食べなさすぎは逆に太る!1日1500kcal以上でダイエットは成功する!




あなたは「カロリー摂取量」について悩んでいませんか?

  • ダイエットのためにカロリーを制限している
  • カロリー計算がめんどくさい
  • どこまでカロリーを摂取していいか、よくわからない
  • 私に必要なカロリーは1日いくらなの?

カロリー制限のダイエットは、
いろいろと面倒なことや大変なことが多い。

ぶっちゃけると私、カロリー計算で挫折しました。

カロリー制限は難しすぎ!

まず食品ごとのカロリーを把握しないといけません。
最近はカメラにとればカロリーが表示されるようなアプリもありますが
毎食毎食バシャバシャ撮るのも、できない時もあるし、面倒。

しかし、それよりも何よりも、
もっとも心配な事は、カロリー不足です。

抑えようと思うとついつい低くなりすぎてしまう

こういうあなたは要注意。

カロリー不足が栄養不足を招きます。
栄養不足になると体重は落ちますが、同時に不健康になります。

でも大丈夫。

食事内容をちゃんと考えれば、

  • 1,500 Kcalでも太る食べ方もあれば
  • 3,000 Kcalでも太らない食べ方もあります

私は1日2500kcalは食べてますけど(もう計算してません)
BMI18.5をキープできるようになりました。

食べて痩せるための秘訣を先に紹介すると

お肉・お魚・青汁を毎日食べれば痩せる

と思っています。

ダイエットとカロリーの考え方を見直しましょう。

カロリー計算しないで面白いほど痩せる方法をご紹介します。

カロリー計算こそ「ダイエット挫折の元凶」

いきなり衝撃的なことを言います。

カロリー計算やってるから、痩せないんです。

カロリー制限ダイエット大失敗してる人の特徴

・顔色が悪い
・肌荒れがひどい
・体重が落ちたのに脂肪がぽっこり

こんな最低の痩せ方をする可能性さえあります。

あなたは「1日何キロカロリー」食べていますか?

カロリー制限ダイエットをする人は、
日々の摂取カロリーを1,500キロカロリー以下にする方が多いです。

しかしこれでは少なすぎる!

↑みたいな大失敗になってしまいます。

私は、ただでさえ「チビ・デブ・ブスの三重苦」でした。
なのに「肌汚い」まで付きました。

ひたすらキモイ人間に成り果てていく自分。

そして、ダイエット方法を変えました。

「栄養たっぷり摂って痩せよう!」と意識しました。

食べて痩せるダイエットをした結果三重苦から、少なくともデブは取れた
「汚い肌」から脱出!
現在は1日2500kcalは食べてる。
それでもBMI18.5前後をキープしている

カロリー計算に疲れた私は、

「挫折する理由がない・楽勝なダイエット」を徹底的に探したんです。

それは、私にとっては「青汁を飲むこと」でした。

青汁飲むだけで、ダイエットに成功できたのです。

そのエピソード、詳しくはこちらで紹介しました。
よかったらご覧ください。

【青汁のダイエット効果は本物】今度こそ痩せたいあなたに!驚きの体験を語ります


私のおすすめ青汁は「すっきりフルーツ青汁」です。

同じカロリーでも「痩せやすい」「痩せにくい」がある

ここからは、カロリーとダイエットについて
もう少し考えていきましょう。

人間は毎日エネルギーを消費しますよね。
そのエネルギーにも色々あって、

中性脂肪として蓄積されやすいエネルギー
体内に蓄積されずに排出されやすいエネルギー

があります。

ポイント

エネルギー消費の内訳は
「基礎代謝」と「活動代謝」に分かれます。

基礎代謝のほうは
何もしていなくても勝手に消費されるエネルギー量。

活動代謝のほうは
歩いたり走ったり日常のあらゆる動作です。
ちょっとした動作で活動代謝がどんどん蓄積されていきます。

私たちが1日に消費するカロリーの総量は
この基礎代謝と活動代謝を合わせたものです。

1日の総消費エネルギー量を超えない食事をする

↑これがカロリー制限ですよね。

確かにこれなら「食べたものが脂肪として蓄積される」ことはありません。
すべてその日の活動で消費されるからです。

反対に言い換えれば、

代謝できるエネルギー以上の過剰なエネルギーを摂取し続けると、痩せません。
脂肪が蓄えられて、体重が増えてしまうことになります。

摂取カロリー > 消費カロリー = 太る
摂取カロリー < 消費カロリー = 痩せる

ただし、カロリーにも種類があります。

カロリー源は三大栄養素

  • 炭水化物=糖質
  • たんぱく質
  • 脂質
超重要なポイント糖質は中性脂肪として蓄積されやすいエネルギー。
良質な脂質は、体内に蓄積されにくいエネルギー。

