ダイエットのストレスを一発解消!食べるだけで幸せな気分になれる7つの食品


スポンサードリンク


あなたはダイエット中でストレスが溜まると悩んでいませんか?

  • 食べたいものが食べられなくてイライラ
  • お腹が空いて落ちつかない
  • ちかごろ、我慢ばかりしている

ダイエット中は我慢が多くてストレスがたまりますよね。

女性の場合は、体調の波も激しいものです。
そこにダイエットのストレスが重なると、ツラいですよね。

「なにか良い方法はないかな?」

そんなあなたに朗報です。

「ある食べもの」を食べると、本当に幸せな気持ちになれるんです。
これは、ちゃんと学問研究で、示されているんですよ。

この記事では、あなたの心をストレスから解き放つ7つの食べ物をご紹介します。

あなたのお部屋の冷蔵庫にあるものから、ぜひ試してみてください♪

野菜と果物をたくさん食べると、心が穏やかになる

野菜や果物をたくさん食べる人が、食後に穏やかで幸せな気分になりやすい。

ニュージーランドの研究者が発見した事実です。

なぜ? と思いますよね!

理由としては、まず「血糖値の改善」。
血糖値は私たちのストレスと深く関わっています。

血糖値は糖質の摂取によって上昇します。
そして2時間ほどすると、インスリンというホルモンが分泌されて血糖値は急降下します。
この上昇と下降の過程で、私たちは

  • 不安な気持ちになったり
  • 落ち着きがなくなったり
  • イライラしたり

と言う症状が起こるのです。

野菜や果物に含まれる食物繊維は、血糖値の上昇を緩やかにする働きがあります。
そのおかげで、血糖値によるストレスを感じにくくなるんです。

(関連記事)誰でもできる「食事で血糖値を上げないコツ&下げるコツ」

さらに大切なのはトータルで良い食べ方をすること。

具体的にはこんなものを食べましょう。

  • 色々な果物・野菜
  • たんぱく質(肉や魚・大豆や乳製品)
  • 種・ナッツ
  • 脂肪(油)
  • ハーブ類

それと、加工食品は、できれば遠ざけると◎。

特に「幸せになれる食べ物」を以下に7つ、ご紹介します!

ストレス解消! 食べるだけで幸せな気分になれる7つの食品

1 発酵食品

ストレスは、腸内細菌も関わっているんです。
発酵食品を食べることは、善玉菌を消化システムに供給する素晴らしい方法です。

  • 発酵野菜
  • ケフィアヨーグルトのような発酵乳製品
  • 紅茶キノコ
  • 発酵茶など

発酵は昔ながらの食品保存法です。
最も広く普及している発酵野菜は漬物・ピクルス・ザワークラウト。
ぬか漬けなどで、大抵の野菜は自分で発酵させることもできますよ。

もし買うのなら、無添加のものを買いましょう。
乳化剤や、余計な糖類(果糖ブドウ糖糖液など)が入っているものは要注意です。

お味噌・お醤油なども、伝統的な製法で作られた、ちょっと良いものを使うと最高です!


「ヨーグルトが大好き!」と言う方には、

ケフィアヨーグルト がおすすめです。

「牛乳に種を入れて1日待つ」
これだけでフレッシュなヨーグルトが自宅で作れます。

「自分好みの牛乳」で作るヨーグルトは、市販のものより何倍もおいしいものです。

・時間のない朝食時の1品としても
・家族やお子さんへの「安心で健康的なおやつ」としても


手作りのフレッシュヨーグルトはピッタリです。

「おいしいなあ」と楽しんでいるうちに、悩みが軽くなっていく。
こんなにいいことありませんよね。

ロイヤルユキ ケフィアヨーグルトの詳細をチェックして試してみる

2 ヘルシーな脂肪

脂肪には動物性の脂肪と植物性の脂肪があります。
ヘルシーというと植物性脂肪をイメージしがちですよね。
でもそんな事はないんです。
動物性の脂肪でも、ヘルシーで体に必要な油はあるんですよ。

ヘルシーな油とは、たとえば

  • ココナッツ油
  • アボカド
  • オーガニックで平飼いの鶏の卵
  • 天然の鮭
  • オリーブ油
  • オリーブ
  • 牛乳・バター

これらは、「脳のストレスを軽くする」と考えられています。

3 緑色の葉物野菜

グリーンリーフには、葉緑素(クロロフィル)や葉酸塩が豊富に含まれています。
葉酸塩は、脳が「幸せホルモン」を作るのに使われます。(セロトニンやドーパミンなど)

