倉庫バイトの寒い冷え性対策!すぐ体を温めるコンビニ食品はコレ!




あなたは「寒い場所で働いていて体が冷える」と悩んでいませんか?

  • 飲食の仕事をしていて、冷凍庫での商品管理をしなきゃいけない
  • 倉庫管理での仕事。夏は激熱、冬は激寒。
  • 冷凍(アイスなどを扱ってるところ)でバイト
  • 頭痛や腰が重たくて悩んでいる

倉庫のお仕事もいろいろありますが、
冷暖房完備のところは少ないですよね。

例えば食品工場等は、完全に空調を管理しているところもあります。

しかし冷蔵・冷凍倉庫であったり
冬の時期であれば、倉庫や工場は寒いですよね。

寒くて頭痛や腰痛がする。

こんな症状起こしてしまっては大変です。

防寒対策をするのはもちろんですが、

体を温める食べ物を日ごろから食べるように
意識された事はありますか?

寒さや冷え性の対策には、

  • 豊かな食事をとって、体の隅々まで栄養を行き渡らせること
  • 食べ物によって体を内側から芯までぽかぽかに温めること

こうした工夫が有効です。

この記事では「コンビニでも買える! 体を温める食材の3つの選び方」についてご紹介いたします。

寒さ対策として、普段から食べてみてくださいね。

スポンサードリンク

体を温める食材を簡単に見分ける3つの方法

体を温めるための代表食材といえば
タンパク質と良い油です。

では他に何があるかというと見分けるのが難しいかもしれません。

そこで簡単に見分ける方法を3つご紹介いたします。

  • 南のものより北のもの
  • 地上のものより地下のもの
  • 加工されたものより、未精製のもの

基本的にはこの3つです。


・どこでとれたものか?

体を温める食べ物なのかを見分ける大きなポイントです。

基本的に寒い地域で取れるものは、体を温めるもの。

暑い地域で取れるものは、体を冷やしやすいものです。


・どこに生えているものか?

収穫される時地上に出ている作物は体を冷やしやすいものです。

逆に地下に埋まっているものは体を温める食べ物です。

ただし芋類はどちらかといえば
体を温める事もしなければ冷やしもしない食べ物です。

レンコンやごぼうなどの根菜類なら間違いなし
と覚えておきましょう。


・加工食品か、未加工食品(ホールフード)か?

体を温める食べ物であっても、
調理法や加工方法においては体を冷やす食べ物なります。

例えばお肉やお魚、根菜類。
これらはすべて体を温めてくれます。

しかし練り物のように潰して固めたものよりは、
そのまま生や火を通して食べた方が、より身体が温まります。

また和食は、基本的には体を冷やす食材を使っています。
しかし、加工によって、体を温めるような工夫が施されています。

たとえばキュウリは体を冷やしますが、
漬物で塩もみになっています。

カツオも冷やしますがニンニクやしらがネギでフォローしています。

豚肉もしょうが焼きにしてますね。

こんな風に工夫が色々とされています。

お米や砂糖に関しても、
白米・白いお砂糖(精白糖・グラニュー糖)
これらはとてつもない加工食品なので、体を冷やします。

なので、玄米や黒糖・三温糖などのほうが望ましいですね。


コンビニで買える体を温める食材はどれがおすすめ?


お弁当

基本:おにぎりやパン・パスタだけですませない!

以下の食品が使われているお弁当を選びましょう。

  • 生姜・玉ねぎ・ネギ・ニンニク
  • 根菜類(にんじん・ごぼう・だいこん)
  • ねばねば類(とろろ、納豆)
  • お肉・おさかな
  • キムチやインドカレー(和風カレーは小麦粉たっぷりなので×)


飲み物

基本:体温より冷たいものを飲まない!

  • しょうが使用の飲み物(ジンジャーティー、ラテ)
  • チャイラテ
  • ココア(甘すぎるのはグラニュー糖たっぷりなので×)
  • 白湯
  • お茶(ほうじ茶・中国茶・紅茶・ショウガ湯)

ホットコーヒーは身体を冷やします。


果物・お菓子・デザート

基本:砂糖を食べず、北方産の果物を食べる!

