【50キロの壁】2カ月体重が停滞中「あと3キロ」落とす5つの方法!


スポンサードリンク


あなたは「あと3キロ痩せたいのに50キロの壁が切れない」と悩んでいませんか?

  • 160センチ、50キロあと3キロ痩せたいけどここから2カ月間減らない
  • 毎日運動もしているし、糖質制限の食事をしている
  • 周りからはもう痩せる必要ないでしょ、充分痩せたと言われるけど、美容体重まで行きたい

ダイエットが順調に進んでいて何よりです。

あと少しだけ痩せたい。
けれども、その「あと少し」が落とせない。

もどかしいですよね。

それでも、2カ月間も体重が変わらないのに、
ダイエットに挫折しないで続けられている。

これは本当に素晴らしいことだと思います。

大抵の方は2カ月間微動だにしなければモチベーションも下がります。
辞めてしまいますよ。

  • もう少しお腹やお尻を一回り小さくしたい。
  • 頑張ってるのに方法が悪いのかな?

こんな風に不安に思いますよね。

でも大丈夫です。
もうゴールはすぐ目の前にあります。

停滞期を突破する、最後のきっかけ。

この扉を開ける5つの方法をご紹介します。

  • 痩せて夏を楽しみたい
  • 成人式・結婚式に向けて、美しいプロポーションになりたい

理想の体にあと少し。ぜひ応援させてください。

スポンサードリンク

方法1 体重が停滞する時期を知ろう

体重がなかなか減らない時期。

ダイエットを続けている方なら必ず経験しますよね。

「今は停滞している時期なのかもしれない。」

こう考えることは大切です。

実際その通りですし、メンタル的にも楽になるでしょう。

そして停滞期を乗り切るコツは「今までの生活を変えないこと」

これに尽きますね。

「停滞期というのはいつ来るの?」

これは大きく言って2つ考えられます。

まず1つ。

「体重がダイエット前から5パーセント程度減ったあたり」です。

例えば体重60キロの方であれば、3キロですね。ここで停滞期が来ます。

それが2週間から1ヶ月くらい続いたあと、再び体重が落ちます。

57キロの5パーセント・・・大体3キロですね。

こんなふうに「5パーセント減っては停滞する」というのを繰り返します。

なので、ちょこちょこと「停滞期と減少期」を繰り返しながらダイエットは進んでいきます。


停滞期のもう1つは、女性に特有のものです。

生理前の2週間。
体重が減りにくく増えやすい時期に当たります。

これは月経に伴う女性ホルモンの変化が理由です。

これは女性であれば誰しも経験していますよね。

この生理前は減らないものです。
ですから、現状維持を心がければそれで十分。

無理に減らそうとすると、体に負担をかけてしまいがちです。

例えば

  • カロリーを極端に少なくする
  • もともと体調がすぐれないのに雨の日・風の日もウォーキング

停滞期に減らそうとするとつい無理をしてしまいます。

それが原因で、体調を崩してしまうこともありますよ。

繰り返しになりますが

「体重が停滞する時期はとにかく焦らないこと。」

これが大切です。


方法その2 摂取カロリーが不足しすぎると脂肪が燃焼しにくい体になる

食事方法に問題はありませんか?

ダイエットの食事法には、大きく言って

  • カロリー制限食
  • 糖質制限食

この2種類があります。

このサイトでは圧倒的に糖質制限の食事をお勧めしています。

なぜなら、カロリーは減らしすぎると体に様々な悪影響を及ぼすからです。

体調不良はもちろんのこと

  • 油抜きの食事をするので、肌荒れ・女性ホルモンの乱れ
  • タンパク質も少ないので、筋肉が鍛えられない、減少する
  • カロリー(熱量)が少ないので、脂肪が燃焼しにくい

などといったデメリットがあります。

一方、糖質制限の食事。
糖質を抑えすぎても、デメリットがほとんど生じません。

糖質制限食は、「どれくらい糖質を制限するか?」という程度の問題があります。

ダイエット目的であれば、1日あたり130グラム程度の「ゆるい制限」で十分です。

糖質制限食の方が、体にとってははるかに無理がなくありません。

しかもカロリーを十分に摂取できます。

2,000キロカロリーくらいは食べても全然大丈夫です。
太りません。


実はですね、モチベーションの高い方にありがちなことをご紹介します。
「糖質制限とカロリー制限を組み合わせるケース」をよく見かけます。

ちょっと一例をあげてみましょう。

ダイエットの食事の心がけ。

  • 糖質制限+1日1,200カロリーに抑える。
  • 夕食はプロテインとサラダ
  • ジムは週に3回行ってホットヨガも中二にかい週2回
  • 大好きなお酒も我慢している

