ダイエット続けるコツは?モチベーションが劇的に高まる3つの法則




あなたは「ダイエットがツライ」と悩んでいませんか?

  • ダイエットが続かない。
  • 我慢強くなく、すぐに結果がでないことから諦めてしまう。
  • 疲れた時など暴食してしまう……
  • 三ヶ月だけでもストイックになって本気で取り組みたい!

ダイエットはすぐに結果が出るものではありませんよね。

  • エクササイズが面倒……
  • 献立を考えたり作ったりするのが手間……
  • なぜかやる気が全然起きてこない

毎日良い習慣を続けていても、見た目には何にも変わっていない状態が続きます。

だからこそ「短期集中で効果が出る」と言う方法が流行するのです。

でも短期集中のダイエットは、辞めたら元の生活に戻ってしまうのです。

本当はダイエットとは長期的に続けるもの。

  • ダイエット生活を自然にできるようになるまで、
  • 日常の生活が自然とダイエット生活になるまで、

最終目標はここです。ここまで続けられれば、もう二度とリバウンドなんかしなくてすみます。

長期的に続けている人は必ず途中でモチベーションが下がってくるときがあります。

ダイエット成功者の実践する、長続きするコツがあります。

今までダイエットを本気で続けられなかった人にこそ、知ってほしいこと。

そんな辛いときに、覚えておいて欲しい3つのコツをご紹介します。

スポンサードリンク

その1 ツラかったらサボればいい。すべての人に合うダイエット方法なんかない

まず第一に、ツラかったらサボればいいということ。

「そんなサボったら体重が元に戻っちゃう。」

時々はお休みが必要です。
どんなに好きなことだって、毎日続けていると面倒な時もありますよね。

仕事だって、休日がなかったらとてもじゃないけど続けられません。

最初から、「週に2日は休む」という風に計画しておいてもよいですね。

なにしろ長期的な視点を持つのが大事ですから、
お休みも計画的に取れると良いですね。

「ちょっとお休みしても、全然やる気が戻ってこない」

このような場合は、その方法自体があなたに合っていないのかもしれません。

もちろん、1週間や2週間くらいで結果を求めても、なかなか成果はでません。

「クレンズダイエット始めて3日目ですが体重が減りません。これって意味ないですか?」

このようなお悩みを持つ方は結構いますが、ちょっと短期間で成果を求めすぎです。

たとえば若い方の肌でも、細胞が入れ替わるには1ヶ月かかります。
それなのに、ダイエットとなると3日や1~2週間で効果が出ると思ってしまうのは間違い。

病気の治療も、中途半端でいろいろ治療法を試すと、いつまでも直らなかったりしますよね。

なので、これと決めたら最低1か月は続けることをおすすめします。

「数ヶ月続けているのに、全然結果が伴わない。」

このような場合は、もっと違った方法試したり、自分の今までのやり方でどこかおかしいところがなかったかなどを振り返ってみるいい機会です。

あなたのダイエットの目的はなんですか?

「美しく若々しく魅力的な女性になる。」

これは誰もが願うことですよね。
そのためには良い食事が必要です。

その良い食事とは、一体どんな食事なのでしょうか?

一般的によく言われるのは

  • 1日3食規則正しく食べる
  • 摂取カロリーを抑える
  • 栄養バランスをしっかり意識する

といった事ですよね。

今、率直に言って、このような一般論を忠実に守ってほんとに痩せたり美しくなるなら、
ほとんど全ての方は、若々しくて美しくて魅力的ですよね。
でも実際はそうでもないのが現実です。

食べ物に個人個人で合う合わないがあるように
食事の内容や食べ方にも必ず合う合わないがあります。
すべての人がたとえ同じ食事をしたとしても、誰もが美男美女になれるわけではないのと同じです。

ダイエットの方法は星の数ほどあります。
すべてがあなたの性格や体質にマッチしているとは限りません。

たくさんある方法の中から、自分が無理なく楽しくできるものを選べばいいのです。

ツラかったらサボればいいのです。


その2 ダイエットは「制限」じゃなく「管理」だ

ダイエットは辛いと感じる方もいれば、全然辛さを感じない方もいます。

その違いはどこから来るのでしょうか?

