【ダイエットのモチベがすぐ下がる】成功者だけが実践する「自分を許す方法」


スポンサードリンク


あなたは「なかなかダイエットが成功できない」と悩んでいませんか?

ダイエットに失敗しやすい人の特徴を
13個、まとめてみました。

以下に掲げる特徴にあてはまるほど、要注意です。

あなたがいくつ当てはまりますか?
ちょっと数えてみてください。

スポンサードリンク

ダイエットに失敗しやすい人の特徴

以下の12個です。

  1. 行動するより、考えたり悩む時間が長い
  2. 言い訳をいつも用意している
  3. 「いつか痩せるだろう」と思っている
  4. 積極性がなく受け身でいる
  5. いつも「ダイエットがしたい」と言っている
  6. スタイルがいい人を「つくりが違う」と思っている
  7. 期限ギリギリまで行動しない
  8. 自分への評価が甘い
  9. 激しい運動して飽きる
  10. 流行っているものに飛びつき飽きる
  11. ケチで食事などへの投資を惜しむ
  12. 極端なダイエットをする
  13. ダイエットの具体的な目標がない

あなたはいくつ当てはまりましたか?

1つでも当てはまったのならば、
今後はそれを「改善する」ことに少し意識してみてください。

「考え方を変えること」は、
些細なことのようですが、なかなか重要です。

もちろん考え方を痩せただけでは、
物理的には1キロも減りませんよね。

それに、「考え方を変える」なんて、一朝一夕ではできません。
今までの行動や思考で、あなたが作られているのですからね。


   

30kg痩せたい

13の特徴の中で、一番まずい箇所は?

この中で一番重要で、
「当てはまった人は、ぜひ変えて欲しい」ところがあります。

それは「言い訳をすること」。

言い訳をしてしまうと、どんどんやる気がなくなっていきます。

言い訳とは「自分が悪くないこと」を説明するものですよね。
いわば自己正当化です。

やらないことに対して

  • 自分は悪くない
  • 自分は正しい

こんなふうに考えていては
どんどんやる気がなくなるのは、明々白々。

ダイエットのやる気がある人は「やり方」を考えます。
一方でやる気がない人は「言い訳」を考えるのです。

  • 時間がないからできなかった
  • 友人の誘いを断れなかったから
  • 習慣がまだできていないから

もちろんできないときもあります。
誘惑に負ける時もあります。

それはいいのです。大いに負けましょう。
「完璧主義はむしろ邪魔」ですらあります。

サボることそれ自体がいけないわけではないのです。

  • 自分は誘惑に負けた
  • 自分はこの日はダイエットができなかった。
  • サボってしまった。

こうしたことを言い訳せずに「今日は失敗」と受け入れること。

そしてそんな日が連日続くようであれば、
「別のやり方を考えること」「うまくできる方法を探すこと」。

このような考え方が重要なのです。

言い訳をしていては、別のやり方を探すことはできません。

うまくいかなければ、やり方を変えてもいいのです。

「うまくいかないことを発見した。1歩前進」
と、超ポジティブに考えましょう。

スポンサードリンク

まとめ ダメな私なら、いっそ種田山頭火になろう

「ダイエットがうまくいかない人の13の特徴」
について、ご紹介しました。

たとえ、10個当てはまっていても、まだ大丈夫。

いや、むしろ、当てはまっていると気づいただけでも、
大きな前進です。

そして、言い訳はしないでください、とお願いしました。

「自分はダメな特徴に当てはまっている」
と気が付いたら、

言い訳しないで、受け入れましょう。


ちなみに余談ですが、種田山頭火という俳人がいます。
自由律俳句といって、「5・7・5」にとらわれない俳句を作った人です。

この人は、もう酒飲みの乞食で、はっきり言ってクズでした。
そんな山頭火が作った俳句に、こんな一句があります。

「どうしようもない私が歩いている」

「どうしようもない私」を受け入れることで、
もしかしたら楽になるかもしれません。

「どうしようもない私がダイエットをしている」
と、ダメな自分をゆるしてあげましょう。

そうすれば、

  • 「自分にとって無理のないダイエット方法」
  • 「自分が継続できる工夫」

も考えられるようになれるかもしれません。

あなたのダイエットのモチベーションが少しでも高まってくだされば幸いです。

(関連記事)【前向き思考になる方法は?】ダイエットに成功する人に共通する9つの特徴

   

1000円で1ヶ月ダイエットしませんか?

1週間で3kg痩せたいあなたは、以下の2記事をご覧ください♪