非常にダイエット意識が高い方ですよね。

しかし糖質制限+カロリー制限というのは、さすがにやり過ぎです。

これではほとんど食べるものがありません。

実際夕食はプロテインと野菜だけになっていますよね。

「食事制限をやりすぎると、ダイエットがうまくいかなくなる」

このくらいに考えておくのが良いでしょう。

  • カロリーは脂肪燃焼させるために2,000キロカロリー摂取して良い。
  • 運動する時ほどカロリーを取る。
  • カロリー源は糖質ではなくタンパク質や脂質にする

この3つを意識した食生活送ってみてください。


方法その3 体調が良ければ現在の体重がベスト体重なのかもしれない

2カ月間体重が減らない。

このような場合は、そこがあなたのベスト体重かもしれません。

でもこれは「あなたがその体重で体調が非常に良い場合」です。

その体重で、体調が思わしくない状況が続く。
それなら、痩せすぎという可能性もあります。
(BMI22以上なら、まだ体重を落とせる余地はあります。)

カロリー制限のダイエットでは、
体重はどんどん減っていってしまいます。

反対に、糖質制限の食事法はカロリーを十分に取っています。
痩せすぎることはありません。

あなたにとってベストな体重で落ち着くことが非常に多いです。

そのため、ダイエット方法としては非常に「安心安全な食事法」。
そのように、当サイトでは考えています。

もしあなたが体調が良くて、52キロで非常に安定しているとすれば、

それ以上のダイエットは、「ちょっと無理をしなければならない」かもしれません。


ベスト体重というのは、年齢や季節や、時期によっても変わります。

「今が私のとりあえずのベスト体重なのかな」

このように悟ってしまうのも1つの手です。

  • 良い意味で諦めてしまうか
  • さらなる努力を続けるか

これはあなたの選択次第です。


方法その4 あまりに大量のタンパク質摂取は体に負担をかける

ダイエットの食事。
タンパク質をたくさん食べましょう、とよく言われますよね。

プロテインダイエットというのも流行っています。

ただしタンパク質というのは、たくさんとれば良いというものではありません。

これは野菜の場合ですと、いくら食べても食べ過ぎはありません。

しかしタンパク質・糖質・脂質といった栄養素は、
食べ過ぎということが普通に起こります。

ある一定のラインを超えると、体もその栄養素を吸収できないんですね。

あるいは吸収しても余らせてしまって、
体に悪さや負担をかけてしまうという状況です。

タンパク質というのは「自分の体重×1グラムから2グラム」程度が望ましい摂取量です。

50キロの方であれば、1日に摂取するタンパク質の量は、最大でも100グラム以内ということです。

これ以上摂取しても、体にとっていいことはありません。

また1食あたりの摂取量の限度も考えてください。

  • 焼肉食べ放題に行って、タンパク質を100グラム食べよう

こんなふうに考えても、
1食あたりお肉を300グラム以上食べるメリットは特にありません。

200グラム程度で充分です。(一般的には100グラムから150グラムでオーケー)


また、夕食をプロテインだけで済ませるなどというのは、少々バランスの悪い食事です。

タンパク質に極端に偏ることなく、
脂質やビタミンミネラルもしっかり摂取するようにしましょう。


   

30kg痩せたい

方法その5 香味野菜や香辛料を加えた料理で体温を上げる

ダイエットでエクササイズをがんばっているあなたほど、食事にも気を付けなければなりません。

エクササイズの効率を高めるためには、「体を温めること」を意識してみましょう。

色の濃い葉物野菜や、辛みのあるスパイス。
体を温めるのに非常に効果的です。

体を温め、血の巡りを良くすれば、体内の循環器の・代謝機能を高めてくれます。

代謝機能が高まれば、必然的にエクササイズの効果も高まってきますよね。

なので、

  • 体を冷やさないこと
  • 体を温める食べ物を食べること

この2つを意識してみてください。

(関連記事)身体を温める食材とは?

スポンサードリンク

まとめ

「50キロの壁が切れずに2ヶ月停滞している」と悩むあなたに

「あと3キロ痩せるための5つの方法」についてご紹介しました。

もう一度まとめると以下の通りです。

  • ダイエットの停滞期は今までの生活を変えず、淡々と続けることが最大の秘訣
  • カロリーが不足しすぎると脂肪が燃焼しにくい体になる
  • 止まっている体重で、体調が安定しているならその体重が今のあなたのベスト
  • あまりに大量のたんぱく質の摂取はからだに負担をかけるだけ
  • 香味野菜・薬味・香辛料を使って、体を温めて代謝アップ

以上のような内容でした。

ここまでダイエットが順調に進んできたあなたです。
あとほんのもうひと頑張りだと思います。

体も心も辛い時期かもしれませんが、
ぜひ無理せずダイエットを楽しむようにしてみてくださいね。

この記事があなたの悩みの少しでもお役に立てば幸いです♪

   

1000円で1ヶ月ダイエットしませんか?

1週間で3kg痩せたいあなたは、以下の2記事をご覧ください♪