胸から痩せる原因と防ぐ方法は?正しいダイエット食事はコレ!




あなたは「やせると胸から落ちる」と悩んでいませんか?

  • 気になる部分は痩せないのに、落としたくない箇所だけ落ちていく

本当に、からだは思い通りに変わってくれませんよね。

さて、ダイエットには、方法がいろいろあります。

運動・生活習慣・入浴・食事。

いろいろありますけど、絶対はずせないのは食事制限です。

しかしその食事制限の意味を勘違いしてる方も多いのです。

もしあなたが食事制限を

  • 食べない
  • 食べる量を減らす

この様に食事制限を理解しているならば、

あなたの体は思い通りに痩せて行かないのはこの誤解が原因かも。

この記事では
痩せると胸から落ちる、思い通りに脂肪が落ちないと悩むあなた。

正しい食事制限の意味を理解すれば、大切なところの脂肪は落ちずにすむはずです。

スポンサードリンク

あなたのダイエットは短期的?長期的?

ダイエット=食事制限。

これは間違っていません。
何らかの形で食事制限しなければ、どんなに運動してもなかなか痩せることはできません。

かといって食事制限は、食べなかったり、食べる量を減らすことではありません。

食べなければもちろん体重は減ります。

しかし、本当のダイエットとは「一時的に体重を減らすこと」ではないはずですよね。

「減らした体重を維持すること。」

これが、何よりも大切です。

だからダイエットとは長期的に、痩せた後も続けて取り組むものなのです。

だからこそ我慢が必要だったり、ストレスが溜まるような方法を選んではいけないのです。

太ったと言うことは、食べることが好きなのです。

そんな人が極端な食事制限をするのはストレスにつながります。
ストレスはいずれリバウンドを招く最も大きな原因です。


食べる量を制限すると、いずれ痩せにくい体質になる

ダイエットの効果を最大限に高めるためには運動も重要です。

「運動しないで食べる量を減らす。」

このようなダイエットをしていると、省エネ体質の体になります。

つまり、

  • 少ないエネルギーで自分の身体を維持する。
  • 基礎代謝が下がる

ということです。

さらに極端に炭水化物や脂質を抜き続けてエネルギー不足の状態が続くと、
筋肉を消費してエネルギーに変えることになります。(糖新生)

ただし糖新生は、通俗的に理解されているような、
「筋肉を直接減らしてブドウ糖をつくる」
こんなことは滅多にありません。
ほとんどの場合、体内にプールされているアミノ酸を消費します。

とはいえ、アミノ酸は体の細胞の材料ですから、筋肉になる材料を使うことは確かです。
あまり長期的にうふふ食事量や摂取カロリーを制限していると、筋肉が低下してくることも、ありうる事態です。

筋肉が少なくなると基礎代謝が下がります。
そのため1日の消費カロリーが減りにくい体になります。

また肌の張りがなくなって「たるみ」の原因にもなります。


食事制限を正しく理解しないと胸の脂肪から落ちていく

食事制限の理解を履き違えてはいけません。

食事制限とは食事を少なくすることではありません。

そうではなく「お腹いっぱい食べつつ糖質を少なくする。」

これがダイエットにおける食事制限の基本です。

「おなかいっぱい食べるなんて、そんなばかな」
と、感じるかもしれません。

でもおなかいっぱい食べることは「必要」です。

たんぱく質と脂質は絶対に摂取しなければなりません。

タンパク質が少ないと体が弱っていきます。
脂質が少ないとのエネルギーが不足し、
肌トラブルや便秘といった体調不良を起こします。

「食事量を無理に減らすダイエット」の行きつく先は、本当にろくな事になりません。

食事を抜いたり、食べるのを我慢するダイエットをしたら
「気になる下半身は痩せずに、胸から痩せた経験」はありませんか?

