1ヶ月で2キロずつ痩せる方法は?運動不要で食事だけで楽勝ダイエット




あなたが最後に体重計に乗ったのは、いつですか?

  • 体重が増え続けている! 痩せないと!
  • プールやジムに入会したけど続かない
  • 毎日ウォーキングなんかしている時間も体力もない
  • 炭水化物抜きはキツイ……

 

ダイエットって、きついですよね。

ツライこと・楽しくないことは、続きません。

 

仮にお米や麺をひたすら抜いて10kg痩せた、ダイエットに成功したとしましょう。

それで安心して、オムライスやラーメンやかき揚げそばを毎日食べたらどうなるでしょう?

リバウンド間違いなしです。

 

あるいは、リバウンドが怖くて、炭水化物が食べられない。

10kg痩せれば十分なのに、15kg~20kgと痩せていく。

しまいには脂肪だけでなく、筋肉まで無くなってしまう……。

 

無理なダイエットには、こんな反動が出て来る恐れがあります。

体重を減らすうえで大事なことは、

  1. 無理なく安全な方法。
  2. 簡単で分かりやすいルール。
  3. 楽しく継続しやすいメソッド。

この3つの方針が重要です。

 

これら3つの条件を満たしてくれるダイエット方法。

それが「糖質制限食事+酵素」です。

 

<strong><span style=”color: #FF6607;”>私のブログ読者さんで30kg痩せた女性は酵素を飲んでいました!!</span></strong>

<strong><a href=”https://delphoi01.com/surusurukoso” rel=”noopener” target=”_blank”>酵素を飲んだだけで80kgから50kgにダイエットした29歳女性の話</a></strong>

 

ダイエット食を「カロリー」で考えるのは危険すぎる!

ダイエット食の基準を「カロリー」や「脂質」で考えていた方。

色んな食材を組み合わせるから、計算が大変ですよね。

 

カロリーで考えると段々計算が面倒になってきます。

自分で調理するならまだしも、奥さんなどが作っていたら、

よほど協力的でなければ不可能です。

 

だからそのうちこう考えます。

「とりあえず、炭水化物を抜けばいいや」

 

これ、危険なんです。

 

炭水化物は重要なカロリー源。

1日に必要なカロリーって健康な方なら1800~2000kcalです。

糖尿の方でも、1200。高齢者でも健康なら1660~1800は食べています。

 

炭水化物を取らないで、サラダや鶏肉ばっかりの食事は、1日1500kcalも行きません。

下手すると1000kcalくらいの場合もありえます。

 

こうなると、どんどん痩せてはいきますが、病弱になります。

血糖値の低下による貧血。免疫力低下による風邪症状の頻発。

 

  • リミッターが外れて急激にリバウンドする
  • リバウンドが怖くて必要以上に痩せてしまう

こうなる可能性が、なきにしもあらず。

 

「糖質」で考えればわかりやすい!

一方、ダイエット食を「糖質」で考えると、一気に計算が楽になります。

というか、計算は大して必要ではありません。

炭水化物の糖質を大体覚えておけば事足ります。

 

そして、カロリーや脂質は一切気にしなくてよくなります。

むしろ、どちらも必要。

もちろん、いくら気にしないからといって、

中華料理をバクバク食べたり、1日4000kcal食べたりしてはいけませんが(笑)

 

日本人の糖質摂取量は、必要量の2倍。ということは、半分にすればいい

1日に必要な糖質の量は、70g~130gと言われています。

一方で、日本人の平均的な糖質摂取量は、およそ250gという調査が。

およそ2倍です。

 

その糖質の中身とは何でしょうか?

なんの食べ物が糖質を含んでいるのか?

 

それは、主食(炭水化物)です。

  • お米
  • パン
  • そば
  • うどん

このような主食類が、糖質の大部分を占めています。

 

以下の公式は超重要です。

知らなかった方は、絶対に暗記してください(笑)

 

炭水化物=糖質+食物繊維

 

なので、単純に考えれば、糖質摂取量を半分にするには、

「主食(ごはん)の量を半分にする」

ということになります。

 

これだけで「糖質制限ダイエット」ができます。

カロリー基準よりも、はるかに簡単ではありませんか?

