仕事疲れがとれない時もダイエットすべき?軽い運動がもたらす驚きの効果とは




あなたは「仕事で疲れた」と悩んでいませんか?

  • 体と頭を使う仕事のため、ついつい夕食の買い物で菓子パンを買って食べたり……
  • 仕事の疲れやストレスで甘いものを食べ過ぎてしまう
  • 休日は寝だめしちゃって、貴重な休みは気付けば夕方

仕事は本当に、ツライ苦役です。

「ダイエットのために運動しなきゃ!」

と、頭ではわかっていても、いざ仕事帰りは疲れて何もする気がおきませんよね。

「疲れがひどいし時間もないし、とてもじゃないけど運動なんてやってられない」

しかし、疲れた時こそ軽めの運動することで、疲労回復のサポートになることはありますよ。


でも、根本的に現在就労されているお仕事に問題がある場合は別です。

  • 自分に合わないと感じる仕事。
  • むやみに拘束時間の長い労働。

このような労働は、心もお肌も蝕みますよね。

「肉体的な疲労」だけならまだ良いですが、
「精神的な疲労」になると話は変わってきます。

  • 辛いと感じながら、なんとか頑張って来た
  • でも「もう限界」だと感じる

精神的な疲労がこれほど深刻であれば、運動どころではありません。
一刻も早い対処が必要です。

今回は、「身体的な疲労に悩む方」に向けて書いた記事であることをご了承くださいませ。

スポンサードリンク

視点を変えれば運動も休息である!

「疲れてるのに運動なんかできるわけないじゃん」

ごもっともだと思います。

もちろん、残業で帰りが遅い日などに、いつものエクササイズを頑張らなくてもokです。

家の近所をお散歩してみたり、ストレッチをするだけで構いません。

こうした「身体を動かすリフレッシュ方法」もあるのです。

ふつう、休息といえば「身体を動かさずに休めること」ですよね。

しかし、あなたはデスクワークの時間が長いのではありませんか?

座りっぱなしの状態が続くと、筋肉が硬くなり血行も悪くなります。
老廃物が体内にたまり、放っておくと肩こりなどの原因になります。

そこで少し体を動かして血行を良くする。

そうして疲労物質を取り除くのが「体を動かすリフレッシュ」ということです。


アスリートに学ぶ疲労回復とは?

スポーツの世界では、疲労回復が大切なテーマになっています。

アスリートたちの間では「体を動かすリフレッシュ」の考え方が一般的なのです。

スポーツ選手はハードな練習や試合の後はただ休んでいるのではありません。

ジョギングやストレッチなどをして体をリフレッシュさせています。

私たちも小学校や中学校の頃、体育でプールなどがあると水泳後の「整理体操」をしてましたよね。

なので、「眠ってもなかなか疲れがとれないという方」は、
疲れている時こそ軽めの運動をしてみませんか?

そのほうが疲労回復しやすくなるかもしれませんよ♪


何も考えず、ただ歩くだけでも疲労とストレスを発散できる

「じゃあ、どれくらいが軽めの運動なの?」

これは「その人の運動のレベル」によって異なります。

たとえばアスリートの方たちなら、「ジョギング」が軽めの運動になります。

もしあなたにとって「普段の運動がウォーキング」であれば、
ゆっくりと散歩をしたりストレッチをするだけでokです。

目的は「血行を良くすること」。

また散歩をすると、腸内が動きます。
血行が良くなり、腸内環境も改善します。

これに加えて入浴やマッサージをプラスしましょう。
さらなる疲労回復が見込めます。

代謝が上がればダイエットにも効果的です。

疲れているからと言って、エクササイズをサボらないほうが、いいかもしれません。
軽い運動したほうが疲れは取れます。

とは言え、ストレスを溜めてまで運動をする必要はありません。

ダイエットは運動も大事ですが、食事もとても大切です。

「疲れがとれない」なら、食事内容も見直してくださいね。

糖質が多い食事だと、疲労を感じやすい身体になってしまいます。

まずは食事でたんぱく質と脂質、ビタミンとミネラルをたっぷりとって、体の中をきれいにしましょう。

そうすればなかなか疲れが溜まりにくい体質になることもできるはずです。

疲れているのに「無理な運動」は厳禁。精神力を結構使ってしまいます。

食事で体調を整えながら、軽いウォーキングやストレッチなどを根気よく数ヶ月は続けましょう。

スポンサードリンク

まとめ

「仕事疲れがなかなか取れない」と悩むあなたに、

「疲れた時こそ軽めの運動することで、疲労回復のサポートになる」というお話をご紹介いたしました。

もう一度まとめると次の通りです。

  • 視点を変えれば運動も休息である!
  • ただ歩くだけでも疲労とストレスを発散できる
  • 「疲れがとれない」なら、食事内容も見直す

以上のような内容でした。

仕事とダイエットの両立は難しいことです。

あなたはとても難しいことにチャレンジしているのです。

そのような難しい挑戦を志している時点で、とても立派なことです。

ちょっとくらいサボったからといって、自分のことを責めないでくださいね。

あなたのダイエット生活が、いっそう楽しい時間になることを祈っています♪

よく読まれている関連記事

ラクして痩せられるなんて信じられない!

そう思っているあなたへ。

なんと、当ブログの読者さんが30kgのダイエットに成功しました!

まさに劇的。キレイになりすぎです!

その貴重な体験談を、期間限定で公開します!
(画像をクリックで体験談を読めます)
   

Kさんダイエット30キロ痩せ  



☆掲示板設置のご案内☆

情報交換・雑談用の掲示板を設置しました。質問・ぐち・モチベアップ、大歓迎です。
みんなでダイエットがんばっていきましょう♪

糖質制限ダイエット交流掲示板

おすすめ記事はこちらです♪

運動なしで24時間ダイエットしよう!
  1. 着てるだけで体幹引き締め!⇒1か月以内に痩せる人続出! 大ヒットの加圧キャミソールとは?
  2. 痩せると決まって体調が悪くなるあなた!⇒栄養満点のプロテインを飲むべき理由を徹底解説!
  3. 冬こそ朝活しませんか? ⇒クリスマスプレゼントに最適!「光で起きる目覚まし」の効果がスゴすぎた!