【二の腕痩せが全くできない】部分痩せ上手くいかないあなたがモチベーションを取り戻すには?


スポンサードリンク


あなたは「お腹周り」が気になっていませんか?

おなかまわりのたるみや脂肪は本当に悩みの種ですよね。

どんな格好をしても似合わないようにも思えちゃいます。

お腹周りが気になる人はとても多い。

「お腹周りの脂肪が減りにくい!」

こう思うかもしれませんが、実は違います。

おなかまわりの脂肪は、

身体のどんな部分よりも「先に」落ちていきます。

あなたの一番やせたい部分が「おなか」であれば、

ダイエットに取り組まない理由はありません。

二の腕や太もも、おしりよりも簡単に落とすことができますよ。

一方、あなたがこんな悩みをお持ちであったら?

「太もも痩せしたい!」
「二の腕の振袖をどうにかしたい!」
「ハリのあるお尻を取り戻したい!」

いわゆる「部分痩せ」ですね。

これも可能です。

でも、部分痩せするためには「ある条件」があります。

それについても書きましたので、よかったらご覧くださいね。

スポンサードリンク

おなか周りor二の腕、どちらが痩せやすい?

「おなかまわり」は身体で一番やせやすい部分。

脂肪が減るのは「内臓脂肪→皮下脂肪」の順番なのです。

なので、お腹の方が二の腕より先に落ちます。

ダイエットが順調に進んでいくと、脂肪は減っていきます。

この減る順番は、内臓脂肪が優先。
そしてお腹周りの贅肉は、ほぼ内臓脂肪です。

つまりお腹周りの内臓脂肪。
これは「二の腕」や「太もも」などの
皮下脂肪よりも先に落ちていきます。

「部分痩せ」は可能なの?

いわゆる「部分痩せダイエット」。

これまで本当に様々なエクササイズが開発されてきました。

これは効果があるんだからないのだか、わかりませんよね。

「実際部分痩せはできるの?」

誰もが疑問に思うことです。

これは、部分痩せはできる!
というのが本当のところです。

しかしそれには条件があるのです。

   

30kg痩せたい

部分痩せの前には全体的なダイエットが待っている

内臓脂肪が落ちなければ皮下脂肪は落ちません。
体はこのような仕組みになっています。

人間の体は、ほんとによくできているもので

「溜まってしまうと害を及ぼす脂肪」

このような脂肪から先に落ちるようになっています。

内臓脂肪と皮下脂肪のどちらが害が大きいか?

害があるのは、内臓脂肪ですよね。

特に肝臓の脂肪。

肝臓は中性脂肪の倉庫です。

糖質をとりすぎて、余ったブドウ糖が、肝臓に貯蓄されます。
しかも肝臓は超重要です。

ここに脂肪がたまりすぎて働きが弱ると、2型糖尿病一直線です。

そのため肝臓の脂肪は、最も最初に落ちていく部位です。

スポンサードリンク

まとめ 部分痩せダイエットは根気が必要

内臓脂肪のほうが皮下脂肪よりも優先して落ちる

という内容をお伝えしました。

あなたの悩みが「おなかまわりのぜい肉を落としたい!」

ということであれば、

糖質を制限し、
日常でちょこちょこ身体を動かすことを心がければ、

速やかに体重が落ちていき、おなかも「締まって」きます。

しかしあなたが

「太もも痩せしたい!」
「二の腕の振袖をどうにかしたい!」
「ハリのあるお尻を取り戻したい!」

という悩みをお持ちなら、

まずは内臓脂肪を落とさなければなりません。

おなかまわり・内臓脂肪を放置したまま
部分痩せすることは、できません。

つまり「部分痩せはダイエット」「部分痩せエクササイズ」は

「2週間~1ヶ月」試したところで効果は出ないのです。

↑ここ↑は非常に重要なところです。ぜひ心にとどめてください。

1か月試したのに何にも変わらない。
100人いたら95人はここで挫折します。

  • やっても全然変わらない。
  • こんなエクササイズ意味がない。

誰でもそう思いますよね。
しかし、「ダイエット初期」に効果があるのは「お腹周り」だけなのです。

まず内臓脂肪が十分に落ちてから、
初めて皮下脂肪が落ちていくのです。

部分やせダイエットやエクササイズは即効性を期待してはいけません。
あせらずじっくりと取り組んでいきましょう。

   

ダイエットに挫折しかけてるあなたに朗報!

↓誰でも超簡単に痩せられます↓