結構困りますよね。

素直に「うん、痩せてるんだー」とも言いづらいし
「いやーもっと太りたいんだけど~」なんて言ったら、
いろんな人を敵に回しそうですよね(笑)

あなたは、何にも気にせず、
食べたいときに、食べたいものを、好きなだけ食べても太らない。

これは本当にあなたが健康だということです。
まずそのことを認識しましょう。

そして、痩せているあなたこそ、普段の食事内容を見直すべきです。

たぶんきっとあなたこれまで、
食事内容についてそれほど意識をしてこなかったでしょう。

おやつに甘いものを控えるくらいは意識していたかもしれませんが、
3度の食事についてはそれほど意識しなかったのでは?

もしあなたが体重を増やしたいのであれば、
ダイエットの知識を少々学んでみることをおすすめします。

ダイエットにおける食事法は、痩せるために役に立ちますよね。
ということは、裏を返せば体重を増やすことにも応用できるのです。

したがって、痩せてたあなたが
ダイエットの食事を「あなたの普段の食事」にとりいれる価値は、大いにあります。

とはいえ、ただ体重を増やすといっても、
脂肪だけ増えてブヨブヨになってしまっては、だめですよね。

適切な食事を長期的に続ければ、余計な脂肪をつけることなく
あなたにとって最適な体重に変わっていくことができます。

もしあなたがやせ過ぎであれば、
体重が増えて、ちょうどいい身体になることができます。

あなたが女性ならば、
少しふっくらして、より女性らしい柔かい体つきに。

一方あなたが男性であれば、
ガリガリな印象がなくなり、たくましい体つきに。

この記事では
「体重を増やしたいあなたが、参考にするべきダイエットの食事方法」
についてご紹介します。

スポンサードリンク

まずは痩せすぎかどうかをBMIで確かめよう

まずはあなたが「痩せすぎかどうか」を確かめましょう。

もしあなたがBMI20未満であれば、
20~22程度にまでは、体重を増やすことは良いことだと思います。

BMI = 体重(kg) ÷ 身長(m) ÷ 身長(m)

そして、あなたが美しく健康のまま体重を増やしていくには、

「しっかりエネルギーを摂取すること」が大事です。


糖質を制限しつつエネルギーを摂取するには?

糖質はわたしたちの普段の食事にとっては、最も大きなエネルギー源です。

だいたいエネルギー源の6割以上が糖質です。

ゆるやかな糖質制限ではこれを3割から4割程度に減らします。

そして相対的にタンパク質と脂質の量や比率を増やしていきます。

具体的に言うと、

  • 主食のご飯やパンや麺類の量を減らす
  • 同時におかずの量や品数を増やす

ということになります。

特に脂質は1グラムあたりのカロリーが9 Kcal。
糖質に変わるエネルギー源として、積極的に摂取しましょう。

「でも脂質を取りすぎるとぶよぶよ太らない?」

だいじょうぶです。
中性脂肪になってぶよぶよ太る原因になるのは脂質ではありません。
中性脂肪になるのは糖質です。

ものすごく単純に言うと糖質を取らなければ、基本的に太りません。

また、たんぱく質は、筋肉を初めとした体の細胞を作る材料です。
なので、これも決して減らしてはいけません。
肉や魚、卵や豆類は、どんどん食べましょう。


小食な人のエネルギー摂取のコツ

しかし、痩せている人に特有な問題があります。

たいてい痩せていて体重を増やしたい人は、もとが小食です。

もともと小食なので、
就職を減らすと、その分おかずで補えず、
カロリー不足になっていきます。

そうすると、体重を健康的に増やすどころか、
もっと痩せてしまいます。

これでは良くありません。

小食な人がかりでエネルギーを補給するには
どうしたらいいでしょうか?