「うつ症状を軽減できる期待がある」という研究結果が出ています。

  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • キャベツ・芽キャベツ
  • グリーンアスパラガス
  • からし菜

など優れた葉酸塩を含む野菜類がたくさんあります。

4 青魚

天然の多価不飽和脂肪酸。これは素晴らしく身体によい油です。
青魚に含まれ、脳の機能を改善して気分のコントロールを助けます。

青魚に含まれるオメガ3脂肪酸。
このオメガ3脂肪酸の欠乏とうつ病は関係がある!
これはハッキリとわかっているんです。

ダイエット中のあなたは、ぜひ、青魚を食べましょう!
最良の青魚は

  • さけ
  • さば
  • にしん
  • いわし

などなどです。

5 ブロッコリーとカリフラワー

ブロッコリーとカリフラワーって、すごいんですよ!
この2つのお野菜には「コリン」というビタミンが入っています。
コリントは、脳の発達に必須で脳の機能を高める、と考えられています。
ビタミンBの一種なんです。

ちなみに、卵や肉もコリンを多く含んでいます。

サラダや炒め物に、ブロッコリーやカリフラワーを使ってみてください♪
茹ですぎないように、サッと湯がく感じでOKです。

6 くるみ

くるみは、ダイエットの救世主です。
1粒20キロカロリーというとんでもないカロリー量。
それでいて、糖質0なので、いくら食べても太らない。

こんな魔法の食材が、くるみ。

青魚のところで出てきたオメガ3必須脂肪酸。
これを最も多く含むナッツが、くるみなんです。

オメガ3脂肪酸は、脳の機能を高める働きがあります。
DHAって、聞いたことありませんか?
魚にはいっている、脂肪酸の名前です。

「DHAサプリで頭が良くなる!」なんて言われていました。

そういえば少し前、「魚を食べると頭が良くなる♪」 なんて歌があったの、ご存知でしょうか?
「さかな、さかな、さかな~、さかな~を~食べ~ると~♪」 わかりますかね?

この曲が脳内で再生されて、延々とループしてしまう方も多いかと思いますが!(笑)

要するに、DHAって、オメガ3脂肪酸の1種なんです。
くるみには、そのオメガ3脂肪酸が豊富なんですよ。

本当に、ダイエットする方には、絶対食べてほしい食品。それがくるみです。

   

30kg痩せたい

7 ブルーベリー

ブルーベリーには、抗酸化物質がたくさん含まれています。

抗酸化物質というのは、アンチエイジングでは有名です。
「酸化ストレス」を減らすことができるんですね。
「酸化ストレス」というのは、

  • 細胞の炎症
  • 肌の老化(肌へのストレス)
  • 脳機能の低下
  • イライラ

の原因になります。
人間の身体って、炎症するんです。
ケガのときだけじゃないんです。風邪ひいたときも、炎症なんです。

  • 脳細胞も
  • 肌細胞も
  • 内臓細胞も

あらゆる細胞は、炎症するのです。
その炎症を抑えてくれるのが、抗酸化物質。

ブルーベリーは、積極的に食べてほしい果物です♪

まとめ 「辛い」は「幸せ」の一歩手前

「ダイエットのストレスが溜まって仕方がない」と悩むあなたに

「ストレス解消! 食べるだけで幸せな気分になれる7つの食品」をご紹介しました。

  1. その1 発酵食品
  2. その2 ヘルシーな脂肪
  3. その3 緑色の葉物野菜
  4. その4 青魚
  5. その5 ブロッコリーとカリフラワー
  6. その6 くるみ
  7. その7 ブルーベリー

どれも、すぐに手に入るものばかりです。
ぜひあなたの食卓をこの7つの食品で彩ってみてください。
そうすれば、あなたの心は、スッと楽になりますよ。

ツラいときは、一瞬です。
漢字をよくみてください。
「辛い」は「幸せ」の一歩手前です。

ダイエットに我慢は必要ありません。
毎日楽しいダイエットをして、大成功しましょう♪

   

1000円で1ヶ月ダイエットしませんか?

1週間で3kg痩せたいあなたは、以下の2記事をご覧ください♪