食べなさすぎは逆に太る!1日1500kcal以上でダイエットは成功する!




あなたは「カロリー摂取量」について悩んでいませんか?

  • ダイエットのためにカロリーを制限している
  • カロリー計算がめんどくさい
  • どこまでカロリーを摂取していいか、よくわからない
  • 私に必要なカロリーは1日いくらなの?

カロリー制限のダイエットは、
いろいろと面倒なことや大変なことが多いですよね。

まず食品ごとのカロリーを把握しないといけません。
最近はカメラにとればカロリーが表示されるようなアプリもありますが
毎食毎食バシャバシャ撮るのも、難しい人には難しいかもしれません。


しかし、それよりも何よりも、
もっとも心配な事は、カロリー不足です。

  • 抑えようと思うとついつい低くなりすぎてしまう

こういうあなたは要注意。

カロリー不足が栄養不足を招きます。
栄養不足になると体重は落ちるかもしれませんが
同時に不健康になります。

  • 顔色が悪い
  • 肌荒れがひどい
  • 体重が落ちたのに脂肪がぽっこり

こんな最低の痩せ方をする可能性さえあります。

カロリー制限ダイエットをする人は、
日々の摂取カロリーを1,500キロカロリー以下にする方が多いです。

しかしこれでは少なすぎる!