1つ、おすすめしたい方法があります。

それはおやつを食べること。

「おやつは糖質の塊じゃないの?」

たしかに、甘いおかし・スイーツのようなおやつは、糖質が主成分です。

しかしここで言うおやつとは、糖質の低い・甘くないものです。

具体的には

  • ナッツ類
  • チーズ
  • 無糖ヨーグルト(全脂肪)
  • ビターチョコ(カカオ50%、できれば70%以上)

などなど。

特にオススメなのはナッツ類です。

ナッツ類は脂質が豊富で、とってもカロリーが高いです。
でも糖質はほとんどないので太りません。

もちろん食べ過ぎ(いっぺんに50g以上摂取)は注意ですが、
味付けされていない「焙煎ミックスナッツ」などはおすすめです。

味付けはなくても、風味があっておいしいんですよ。

もともと食の細い人は、間食を上手に活用しつつ、
糖質を制限してエネルギーを十分に確保してください。

スポンサードリンク

まとめ

「痩せていること」に悩んでいるあなたのために
「健康的に美しく体重を増やしていく食事方法」をご紹介しました。

もう一度まとめると次の通りです。

  • 自分の適正なBMIを知る
  • BMI20以下ならもう少し体重があってよい
  • 美しく体重を増やすには、糖質を制限する
  • 糖質制限して、たんぱく質と脂質を積極的に摂取
  • もともと食の細い人は、間食を上手に利用する

以上のような内容です。

「体重を増やしたい」という悩み。

他人から見れば贅沢な悩みかもしれませんが、
やっぱり当人からしたら、なんとかしたい問題ですよね。

糖質制限の食事方法は、
主に肥満の人の減量に対して、効果が高い食事法です。

しかし、食事内容自体が非常に健康的なので、
タンパク質と脂質で十分なエネルギーを摂取していけば、
とても健康的に体重を増やすこともできます。

体重を増やしてみたいと考えているあなたは、
是非いちど糖質を制限した食事法を試してみてくださいね。

【すぐ痩せ】アラサー女が30㎏のダイエットに一発で成功した方法。飲むだけ

突然ですが、あなたはダイエットに取り組んでいて、なかなか体重が減らなくて困っていませんか?

 

いただいたお悩みをご紹介します。

 
ダイエットしているのに、太るのが止められません!
カロリーも減らして、お菓子もジュースも、甘いものは一切口にしてないんです(´;ω;`)
どうしたらいいですか? 私は一生痩せられないんですか?
 

はい、お気持ちよくわかります。私も全く同じでした。

毎日、職場と家の往復。朝は7時の電車に乗って、夜帰りは22時すぎ。

疲れ切って、とてもジョギングやジム通い、プール通いなんてできません。

それでも、ダイエットつづけるために、3食こんな食事をしてました

  1. 「朝ごはんは果物とヨーグルト」
  2. 「お昼は社食でカロリー控えめ」
  3. 「夜は納豆と豆腐」
 

こんな食事でがんばってましたが、全く体重は減りませんでした。
毎日、朝晩と体重計に2回は乗って「お、今日はマイナス1kgだ(∩´∀`)∩」と思ったら、翌朝なぜか体重が増えていました(泣)

「なんでこんなダイエットがんばってるのに、痩せるどころか、太るのが止まらないんだろう?」
と毎日泣きそうでした

 

やばいな私と思って、痩せる方法調べていたら、友だちが「ものすごいきれいな子」を紹介してくれたんです。

その子は「ダイエットなんて簡単。これを飲むだけで、あっという間に理想体重になれるよ!」と言い、ダイエット特製ドリンクを教えてくれました。

その特製ドリンクを注文して飲んでから、私の体重は劇的に変わったんです!

80kgオーバーのおデブちゃんだった私が、なんと53kgになりました! マイナス30キロです。信じられません。

 

そのきれいな子は、あまりにきれいだから逆に怪しくて、最初は「大丈夫かな、だまされてるんじゃないかな」って、すごく心配でした。

でも別におすすめされた特製ドリンクは、怪しいものじゃなくて、ちゃんとした会社が売ってる安心安全のダイエットドリンクでした。
私以外にも、何十万人もの方が、このダイエットドリンクを飲んでます。しかも信じられないくらい安いです。

 

今では私もすっかり体型をキープして、好きな服が着られます。

夏には水着も着られるし、胸は痩せなかったので「ビキニが似合うね」ってみんなに言われます(男子の目線も釘付けにできます♪)

友だちの結婚式には素敵なドレスをレンタルできて、太ってた時しか知らない人は、私が誰だか分からなかったんです。(大学の同級生だった男子に、二次会でナンパされました笑)

 

今考えてみると、あのとき思い切ってダイエットドリンク飲んでみてよかったなーって、心から思います。

そのものすごくきれいな子が、私に「秘密だからね」と言いながら教えてくれた。
私が30kgも痩せたダイエットドリンクの紹介はこちらです。






今すぐ痩せ特集