という特徴があります。

したがってカロリー数値を絶対的な基準として見るのではなく

同じカロリーであっても「何を食べるか」という
食事内容の方にこそ気を使うべきです。

そういう意味で当サイトでは
カロリー制限ダイエットよりも
糖質制限ダイエットを推奨する立場です。


どれだけ運動しても、お茶碗1杯250kcalで終わり

運動すれば、摂取カロリーを増やせる。

これはちょっと違います。

確かに食べていいかは、どれだけエネルギーを消費するかによる。

でも、運動によるカロリー消費は、微々たるもの。

運動などの「活動代謝」よりも、基礎代謝の方が消費エネルギーが多いです。
これは勘違いしがちですが、活動代謝は全体の消費量のおよそ3割に過ぎません。

体重をこれ以上増やしたくないのなら、
カロリー消費の運動をするよりも
基礎代謝を上げる食事を意識することが重要です。

基礎代謝を上げる食事は、こちらでめちゃくちゃ詳しく紹介しました。

食事も運動も頑張っているのに痩せないあなたが本気で基礎代謝を上げる3つの方法

とはいえ、運動は非常に重要です。
激しい運動をする必要はありません。

こまめな運動が大事ちょっとした運動を蓄積して消費エネルギーを増やす
座っている時間が多いと、平熱が下がって基礎代謝がダウンする
こまめに席を立つ。わざと階段を使う。

ちょっと階段を歩くだけで5キロカロリー程度は消費されます。
これを10回20回と繰り返せば、50~100キロカロリーと蓄積されます。

このちょっとした積み重ねが、

体に対して無理もかけず、
余計な時間を作ることもなく、

効率的に活動代謝を上げられるポイントです。


カロリー制限するなら最低でも消費エネルギーの90%食べる

カロリー制限で痩せる!
カロリー計算が楽しい!

そんなあなたは、ぜひ続けてください。

なんか色々言いましたけど、
ぶっちゃけ私がカロリー計算できなかっただけ。

カロリー制限ダイエットを楽しくできる人は、続けていって良いと思います。

ダイエット方法はたくさんありますからね!

でも、やっぱり栄養不足に気を付けてほしい。

人間の標準的な総消費エネルギーをご存知でしょうか?
標準的な30代から40代の女性の総消費エネルギーは1日およそ「2,000キロカロリー前後」です。

したがって、カロリー制限で体重を減らすのであれば
2,000キロカロリーを下回る食事制限をすることになります。

「ではどれくらい減らすか?」

ここがポイントです。

結論から言うと減らしていいのは「1割」です。

要するに摂取できるエネルギーは1日に消費するエネルギーの9割です。

すなわち2,000キロカロリーであれば、1,800キロカロリーは摂取しましょう。
この残りの足りない不足分の200キロカロリーが、体内に貯蔵したエネルギーを消費するのです。

これが痩せるメカニズムです。

食べていいのは使うエネルギー90パーセント
足りない10パーセントは貯蓄したエネルギーを使う

これ以上減らすと栄養不足の危険性があります。

カロリー制限ダイエットをするなら、すぐにやせたいと思ってはいけません。

カロリーを制限しながらすぐにやせたいと思ったら、
摂取カロリーをどんどん減らすしかありませんよね。

それはとても危険なことだと個人的には考えています。


ダイエット成功の秘訣は主食を食べないこと

これがカロリー制限成功の秘訣です。

主食をとらず、「たんぱく質」と「あぶら」でカロリーを補う。

カロリー制限ダイエットにおいて
1日のうちに摂取すべきカロリー量は1,800 Kcalだとご紹介しました。

ただ栄養学の知識がない人や、カロリー計算が面倒くさい人は注意が必要です。

1日の食事全てのカロリーを把握して
食べる量をコントロールするのは、
とても難しいし面倒です。

なので「ご飯とパンを食べないという簡単なルール」を守りましょう。

ご飯とパンさえ食べなければ、
現在の摂取エネルギーのおよそ3割から4割がカットされます。

そして足りない分はおかずを増やして補いましょう。
(ちょっと糖質制限ダイエットに近づいてきます)

この食生活で体重が減っていけば、
摂取カロリーをカットできている証拠になります。

この点で「毎日体重を計って記録する」ことも重要になります。
体重の記録をする癖がつないと、

  • 今やっているダイエットが正しい方向なのか?
  • これを続けていけばダイエットが成功するのか?

ということがさっぱりわからなくなります。

スポンサードリンク

まとめ

ポイント

  1. 1500kcal以下の食事だと、ダイエットには大失敗する!
  2. 同じカロリーでも「糖質は太る」「たんぱく質・脂質」は太りにくい
  3. カロリー計算できない人は「青汁」と「お肉・お魚」を毎日食べよう
  4. 1800kcalを「たんぱく質と脂質」で補うのが成功のコツ
  5. 続かないあなたは「青汁」をおすすめします

ダイエット方法は多種多様です。
あなたに合ったダイエット方法が見つかるのが1番!

ぜひ、「楽しく続けられるダイエット」を見つけてくださいね(^^♪

30歳になる前に絶対に知るべきダイエット方法とは?

よく読まれている関連記事

ラクしてダイエットできる知識って?



ダイエットに挫折ばかりしてるなら・・・。

マイナス30kg痩せる! 劇的ビフォーアフター

「ダイエットの楽園」では、80kg超のアラサー女子が30kg痩せた方法を公開しています!

【体験談】30kgダイエットできた強い味方はフルーツ青汁でした

その他のおすすめ記事はこちらです♪

挫折知らずの青汁ダイエット!
  1. わずか2週間でマイナス〇kg!!⇒【実践記】フルーツ青汁の効果的な飲み方を紹介!
  2. 挫折ばかりしてるなら⇒【体験談】どうして青汁を飲むとダイエットが驚くほど楽になるの?
  3. おすすめの青汁はあるの?⇒厳選フルーツ青汁!2017年最強の3種類をレビュー!