食事内容によっては、
1,500 Kcalでも太る食べ方もあれば
3,000 Kcalでも太らない食べ方もあります

この記事では
「あなたにとって最適な摂取カロリーをみつけるためのヒント」
をご紹介します。

スポンサードリンク

カロリー制限ダイエットの考え方

人間は毎日エネルギーを消費しますよね。

エネルギー消費の内訳は基礎代謝と活動代謝に分かれます。

基礎代謝のほうは
何もしていなくても勝手に消費されるエネルギー量。

活動代謝のほうは
歩いたり走ったり日常のあらゆる動作です。
ちょっとした動作で活動代謝がどんどん蓄積されていきます。

私たちが1日に消費するカロリーの総量は
この基礎代謝と活動代謝を合わせたものです。

1日の総消費エネルギー量を超えない食事をすれば、
食べたものが脂肪として蓄積されることはありません。
すべてその日の活動で消費されるからです。

これがカロリー制限ダイエットの基本的な考え方ですよね。

言い換えれば、代謝できるエネルギー以上の過剰なエネルギーを摂取し続けると、痩せません。
それどころか脂肪が蓄えられて体重が増えてしまうことになります。

ただし厳密に言えば

  • 中性脂肪として蓄積されやすいエネルギー
  • 体内に蓄積されずに排出されやすいエネルギー

があります。

糖質は中性脂肪として蓄積されやすいエネルギーであり
良質な脂質は、体内に蓄積されにくいエネルギーである。
という特徴があります。

したがってカロリー数値を絶対的な基準として見るのではなく
同じカロリーであっても何を食べるかという
食事内容の方にこそ気を使うべきです。

そういう意味で当サイトでは
カロリー制限ダイエットよりも
糖質制限ダイエットを推奨する立場です。


どれだけ食べていいかは、どれだけエネルギーを消費するかによる

基礎代謝よりも活動代謝の方が消費エネルギーが多いです。
これは勘違いしがちですが、活動代謝は全体の消費量のおよそ3割に過ぎません。

体重をこれ以上増やしたくないのなら、
カロリー消費の運動をするよりも
基礎代謝を上げる食事を意識することが重要です。

とは言え活動代謝も重要です。
激しい運動をする必要はありません。
しかし、ちょっとした運動を蓄積して活動消費エネルギーを上げていくことは大切です。

ちょっと階段を歩くだけで5キロカロリー程度は消費されます。
これを10回20回と繰り返せば、50キロカロリー100キロカロリーと蓄積されます。

このちょっとした積み重ねが、体に対して無理もかけず、
余計な時間を作ることもなく、効率的に活動代謝を上げられるポイントです。


食べていいのは使うエネルギーの90%

さて、人間の標準的な総消費エネルギーをご存知でしょうか?
標準的な30代から40代の女性の総消費エネルギーは1日およそ「2,000キロカロリー前後」です。

従ってカロリー制限で体重を減らすのであれば
2,000キロカロリーを下回る食事制限をすることになります。

「ではどれくらい減らすか?」

ここがポイントです。

結論から言うと減らしていいのは「1割」です。

要するに摂取できるエネルギーは1日に消費するエネルギーの9割です。

すなわち2,000キロカロリーであれば、1,800キロカロリーは摂取しましょう。

この残りの足りない不足分の200キロカロリーが、体内に貯蔵したエネルギーを消費するのです。

これが痩せるメカニズムです。

食べていいのは使うエネルギー90パーセント
足りない10パーセントは貯蓄したエネルギーを使う

これ以上減らすと栄養不足の危険性があります。

カロリー制限ダイエットをするなら、すぐにやせたいと思ってはいけません。
カロリーを制限しながらすぐにやせたいと思ったら、
摂取カロリーをどんどん減らすしかありませんよね。

それはとても危険なことだと個人的には考えています。


手っ取り早いのは主食を食べないこと

カロリー制限ダイエットにおいて
1日のうちに摂取すべきカロリー量は1,800 Kcalだとご紹介しました。

ただ栄養学の知識がない人や、カロリー計算が面倒くさい人は注意が必要です。

1日の食事全てのカロリーを把握して
食べる量をコントロールするのは、
とても難しいし面倒です。

なので「ご飯とパンを食べないという簡単なルール」を守りましょう。

ご飯とパンさえ食べなければ、
現在の摂取エネルギーのおよそ3割から4割がカットされます。

そして足りない分はおかずを増やして補いましょう。
(ちょっと糖質制限ダイエットに近づいてきます)

この食生活で体重が減っていけば、
摂取カロリーをカットできている証拠になります。

この点で「毎日体重を計って記録する」ことも重要になります。
体重の記録をする癖がつないと、

  • 今やっているダイエットが正しい方向なのか?
  • これを続けていけばダイエットが成功するのか?

ということがさっぱりわからなくなります。

スポンサードリンク

まとめ

カロリー制限ダイエット行っているあなた。

「自分は何キロカロリー摂取していいかわからない」という悩みに対して
「あなたに最適な摂取カロリーのみつけ方」をご紹介しました。

もう一度結論だけまとめると次の通りです。

  • 最適な摂取カロリーは消費カロリーの9割
  • 成人女性の平均消費カロリーは2,000キロカロリー
  • だから1,800キロカロリーを目安に食事をする
  • 1,800キロカロリーを下回る食事は栄養不足のリスクが
  • カロリー計算が面倒なら、ご飯とパンを抜く
  • 主食を抜く代わりにおかずで補う
  • 毎日体重を計って記録するという習慣は必ずつける

以上のような内容でした。

ダイエット方法は多種多様です。
あなたにあったダイエット方法が見つかるのがいちばん良いです。

カロリー制限ダイエットの方法があなたに合っていると思えば
ぜひ健康に注意しながら、続けてみてください。


今度こそ痩せたいあなたに!
おすすめダイエット方法&記事紹介♪



青汁はダイエットを楽しく続けたい20代女子には最強のツールだと思う

↑ダイエットに完全成功できたのは、青汁のおかげでした。↑

わたしを綺麗にできるのは、わたししかいないのだ!

青汁は毎日の美しく幸せな生活を実現するための「一番手軽で簡単な、最強の飲みもの」です!

「運動も食事制限も続かなくて挫折ばかり……」と悩むあなただって、
ついにダイエットの楽しさに目覚める時です!

ダイエットは「継続」さえできれば成功します。
楽しければ続けられます。
でも「楽しみ」を見つける方法が分からない……。

そんな私がダイエットの楽しさに気づいたきっかけが、青汁でした。
そのエピソードを、ここだけでご紹介します。

おかげさまで「超面白い」と大評判!!


  • 「疑い半分で読んでた。でも普通に面白くて大笑いしました!
  • 「冒頭がすごい。共感しすぎて、ガタガタ震えた。
  • 「おいしい! もっと早く始めたかった!」
  • 「日本人で青汁知らない人、いないですよね。飲んで後悔はしないから、一生に一度は飲んでみて!
  • 「ダイエットって、こんなに楽でよかったんですね!(笑)」

ありがたいお声が続々と届いています。

「やろう!」と思ったその瞬間が、一番のチャンス。
今の気持ち、もう無駄にしないでください。

ダイエットを今度こそ成功させたい方。ぜひご覧ください。