極端な食事制限により筋肉や脂肪をエネルギーに変える時。

カラダは賢いので、腕や脚など「日常生活でよく使う筋肉」はキープしようとします。

そして減らしても直接影響はなく、
普段あまりつかわない大胸筋などからエネルギーに変えるのです。

女性はダイエットしても張りのある胸は大事ですよね。
男性にとっても胸の筋肉がたくましさの象徴です。

大胸筋や胸の脂肪を落とさないためには
食事を抜かずタンパク質・脂質・野菜の順に量を増やす食事をしましょう。


部分痩せには食事制限+エクササイズが必要。根気よくがんばろう

さらに「下半身だけ痩せたい」などの部分痩せダイエットをしたい場合。

そのためには特別なトレーニングやエクササイズが必要です。
食事制限だけでは部分やせをすることは望めません。

  • 二の腕エクササイズ
  • 太ももエクササイズ

など数ヶ月はやらないと効果が出てきません。

さらに、食事を極端に減らしてはいけません。

部分痩せしたいという方は、体重自体はそこまで太っていない方もいらっしゃいますよね。

そのような方たちは、「なんとなく甘い物などの糖質を食べる機会」を減らしましょう。

そして、日常生活で気になる痩せたい部分のエクササイズを取り入れましょう。

食事を極端に減らすダイエットでは、減らしたい部分ではなく胸の筋肉から落ちてしまいます。

部分痩せをしたい箇所は、大抵は皮下脂肪です。
お腹周りは内臓脂肪の可能性も高いですが、つまめるような脂肪は皮下脂肪です。

皮下脂肪は、内臓脂肪よりもはるかに落としにくい脂肪です。

皮下脂肪を部分的に落としたいと考えているあなたは、
適したエクササイズを根気よく続けましょう。

スポンサードリンク

まとめ

脂肪が思い通りに落ちないと悩むあなたに。
食事制限の意味を正しく理解して、ダイエットに取り組もう

というお話をご紹介しました。

もう一度まとめると次の通りです。

  • 食事制限とは食事量を減らす事では無い
  • 糖質を減らして、おかずをおなかいっぱい食べること
  • やみくもに食事量を減らすと、タンパク質や脂質が不足する
  • タンパク質や脂質が不足すると、胸から痩せていく
  • 部分痩せダイエットは糖質制限に加えて特別なエクササイズを数ヶ月続ける必要がある
  • 皮下脂肪は内臓脂肪より落としにくいので、エクササイズを根気よく続ける

以上のような内容でした。

無理のある食事制限は、不健康になるばかりではなく

  • ストレスが溜まって継続は難しい
  • ある時点から痩せなくなる
  • リバウンドしやすくなる
  • 大胸筋や胸の脂肪など、魅力あるカラダづくりにとって大事なところから落ちていく

というデメリットがあります。
「デメリットしかない」とさえ言いたいです。

食事ではカロリーだけを気にするのではなく、
そのカロリーを構成する要素を考えましょう。
カロリーのある栄養素とはいわゆる3大栄養素、炭水化物・タンパク質・脂質です。

そのうち炭水化物の1部である糖質の摂取量を減らしましょう。
制限するのはこれだけです。

これによりあなたの体の脂肪はカロリーだけを気にするよりもきっと思い通りに変わっていくでしょう。

おすすめ記事:「バストだるだる・お腹ぷよぷよ」上半身を引き締めたいあなたに!

好きな場所に、好きな洋服で♪

「キャミソールを着るだけ」で、基礎代謝が1か月1500kcal以上アップ!

どんなに忙しくても、着ているだけ!
だから、「誰でもできる」「1か月で3キロ痩せた」と大評判です。

ダイエットの一番の近道は「基礎代謝を上げること」
でも、そのためには生活習慣の改善が必要。
それは時間のかかることです。

「時間も根気もない私には、挫折しか見えない……。」

そんなあなたも、
「ただ着るだけで」お手軽に「ヤセ体質」をゲット♪

興味のある方は、ぜひご覧ください♪

「下半身を引き締めたい」あなたは、こちらをどうぞ!履くだけダイエット!
「加圧下着の正しい選び方」と「おすすめグッズ」をまとめました。
お休み前に履いて寝るだけで、翌朝から「全然違う!」と悲鳴が続々。

  詳しくはこちらから

よく読まれている関連記事

ラクして痩せられるなんて信じられない!

そう思っているあなたへ。

なんと、当ブログの読者さんが30kgのダイエットに成功しました!

まさに劇的。キレイになりすぎです!

その貴重な体験談を、期間限定で公開します!
(画像をクリックで体験談を読めます)
   

Kさんダイエット30キロ痩せ  



☆掲示板設置のご案内☆

情報交換・雑談用の掲示板を設置しました。質問・ぐち・モチベアップ、大歓迎です。
みんなでダイエットがんばっていきましょう♪

糖質制限ダイエット交流掲示板

おすすめ記事はこちらです♪

運動なしで24時間ダイエットしよう!
  1. 着てるだけで体幹引き締め!⇒1か月以内に痩せる人続出! 大ヒットの加圧キャミソールとは?
  2. 痩せると決まって体調が悪くなるあなた!⇒栄養満点のプロテインを飲むべき理由を徹底解説!
  3. 冬こそ朝活しませんか? ⇒クリスマスプレゼントに最適!「光で起きる目覚まし」の効果がスゴすぎた!