ダイエット1人暮らし実家暮らしどちらが痩せる?メリットとデメリットまとめ


スポンサードリンク


「ダイエットを長期的に継続させたい」と悩んでいるあなた。

ダイエットがうまくいくかどうかは「毎日の生活環境」が大きく関係してきます。

「まわりの環境が悪いからダイエットできない……」

なんか言い訳のようにも聞こえますが、

本当に、環境は大事です。
(※こういうのを「言い訳!」という人は、結構いますよね……。厳しい……。)

ストレスを抱えながらダイエットはできません。

だからこそ、「環境づくり」には、本当にしっかり取り組んで頂きたいと思います。

たとえば、

「一人暮らしか? 家族と暮らしているか?」

これによっても、ダイエットのコツや注意点は異なってきます。

この記事では、「1人暮らしか? 家族暮らしか?」に焦点を当てて、

それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。

スポンサードリンク

1人暮らしのメリットとデメリット

1人暮らしのメリット

  • ウォーキングやトレーニングや入浴を、自分の都合に合わせてできる
  • ストレス発散をしやすい
  • 自分で食べるものを選べる
  • 自分で食事を作れるので調整がしやすい

1人暮らしのデメリット

  • 生活のリズムを整えにくい
  • 食事を作る手間があり、退職やお惣菜を買うことが増える
  • サラダなど、生野菜を食べる機会が少ない
  • 人目がないので、いくらでも食べられる環境がある

1人暮らしの方へのアドバイス

寝る時間やトレーニングの時間などを設定して規則正しい生活を心がけましょう。
ユニットバスでも良いので、お風呂は湯船につかる習慣をつけましょう。

1人で食事をするときには、パンなどの単品メニューばかり選ばないこと。
栄養が偏っては、ダイエットどころではありません。

食事は「何かの食材1品に置き換えるような食事」はやめましょう。
(「朝食はバナナとヨーグルトだけ」とかです。)

自炊する習慣がない人も、冷凍食材などを利用してバランスの良い食事を心がけましょう。


   

30kg痩せたい

家族暮らしのメリットとデメリット

続いては家族暮らし、実家暮らし。複数で住んでいる、ということです。

※「ルームシェア」の場合は、適宜ご判断をお願いします。

家族暮らしのメリット

  • 生活が規則正しくなりやすい
  • 食卓を家族とか込めるので、楽しく食事ができる
  • 食べ過ぎを止めてくれる人がいる
  • ダイエットに励む姿を近くで見てくれて、応援してくれる人がいる

家族暮らしのデメリット

  • 自分の意思とは関係なくお菓子などがある
  • 自分が料理をする立場でない限り、「食事量・カロリー・糖質」の調整が難しい
  • 家族の都合を優先すると、自分の入浴やトレーニングの都合がつきにくい

家族暮らしの方へのアドバイス

ダイエットに関係しそうな家事は積極的に手伝いましょう。
買い物や料理。お風呂洗いや掃除などです。

自分で積極的に手伝いをすれば「自分の希望」を伝えられやすくなるはずです。
たとえば買い物を手伝えば、食べたいおかずを自然と伝えられますよね。

また、あなたが生活費を稼いでいるのであれば、
「食費を全面的に受け持つ」という立場になることもできます。

食材費に関して権限を持てば、何を作るか、何を買うかについて、かなり自分の思い通りにできます。
まるで「筆頭株主」のような立場です。

かといって、別にエラそうにする必要はありませんよ!

「楽しくダイエットしている」ことが伝われば、
きっと一緒に暮らしている方の協力も得られます。

トレーニング・エクササイズが続かない方は、
リビングなど人目があるところで取り組みましょう。

家族を巻き込んで健康への意識が強くなる傾向があります。

スポンサードリンク

まとめ 環境は大きく変えられない。より良い選択をしていこう

「ダイエットを長期的に継続させたい」と悩むあなたに、

「1人暮らしか? 家族暮らしか? それぞれのメリットとデメリット」をまとめてみました。

繰り返しますが、「ダイエットでは、環境づくりがとても大切」です。

「環境が悪いからできない」というのを単なる言い訳と主張する方もいます。
でも、本当に環境悪かったら、ダイエットできません。

ダイエットには、結構お金がかかりますよね。

生活費の捻出に「すったもんだ」している最中に、
「お米やパンは糖質高いから食べない。油は体内の炎症を抑えるオメガ3系のものじゃないとダメだ」
なんて言っていられません。(※オメガ3の油は150mlで800円くらいします。)

あるいは、環境が悪いからといって、ダイエットのためだけに住まいの環境を変えるのは難しいことですよね。
「ダイエットのために、スポーツジムの隣のマンションにお部屋を借りよう」
なんてできるはずがありませんよね(笑)

だから「それぞれの状況の中でより良い選択をする」ことが大切です。

また「家族としっかりコミュニケーションをとること」を心がけましょう。

さらに徹底して考えるためには、少し時間をとって、紙に書き出してみましょう。

それぞれのメリットを最大限生かして、
「より良い環境づくりのために、自分には何ができるのか?」を書き出してみましょう。

書き出しから、工夫次第でできることを、できるものなら書いていきましょう。

例えば「ダイエット中に家族がお菓子を買ってきてしまう」と悩んだとしましょう。

その時に絶対やってはいけないことは「怒ること」。

希望をやんわりと伝えればOK。
むしろ何も言わなくてもOKです。

そのかわりに、後日ご家族が、

  • 「ダイエット向きの食材」を買ってきた
  • ダイエットに効果的なメニューを作った

こういうときは、大げさに喜びましょう。

怒る以外の方法で自分の希望を伝えて、
「ダイエットを通じて家族と仲良くなれる」といいですね。

一人暮らしは自制心を持って、家族暮らしは調和を考えること
これがダイエット成功のコツです。

100点でなくても構いません。
いまが30点なら、40点にするだけでも違います。
ダイエットは一朝一夕のイベントじゃありません。
たった10点の違いでも、必ず差が出ます。

環境づくりは、モチベーションと長期継続のためです。

あなたのダイエット生活がより良いものになることを祈っています♪

 

季節は夏、ダイエットに挫折しかけてるあなたに朗報!

↓誰でも超簡単に痩せられます↓