  • リンゴ、サクランボ、もも、ライチ、プルーン、ゆず
  • カカオたっぷりのチョコ

お菓子類で身体を温めるのは、あんまり期待できません。

南国産のフルーツは体を冷やします。
バナナ、パイナップル、メロン、レモンなど。

スポンサードリンク

まとめ

寒い場所で働いていて体が冷える」という悩むあなたに、

「コンビニでも買える! 体を温める食材の3つの選び方」についてご紹介しました。

  • 南のものより北のもの
  • 地上のものより地下のもの
  • 加工されたものより、未精製のもの

コンビニでの買い方の基準は

  • おにぎりやパン・パスタだけですませない
  • 体温より冷たいものを飲まない
  • 砂糖を食べず、北方産の果物を食べる

以上のような内容でした。

防寒対策だけじゃどうしても解決できない。
そう悩む方は是非食事のほうも見直してみてくださいね。

おすすめ記事:「バストだるだる・お腹ぷよぷよ」上半身を引き締めたいあなたに!

好きな場所に、好きな洋服で♪

「キャミソールを着るだけ」で、基礎代謝が1か月1500kcal以上アップ!

どんなに忙しくても、着ているだけ!
だから、「誰でもできる」「1か月で3キロ痩せた」と大評判です。

ダイエットの一番の近道は「基礎代謝を上げること」
でも、そのためには生活習慣の改善が必要。
それは時間のかかることです。

「時間も根気もない私には、挫折しか見えない……。」

そんなあなたも、
「ただ着るだけで」お手軽に「ヤセ体質」をゲット♪

興味のある方は、ぜひご覧ください♪

「下半身を引き締めたい」あなたは、こちらをどうぞ!履くだけダイエット!
「加圧下着の正しい選び方」と「おすすめグッズ」をまとめました。
お休み前に履いて寝るだけで、翌朝から「全然違う!」と悲鳴が続々。

  詳しくはこちらから

アラサー女が30㎏のダイエットに一発で成功した方法。飲むだけ

突然ですが、あなたはダイエットに取り組んでいて、なかなか体重が減らなくて困っていませんか?

 

いただいたお悩みをご紹介します。

 
ダイエットしているのに、太るのが止められません!
カロリーも減らして、お菓子もジュースも、甘いものは一切口にしてないんです(´;ω;`)
どうしたらいいですか? 私は一生痩せられないんですか?
 

はい、お気持ちよくわかります。私も全く同じでした。

毎日、職場と家の往復。朝は7時の電車に乗って、夜帰りは22時すぎ。

疲れ切って、とてもジョギングやジム通い、プール通いなんてできません。

それでも、ダイエットつづけるために、3食こんな食事をしてました

  1. 「朝ごはんは果物とヨーグルト」
  2. 「お昼は社食でカロリー控えめ」
  3. 「夜は納豆と豆腐」
 

こんな食事でがんばってましたが、全く体重は減りませんでした。
毎日、朝晩と体重計に2回は乗って「お、今日はマイナス1kgだ(∩´∀`)∩」と思ったら、翌朝なぜか体重が増えていました(泣)

「なんでこんなダイエットがんばってるのに、痩せるどころか、太るのが止まらないんだろう?」
と毎日泣きそうでした

 

やばいな私と思って、ネットで痩せる方法調べていたら、「痩せぐせマスター」とかいう変な人に出会ったんです。

彼は「ダイエットなんて簡単。これを飲むだけで、あっという間に理想体重になれるよ!」と言い、ダイエット特製ドリンクを教えてくれました。

その特製ドリンクを注文して飲んでから、私の体重は劇的に変わったんです!

80kgオーバーのおデブちゃんだった私が、なんと53kgになりました! マイナス30キロです。信じられません。

 

痩せぐせマスターはめちゃくちゃ怪しくて、最初は「大丈夫かな、だまされてるんじゃないかな」って、すごく心配でした。

でも別におすすめされた特製ドリンクは、怪しいものじゃなくて、ちゃんとした会社が売ってる安心安全のダイエットドリンクでした。
私以外にも、何十万人もの方が、このダイエットドリンクを飲んでます。しかも信じられないくらい安いです。

 

今では私もすっかり体型をキープして、好きな服が着られます。

夏には水着も着られるし、胸は痩せなかったので「ビキニが似合うね」ってみんなに言われます(男子の目線も釘付けにできます♪)

友だちの結婚式には素敵なドレスをレンタルできて、太ってた時しか知らない人は、私が誰だか分からなかったんです。(大学の同級生だった男子に、二次会でナンパされました笑)

 

今考えてみると、あのとき思い切ってダイエットドリンク飲んでみてよかったなーって、心から思います。

その痩せぐせマスターが、私に「秘密だからね」と言いながら教えてくれた。
私が30kgも痩せたダイエットドリンクとはこちらです。