  • 動機・きっかけの差
  • やる気の差
  • 方法の差
  • 性格・体質の差

いろいろあると思います。

1つ言えることは、辛いと感じない方は「ダイエットを制限」だと思っていないということです。

もちろん、食事内容や生活習慣をある程度変えていかなければダイエットにはなりません。

それはある意味で制限です。

食事にしても

  • 糖質をとってはいけない
  • 悪い油を食べてはいけない
  • 食べ過ぎてはいけない

「してはいけない」ことがあるのですから、これは制限ですよね。

しかしこれを制限と捉えるのか、
それとも管理と捉えているのか

この違いがあります。

制限というのは、「主体性に乏しい・受動的なニュアンス」ですよね。
それに対して管理というのは「主体性があって能動的なニュアンス」です。

あなたは自分を押さえつけて我慢していろんなものを制限しているのではなく、
より良い自分に生まれ変わるために自分の生活全般を管理(マネジメント)しているのだ

このように考えてみると、少し前向きで、ポジティブな考え方を取り戻せるかもしれません。


その3 自分の「好き」「楽しい」を大事にする

当サイトは「食事管理をメインにダイエットを成功させる情報」の提供を目指しています。

そこで、ちょっと質問させてください。

「あなたが一番好きな食べ物はなんですか?」

すぐに答えられましたか?

実は、「すぐに答えられない方」「わからないと答える方」も、いるんですよ。

特に女性の場合「痩せたい」「美しくなりたい」思いが強いですよね。

その結果、

「これはだめ」
「これなら大丈夫」
と「情報に流された食事」をしてしまいがち。

するといつの間にか「自分自身の好き嫌いさえ分からなくなってしまうこと」があるようです。

あなたはいま、食事を楽しいと思えていますか?

「食事が幸せ」「食事が楽しい」
こう思えない方は、なかなか「豊かな食事」をすることができません。

いま食卓に並んでいる献立の数々。

  • 彩りが綺麗か?
  • 盛り付けが綺麗か?

しっかり意識して、楽しめていますか?

食事を楽しめない方は、今から食べるサラダの野菜が「旬の野菜」かどうかはお構いなし。
「好きか嫌いか」「おいしいか」どうかさえもどうでもよくなりがちです。

厳しい食事制限のダイエット中など、
食事がこんなふうに全然楽しくなくなることが多いです。

これで「美しくて魅力的な女性になろう」と思っても、なかなか難しいですよね。

素敵な女性って不機嫌ではないですものね。

食事に楽しみを覚えられなければ、ダイエットに成功できる可能性は低いです。

旬の食べ物は栄養素が、旬でない時期と比べて全然違います。

素材の魅力に目を向け、盛り付けるためのシチュエーションも楽しみながら食事をしましょう。
それが豊かな食事です。

豊かな食事は、あなたの見た目や人格まで豊かにしてくれます。

「そんなこと言っても忙しくて余裕がない」

という時もありますよね。
毎回毎回、気合を入れる必要はありません。

それでも
「食事は楽しいもの」「食べるって幸せ」
という気持ちさえ失わなければ、ちょっとした工夫でこころとからだが喜ぶ良い食事をすることができます。

だからこそ、ダイエットは

  • あなたの主体性
  • あなたの気持ち

といったものを大事にして欲しいと思います。

スポンサードリンク

まとめ

【3か月本気で続けられない】ダイエットがツラい……成功者が実践する3つのコツ
をご紹介しました。

  • ツラかったらサボればいい。すべての人に合うダイエット方法なんかない
  • ダイエットは「制限」じゃなく「管理」だ
  • 自分の「好き」「楽しい」を大事にする

長期的に続けるからこそ、ガマンしないで、無理しないで、
淡々と進めていける気持ちが大事です。

そのためには、あまり自分にとって無理のある計画などは立てず、
「楽しんで痩せる方法」が見つかると最高です。

当サイトでは、「楽しく無理せず、少しずつ痩せる」ための
さまざまなお役立ち情報を提供しています。

もしこの記事があなたの悩みの参考になれば幸いです。
関連記事などもよかったらご覧くださいね。

よく読まれている関連記事

ラクして痩せられるなんて信じられない!

そう思っているあなたへ。

なんと、当ブログの読者さんが30kgのダイエットに成功しました!

まさに劇的。キレイになりすぎです!

その貴重な体験談を、期間限定で公開します!
(画像をクリックで体験談を読めます)
   

Kさんダイエット30キロ痩せ  



☆掲示板設置のご案内☆

情報交換・雑談用の掲示板を設置しました。質問・ぐち・モチベアップ、大歓迎です。
みんなでダイエットがんばっていきましょう♪

糖質制限ダイエット交流掲示板

おすすめ記事はこちらです♪

運動なしで24時間ダイエットしよう!
  1. 着てるだけで体幹引き締め!⇒1か月以内に痩せる人続出! 大ヒットの加圧キャミソールとは?
  2. 痩せると決まって体調が悪くなるあなた!⇒栄養満点のプロテインを飲むべき理由を徹底解説!
  3. 冬こそ朝活しませんか? ⇒クリスマスプレゼントに最適!「光で起きる目覚まし」の効果がスゴすぎた!