かかとのガサガサの治し方は?食事が決め手!週1でOKの肌ケア食品!




あなたは「素足のガサガサ・かかとのひび割れ」に悩んでいませんか?

  • もう冬が終わったのにかかとのガサガサが治らない
  • 恥ずかしくて裸足になれない
  • 入浴後にケアしているのに、翌朝は元通りになってしまう

かかとのカサつきやひび割れはなかなか治らなくて大変ですよね。

「保湿はしっかりやっているのに、どうして治らないんだろう……?」

そんなあなたは、食事を見直してみるといいかもしれません。

かさつきの原因は、内側からのビタミン不足かもしれません。
足がカサつく方は全体的に肌が乾燥していることが多いものです。

「もう面倒になった。裸足にならなければいいや」

と感じたあなたは要注意。

乾燥肌の女性に多いガサガサかかとの原因。
これは、単なる肌荒れだけではない場合があります。

足裏には全身につながる「つぼ」が集まっています。
かかとは「生殖器や婦人科系に問題がある」とカチカチに固くなり荒れてしまうことがあります。

妊娠や出産を予定している女性はもちろん、
無関係な女性も「生理不順や冷え性につながる」ことがあります。
なので、放置せずしっかりケアしましょう。

そこで「足をきれいにする食事」についてご紹介します。

ポイントは「ビタミンACEで潤いを回復!」

美足に欠かせないビタミンACE

お肌は毛細血管から栄養を取り込みます。
細胞の新陳代謝によって、健康でみずみずしい状態を保っています。

美しい肌を保つために特に必要な栄養素は

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE

ビタミンCはコラーゲン(皮膚を作るたんぱく質の1種)を作るのにも不可欠です。

一方、ビタミンEは、肌の老化を防ぐ「抗酸化作用」にひと役買っています。

また、もしあなたが

「季節を問わず、足の肌がいつも乾燥していてゴワゴワと硬い。」

そんなあなたは、ビタミンA不足かもしれません。
ビタミンAには、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。
そのため不足すると、肌が乾燥して硬くなってしまいます。

またビタミンCは酸化に弱い栄養素。
そのため、抗酸化作用に優れたビタミンEを一緒に摂取すると、効果を発揮しますよ。

つまり

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE

この3つが豊富な食品を、一緒に食べるようにしましょう。
そうすれば相互作用によって美肌効果がより高まるのです。

足の健康と美容にとっても基本は食生活です。
体の内側からも、足をきれいに元気にしましょう。

ビタミンAが豊富な食材

  • レバー
  • イワシ
  • メザシ
  • 貝類
  • ほうれん草
  • ニンジン
  • ブロッコリー

最も豊富な食材はレバーです。

レバニラ炒めや焼き鳥で、夜のおつまみとして食べましょう。

カツオやメザシははらわたまで丸ごと食べられます。
そこにたっぷりと栄養素が詰まっています。

野菜類は野菜炒めにしてもいいですし
オムレツにすれば卵もいっしょに食べられます。

お肌の材料であるタンパク質が取れますよ。

ビタミンCが豊富な食材

  • うなぎ
  • にんじん
  • パセリ
  • レモン
  • グレープフルーツ

華やかな緑黄色野菜や果物に豊富に含まれています。

フレッシュジュースとして飲むのが手軽ですが、市販のものは砂糖がないものを選びましょう。

うなぎの蒲焼もビタミンCがたっぷりです。

ビタミンEの豊富な食材

  • くるみ
  • 松の実
  • アーモンド
  • アジ
  • いわし
  • 玄米ごはん
  • 胚芽パン

ビタミンEは、ナッツ類や魚介類に豊富に含まれています。
特に魚介類には美容と健康に欠かせないタンパク質も豊富です。

さらに青魚には「EPA」と呼ばれる非常に良質な魚油が含まれています。

ぜひ積極的に魚介類を食べてくださいね。

また主食は

  • 生成された真っ白いパンやご飯ではなく
  • 食物繊維やビタミンが残っている玄米や全粒粉のパン

をおすすめします。

そっちのほうが噛みごたえもあって、おいしいですよ。

コラーゲンをおいしく食べて肌に弾力を取り戻す方法

コラーゲンは、肌に弾力性を与えてくれます。
さらに新陳代謝を活発にする働きもあります。
しかしコラーゲンを作る能力は年齢とともに衰えます。
その量は80歳になると20歳の時のたった35パーセントにまで減少してしまいます。
(コラーゲンの分泌量、20歳を100とすると、80歳では35!!)

あなたが80歳になる前でも!(笑)
コラーゲンを多く含む食材で補給しましょう!

  • 鶏の手羽先
  • とんこつ
  • フカヒレ
  • うなぎ

特に鶏の手羽先が非常にお手軽ですよ。

  • 唐揚げや煮物
  • 鶏ガラスーブ

を作りましょう。

鶏がらスープを多めに作って冷凍保存しましょう。
するとカレーや味噌汁の出汁などにも幅広く活用できます。

まとめ

かかとのガサガサ・ひび割れに悩むあなたに、
「美足を作る食事・栄養素」をご紹介しました。

  1. ビタミンA・C・E
  2. 特におすすめは「レバーor鶏手羽・緑黄色野菜・ナッツ・魚介類」
  3. これらをできれば毎日食べるようにする(レバーor鶏手羽は週1回ずつでOK)

足の裏は皮脂腺が少なく、天然のクリームともいえる皮脂が分泌していないので乾燥しやすいところです。
常に硬いところに接しているかかとは、特に刺激でガサガサになったり、ひび割れたりします。

外側からのケアはもちろん、内側からも改善させていきましょう♪

(関連記事)

【入浴時】この3つの心がけで「1年中続く乾燥肌」が改善する!

乾燥肌を直すにはどんな食事をすればよい?