 

とりあえず覚えておくべき主食の糖質量

「糖質制限ダイエット」。

1日に必要な糖質量は、最大130gです。

これをオーバーして、1日250gも食べていると、

糖尿・肥満・動脈硬化などといった生活習慣病を引き起こす、原因となるのです。

おそろしいです。

 

では、まずは主食の糖質量を覚えておきましょう。

主食:糖質(Tarzan 714号を参照)

  1. ごはん1杯(160g):55.2g
  2. うどん1玉(200g):41.6g
  3. おそば1玉(200g):43.2g
  4. パン(6枚切の1枚):26.6g

 

いかがでしょう?

  • 「糖質多すぎない?」
  • 「ランチで糖質オーバーしそう……」

結構びっくりですよね。

私も初めてこの数値を見た時、信じられませんでした。

「これなら確かに、1日250g糖質摂取してるかも」と思いました。

 

朝に調子がいい日は、ごはんを納豆や卵かけで2杯食べたりします。

そんな日は、お昼にうどん食べたらもうオーバーです。

 

「糖質を抑えつつ、お腹いっぱい食べる」ための3つのコツ

「糖質制限ダイエット、きついじゃないか!」

「カロリー制限と大して変わらないじゃないか!」

 

こんな意見も出てきそうですが、まだ大丈夫です。

 

以下の3つのコツを覚えておけば、結構たくさん食べられるんですよ。

  1. ご飯や麺類を、パンに変える。
  2. 炭水化物を減らした分は、卵や魚や肉でカバー。
  3. 炭水化物は食事の最後に食べる。

 

その1 パン中心の食事を

1について。

先ほど4つの主食の糖質をご紹介しましたね。

もう1度見てみましょう。

  1. ごはん1杯(160g):55.2g
  2. うどん1玉(200g):41.6g
  3. おそば1玉(200g):43.2g
  4. パン(6枚切の1枚):26.6g

この中で、パンだけは比較的少ないでしょう。

8枚切りならもっと少ないです。

ここに注目して、できるだけ炭水化物はパンで補うようにしましょう。

 

糖質制限するなら、朝はパン食中心になるかもしれません。

 

その2 「たんぱく質」と「脂質」を補給

糖質制限で、単純にご飯を抜いてしまうと、

絶対にお腹がすきます。絶対に足りないと感じます。

 

そうするとキツくて、楽しくなくて、続きません。

ご飯を食べない分は、「たんぱく質」「脂質」を含む食品をたっぷりと食べましょう。

それが卵・おさかな・お肉・乳製品です。

 

大食いの方なら、「ごはん+魚1」の代わりに「ごはん0+魚2」を食べましょう。

じつは「たんぱく質」は、そもそも普通の食事では、必要量に足りていません。

 

「1日で肉と魚を400g程度」食べる。

それでやっと必要な量に届くと言われています。

「胃袋的」にも「お財布袋的」にも、そんなに毎日食べられないとは思います(笑)

しかし、少しでも、ごはんの代わりにゆで卵やチーズで積極的に補っていきましょう。

 

その3  食べ順は「サラダ1番」よりも「ごはん最後」で

これは食べ順ダイエットに近いですね。

食べ順ダイエットでは「サラダを最初に」と言われます。

 

サラダの食物繊維で、消化や吸収を良くする。

そして満腹感もある程度与えることで、自然と食べる量も減る。

こんな理屈でした。

 

「糖質制限ダイエット」では、「ごはんを最後」という風に覚えましょう。

糖質を一気に摂取すると、血糖値が急に上昇します。

そしてすぐにまた急激に下がり、「もっと食べたい」という気持ちになります。

 

これは単に気分の問題ではありません。

糖質には、食欲を増進させる作用があります。

「食べれば食べるほど、ますます食べたくなる」のです。

 

これを防ぐには糖質摂取を「ゆっくり・小分けに」すること。

これで血糖値の急激な上昇を抑え、満腹感を与えてくれます。

 

ご飯を最後に食べることで、すでにある程度、満腹感があるので、

「おかわりしたいな」と思うことも大分なくなるはずです。

 

まとめ 無理しないことが一番大事。少しずつ減らそう。

糖質制限ダイエットをご紹介しました。

ポイントをまとめるとこんな感じです。

 

