糖化した肌の再生する食材とは?糖質制限ダイエットで肌質改善!


スポンサードリンク


あなたは肌トラブルに悩んでいませんか?

  • いくらケアしてもニキビが消えない
  • 最近肌荒れがひどい
  • ある日突然シミやくすみが浮かび上がってきた

その原因は、「糖質」のとりすぎかもしれません。

あなたの食生活から、砂糖の量を少し減らせば、

  • いくらケアしても変わらなかった肌が、ある朝突然生まれ変わった

なんてことも十分に考えられます。

お肌は外側からのケアも大切ですが
食事によって内側から改善することも非常に大切です。

いくらケアしても駄目だったという方こそ
ぜひご自身の食生活を見直してみてくださいね。

スポンサードリンク

糖質には中毒性がある

「甘いものがニキビの原因」なんて、当たり前のことを言いたいのではありません。

糖質は、甘いものに限らないのです。

  • お米・パン・めん・粉もの
  • おせんべい
  • とうもろこし
  • じゃがいも
  • 清涼飲料水
  • フルーツジュース
  • 野菜ジュース

全部糖質の高い食品です。

いわば、甘いものの仲間。

お菓子を我慢したところで炭水化物に手が伸びてしまっては意味がありません。

あなたは甘いものがやめられないと悩んでいませんか?

  • 2時間に一度は小さなチョコレート菓子だとか、アイスなどを食べてしまう
  • お腹がいっぱいなのにお菓子が食べたくて、食べないとソワソワする
  • お菓子を買ってくれば1箱なくなるまで食べてしまう
  • コーヒーにもスプーン1杯ぐらいは入れて、1日3~4杯

甘いものが「嫌い・苦手」という方もいます。
でも、どちらかというと少数派ですよね。
男性よりも女性の方が甘いものが好きなのは、ホルモンの関係があるそうです。

ただし甘い物には「食べれば食べるほど、もっと欲しくなる」という「中毒性」があります。
食べ続けていると、体がさらに甘いものを欲しがるようになってしまうのです。


   

30kg痩せたい

砂糖はお肌もめちゃくちゃにする

甘いものの取り過ぎは肥満の元になるだけではありません。

あなたが想像している以上に「お肌」にダメージを与えるのです。
甘いものや脂っこいものを食べると、すぐにニキビができてしまうと敏感な方もいますよね。

むしろこうして正面に現れると「お甘いもの控えなきゃ」と思えますよね。

しかし目に見えないところでじわじわと老化を進めている可能性があります。

糖質、とりわけ城里にはグラニュー糖にはタンパク質と結びつくことで

  • 炎症の原因になる
  • 炎症を悪化させる

という性質を持っています。

炎症出ると外側の痛みだと思いがちですが、体の内側も炎症をおこします。

体の内側の炎症は痛みを感じないので気がつかないばかりか、肌や身体全体の老化を進めるのもまた炎症の働きなのです。

炎症はできるだけ抑えなければいけません。

私たちの身体には正直で抑えようとする防御機能が備わっています。
しかし砂糖中毒のように次々と甘いもの食べて食べ続けていると、この防御機能が追いつきません。

炎症は酸化と並んで細胞を老化させる原因の1つです。
そのためお砂糖取りすぎると

  • 体が疲れやすくなる
  • 肌荒れやニキビができる
  • シミやシワやたるみの原因になる

こうしたことが考えられます。というか起こります。

逆に、炎症を抑えてくれる栄養素もあります。

それはなんと、油。

油なんてお肌のトラブルの根本的な原因だとイメージしがちですよね。

でも、油にはいろんな種類があります。

良い油もあれば悪い油もあるんです。

良い油は、体内の炎症を抑え、
肥満や肌トラブルといった色んな悩みを軽減・解消してくると、
とっても注目されています。


では「良い油」をどうやって選べば良いでしょうか?

おすすめは、「酸化防止対策がしっかりした新鮮なオメガ3油」です。

もっとも理想的なのは個別包装になったオメガ3油。
これなら、いつでも最高品質の鮮度を保てます。

良質で新鮮な油こそが、あなたの美容を支える土台。
「身体が喜ぶ食べもの」というのを「油」で実感できるのです。

鮮度の問題を徹底的に解決した商品が、1つだけあります。
それがRITANプレミアムオイルです。

熱に弱いし、青魚以外では摂りにくいオメガ3オイルですが、これなら最もフレッシュな形で摂り入れられます♪ ページ自体もオメガ3について詳しく書いてあるので「良い油についてもっと知りたい」場合も、とても参考になりますよ。

スポンサードリンク

まとめ 甘いものを「我慢」ではなく「管理」しよう

甘いものはできるだけ控えた方が良いに越した事はありません。

だからといって「甘いもの全部やめよう」
などという極端な考え方をする必要はありません。

我慢は体にも心にもよくありません。

甘いものは少しであれば
「心を落ち着かせる」「幸福感」を与えてくれます。

くれぐれも食べ過ぎには注意して、
甘いものを人生の大切なパートナーとして付き合っていきましょう。

もしあなたが大量に紫外線を浴びたわけでもないのに

  • 急に肌荒れした
  • 急にシミやくすみが浮かび上がってきた

と感じた時は甘いもの食べすぎていないか、セルフチェックしてみてください。

   

1000円で1ヶ月ダイエットしませんか?

1週間で3kg痩せたいあなたは、以下の2記事をご覧ください♪