オイリー肌を劇的に改善するお菓子!おいしい食べ物が赤ちゃん肌をつくる


スポンサードリンク


あなたは「脂性肌の肌荒れが全然治らない」と悩んでいませんか?

  • 色黒で毛穴などが目立つ
  • 1人暮らしで自炊してるけど、食後は必ずお菓子を食べてしまう
  • できるだけ油物、甘い物、塩分を控えた食事にしています。
  • お菓子がよくないと分かってるけど、やめられない

こってり型の肌荒れは大変ですよね。

いくらスキンケアをしても出てくるニキビ・や吹き出物。

1回でもサボろうものなら、1週間引きずってしまいます。

スキンケアをしてもなかなかトラブルがおさまらない。

そんなあなたの肌は、食事によって内側から変えていくのが1番です。

脂性肌の方は、どうしても油を控えますよね。

でもそれは、逆効果。

あまりに油を控えてしまうと、

肌の保湿成分やホルモン分泌が乱れてしまいます。

そのため、美しい肌からどんどん遠ざかってしまいます。


とは言え、油には種類があります。

スナック菓子のような悪い油では、どんどん肌荒れがひどくなりますよね。

なので、良い油を取るようにすれば簡単です。

特にあなたの場合は、おやつを食べるのが大好き。

よい油を含んだおやつを食べれば、ばっちりです。

  • スナック菓子よりもおいしくてヘルシー
  • カロリー制限は全く必要なし
  • 何の我慢もせずに肌トラブルだけが改善していく

新しいおやつ生活を始めてみましょう。

スポンサードリンク

おやつにナッツでストレス肌を解消できる

これから食後や間食のおやつは、ナッツにしましょう。

あなたは今までの食事には、十分注意してきたと思います。

お肌にはタンパク質が大事ですよね。

  • 脂身の少ない肉、納豆、魚、プロテインを摂るようにする
  • 野菜もしっかり食べる

これは基本ですね。

そこでおやつは、
アーモンド、くるみといったナッツ類に変えましょう。

油もカロリーもたっぷりです。

「ナッツはいいって、どこかで聞いたことあるけど実際どうなの?」

色んな情報がありますよね。

  • ビタミンB群やビタミンE、体にいい油が豊富。
  • ダイエットや美肌効果もあり脂性が改善する

こんな情報もあれば、

  • 油の多い食品だから控えるべき
  • カロリーが高すぎて話にならない
  • そもそも肌をきれいにしたいのにおやつを食べるのはどうなの?

という情報もあります。

本当のところどうなのでしょうか?

大丈夫なんです。


美人はカバンやデスクにくるみを忍ばせている

私の職場に、非常にきれいな肌の方がいらっしゃいます。

決して、とんでもなく美人、というわけでは無いのですが(失礼)
さすがと思ったことがあります。

それはデスクの中にくるみが入っていたこと。

かばんにも入る小さなビンです。

「くるみなんて食べてるんですね」と話しかけたら

「外出先とか、小腹が空いた時にいつでも食べられるように携帯しているんです」とのこと。

うーーむ、と感心してしまいました。

ナッツは、加工されたお菓子より健康的。太りません。

もう一度言います。太りません。(適量なら。100gは食べすぎ)

それだけでなく、ちゃんとお肌のことを考えているんだなと思いました。

良質な油(不飽和脂肪酸)が含まれてるナッツ。

そのなかでも、最も望ましいオメガ3油の含有量が群を抜いて高いナッツ。

それが「くるみ」なのです。

オメガ3の油は、ほかにもエゴマ油などのオイルやお魚にも含まれています。

でも、「オイルやお刺身を持ち歩く」わけにいきませんよね笑

しかしくるみであればおやつにぴったりです。

ナッツ類は、魚やオイルに比べ、酸化しにくい油。

魚やオイルは冷蔵庫保管は必須。
しかし、ナッツは、オフィスの机に常温で入れておいても全然大丈夫。

お仕事中って、
ストレスもたまりますし
肉体的にも疲れますよね。

そんな時に「甘いお菓子や砂糖たっぷりのコーヒー」を飲むと、最悪です。

ナッツなら、お肌にダメージを与えずに、手軽に栄養補給できます。


   

30kg痩せたい

ナッツで肌荒れする? それは悪い油のローストが原因かも

「ナッツを食べるとニキビができる」

と、こんな体験をされた方もいらっしゃるかもしれません。

でもそれは、たいていの場合、
ナッツそのもののせいではないのです。

ナッツは、たいていローストされますよね。

そのとき、大量生産で質のよくない油でローストされることが多いです。

その悪い油でのローストが、ニキビのトラブルの真犯人だったりするのです。

なので、ナッツを購入される際は、原材料の表示をよく読んでください。

  • パッケージのどこかに「無添加」と書かれているもの
  • 原材料に「塩・砂糖・植物油脂」などと書かれていないもの

これは絶対です。

原材料には単に
「くるみ(アメリカ産)」などとだけ書かれているものを選びましょう。

添加物入りの味付けナッツを避ければ、
くるみはニキビなどの肌トラブルを整えてくれます。

スポンサードリンク

まとめ

「脂性肌の肌荒れが全然治らない」と悩むあなたに

「普段のおやつをナッツに変えるだけで、肌の調子はどんどん良くなります」
というお話をご紹介いたしました。

選び方のポイントをもう1度。

  • パッケージのどこかに「無添加」と書かれているもの
  • 原材料に「塩・砂糖・植物油脂」などと書かれていないもの

生魚をあまり食べないアメリカ。
古くからくるみは「良質な油を取れる健康食品」として注目されています。

くるみをはじめナッツは、何もそのまま食べるだけじゃありません。

砕いてサラダなどに入れたり、いろんな料理で使えます。

くるみ入りのパンなんてありますね。

消化しにくい小麦による炎症を防ぐ、素晴らしいアイデアです。

日本でも山沿いの地域の郷土料理には、くるみが使われていますよね。

じつは、栗もオメガ3が豊富です。

クリは秋が旬ですから、夏の疲れを癒すことができます。

ただし、くりは糖質は若干高いので、食べ過ぎには注意してください。

ナッツ生活、はじめてみてくださいね。

この記事が載ったのも悩みの少しでもお役に立てれば幸いです♪

   

1000円で1ヶ月ダイエットしませんか?

1週間で3kg痩せたいあなたは、以下の2記事をご覧ください♪