  • 食事制限は、カロリーよりも糖質を基準に。
  • 糖質のほとんどは炭水化物(主食)に含まれる。
  • 1日に必要な糖質は70g~130g。
  • 私たちは平均して1日に250g摂取している。
  • 単純に言うと、ごはんの量を半分にすればいい。

 

糖質制限のコツは3つ。

  • ごはん・麺類よりも、パン。
  • ごはんを抜いたら「たんぱく質」「脂質」でカバー。
  • 炭水化物は食事の最後に食べる。

 

もしあなたが糖質を気にしてみようと思ったら、

最初は絶対に無理しないでくださいね。

いきなりご飯抜いたらまず続きません。

 

まずは、糖質250gを「200g」にすることを考えましょう。

 

ちょっと例を考えてみました。

 

朝は和食をいつも通り食べる。おかわりはなし。

ランチは「おにぎり」よりも「たまごサンド+ソーセージ」。

おやつは「和菓子」よりも「ヨーグルト」。

夜は、炭水化物はあまり食べずに「お豆腐」など。おかず多めでお肉やお魚を食べる。

 

こんな感じでやってみましょう。

意外に食べられる、と思いませんか?

 

これでかなり糖質カットできています。

場合によってはこれで130g程度になっています。

 

このように、糖質制限食事は、カロリーよりも無理なくできます。

でも、最初はやっぱり大変かと思います。

 

ランチだけ「ヌードルではなくサンドイッチにする」。

など、小さなことから変えていきましょう。

アラサー女が30㎏のダイエットに一発で成功した方法。飲むだけ

突然ですが、あなたはダイエットに取り組んでいて、なかなか体重が減らなくて困っていませんか?

 

いただいたお悩みをご紹介します。

 
ダイエットしているのに、太るのが止められません!
カロリーも減らして、お菓子もジュースも、甘いものは一切口にしてないんです(´;ω;`)
どうしたらいいですか? 私は一生痩せられないんですか?
 

はい、お気持ちよくわかります。私も全く同じでした。

毎日、職場と家の往復。朝は7時の電車に乗って、夜帰りは22時すぎ。

疲れ切って、とてもジョギングやジム通い、プール通いなんてできません。

それでも、ダイエットつづけるために、3食こんな食事をしてました

  1. 「朝ごはんは果物とヨーグルト」
  2. 「お昼は社食でカロリー控えめ」
  3. 「夜は納豆と豆腐」
 

こんな食事でがんばってましたが、全く体重は減りませんでした。
毎日、朝晩と体重計に2回は乗って「お、今日はマイナス1kgだ(∩´∀`)∩」と思ったら、翌朝なぜか体重が増えていました(泣)

「なんでこんなダイエットがんばってるのに、痩せるどころか、太るのが止まらないんだろう?」
と毎日泣きそうでした

 

やばいな私と思って、ネットで痩せる方法調べていたら、「痩せぐせマスター」とかいう変な人に出会ったんです。

彼は「ダイエットなんて簡単。これを飲むだけで、あっという間に理想体重になれるよ!」と言い、ダイエット特製ドリンクを教えてくれました。

その特製ドリンクを注文して飲んでから、私の体重は劇的に変わったんです!

80kgオーバーのおデブちゃんだった私が、なんと53kgになりました! マイナス30キロです。信じられません。

 

痩せぐせマスターはめちゃくちゃ怪しくて、最初は「大丈夫かな、だまされてるんじゃないかな」って、すごく心配でした。

でも別におすすめされた特製ドリンクは、怪しいものじゃなくて、ちゃんとした会社が売ってる安心安全のダイエットドリンクでした。
私以外にも、何十万人もの方が、このダイエットドリンクを飲んでます。しかも信じられないくらい安いです。

 

今では私もすっかり体型をキープして、好きな服が着られます。

夏には水着も着られるし、胸は痩せなかったので「ビキニが似合うね」ってみんなに言われます(男子の目線も釘付けにできます♪)

友だちの結婚式には素敵なドレスをレンタルできて、太ってた時しか知らない人は、私が誰だか分からなかったんです。(大学の同級生だった男子に、二次会でナンパされました笑)

 

今考えてみると、あのとき思い切ってダイエットドリンク飲んでみてよかったなーって、心から思います。

その痩せぐせマスターが、私に「秘密だからね」と言いながら教えてくれた。
私が30kgも痩せたダイエットドリンクとはこちらです。