朝カレーで太るのはやり方が違うから!ダイエットに活用する3つのポイント


スポンサードリンク


ダイエット中でもカレーを楽しむための3つのポイントをご紹介します♪

朝カレーの効果ってどうなの?

「朝食にカレーを食べると健康効果・ダイエット効果がある」

朝カレーは最初は「イチロー選手が健康法」として実践していたことで認知されました。
また女性タレントが「朝カレーでダイエットに成功した」として広まった経緯があります。

この朝カレー。本当に効果があるのでしょうか?
朝カレーでちょっと検索してみますと

  • 「肯定的な意見」
  • 「効果あり! と紹介するウェブサイト」

がほとんどです。

この記事では、「朝カレーダイエットの効果のほど」を検証しました。

結論から言うと

「単純にカレーライスを食べても痩せない。
でもカレー自体は工夫すれば身体にとってもよい!」

という感じですね。

ちなみに健康効果に関しては

  • カレーに含まれる豊富な具材の栄養
  • スパイスに含まれる体質改善効果

が見込まれます。

ということで、ダイエットにカレーをとりいれる3つのコツをご紹介します!

ポイントを先取りすれば、

  1. インドカレー
  2. ふすまパン
  3. サラダまたは青汁

これがカレーを食べてダイエットにつなげる秘訣です!!

スポンサードリンク

朝カレーは何がいいの?

朝カレーのいいところはなんといってもスパイスです。

  • クミン
  • コリアンダー
  • ターメリック
  • とうがらし
  • ガラムマサラ

これらのスパイスは

  • 免疫力のアップ
  • 抗酸化作用
  • 冷え性改善
  • 食欲増進

などなど、色々な効果が期待されます。漢方と同じです。

それに、元々カレーにはたくさんの具材を入れますよね。
豊富な具材による高い栄養価が期待できます。

日本風や欧風のカレーであれば

  • じゃがいも
  • にんじん
  • 肉(シーフード)
  • 玉ねぎ
  • トマト(ルーに含まれる)
  • なす

などなど。

インド風であれば

  • チキン・マトン
  • 豆類
  • かぼちゃ
  • 葉物野菜

などなど。何でも入ると思います。非常に栄養たっぷりですね。

なので、カレーが

  • 健康によい食品
  • 栄養価の高い食品

ということは、間違いないです。

 

ダイエットでもカレーを食べる工夫!

1.本場インド風カレーなら小麦粉なし!

カレーライスとは「お米+小麦粉」という糖質たっぷりの料理です。

ダイエットの成功話を鵜呑みにして
「朝カレーを食べさえすれば痩せられると」
考えるのは、大きな間違いです。

一方本場のインド風のカレーは、小麦粉を使わずにつくります。
そのため糖質は少ない。

これらのカレーであれば糖質摂取の心配はありません。

2.ふすまパンでインドカレーを食べよう!

ただし!
もちろんライスやナンには、糖質が含まれています。

なので、お米やナンは、少なめにしましょう。

「ライスやナンなしでインドカレーを食べる」
のであれば、健康食品として最高におすすめできます。

スーパーダイエットフードですよ!


いやいやいやちょ待てって。
パンも米もなくてカレーが食べられるわけないでしょ!!

そんなあなたには、ふすまパン!!

ふすまパン

ふすまパン(amazon)
糖質は0gで、乳製品不使用、たんぱく質10.2gで高タンパクな、モッチリとした大豆全粒粉の丸パンです。

ふすまパンは、糖質が非常に少ないパンです。
ローソンやスーパーで売っていますので、ぜひカレーの際にはご利用を(^^♪

3.サラダから食べる! ベジファーストのカレー食

カレーをたべるときは、必ず、サラダをセットで食べることをおすすめします♪

「食べる順番とダイエット」

わりとよく言われる話題なので、ご存知の方も多いでしょう。
それは「食事の際に野菜を食べること」ご飯など炭水化物はその後に食べること。

「ベジファースト」「カーボラスト」

こんなふうにも言われます。

でも、どうして食べる順番を変えるとよいのか、
その理由をしっかりご存知ですか?

  • 野菜を先に食べると満腹感が得られる。
  • 血糖値の上昇が緩やかになる!

こんな効果があります。

食物繊維を先に食べることの非常に大きなメリットは2つ。

  • 血糖値の上昇が緩やかになること。
  • 腸内フローラが整い、腸内環境が改善されること

ご飯などの炭水化物は食べると血糖値が一気に上がります。

サラダとカレーライス。
このどちらを先に食べるかで血糖値の変化は大幅に異なります。

サラダを先に食べると血糖値の上がり幅は
「最大で20mg」程度。(個人差があります)

一方、カレーライスを先に食べると血糖値の上昇は
「最大で60mg」。

およそ3倍もの差が出ます。

これがね、ダイエットでは重要なんです。

若い人にとっては、血糖値が多少あがっても、カラダはなんともありません。
ぜえぜえ言って救心必要になることもないです。

でも、この蓄積が、痩せやすい・痩せにくいを作るんですよ。

もしサラダが苦手、という方は、飲み物を工夫しましょう。

「カレーにはお水より牛乳」という方も多いですけど、青汁が地味におすすめです。

牛乳は、辛さを抑えられますが、糖質が多い飲み物(コップ1杯10g糖質)

青汁なら、牛乳並みに辛さが抑えられるうえ、糖質がほぼありません。

しかもカレーとイマイチ合わない「葉物野菜」が自然にとれます。

ポイント
カレーを食べる時は野菜とセット!
そして野菜から食べる!
すると、結果的に後から食べるご飯の量が自然と抑えられます。
野菜が苦手なら、飲み物に青汁がよい!!
スポンサードリンク
   

30kg痩せたい

こうやると痩せない朝カレーダイエット失敗例

ダイエット中でもカレーを食べる3つのポイントをご紹介しました。

今度は失敗例も説明しておきますね。

カレーダイエットでうまくいかないのは、インドカレーじゃないから。

とろみのある日本風のカレーや欧風カレーは、ルーに小麦粉をたくさん使っています。

小麦粉は糖質が高く、糖質を摂取していると太ります。

そしてカレーライスはもちろんご飯がセットですね。

つまり「お米+小麦粉」で非常に大量の糖質を含んだ料理となります。
市販のレトルトカレーをご飯と一緒に食べたら糖質はかるく「70グラム」を超えてきます。

加えて朝は、ただでさえ血糖値が上がりやすい時間帯です。

朝に和風のカレーライスを食べると、ダイエットどころか肥満につながりやすくなります。

これが、カレーダイエットの失敗例です。

そうならないためには、先ほどの3つのポイントを意識しましょう♪

まとめ

「朝カレーは本当に効果があるの?」と言うテーマで

「ダイエットにカレーをとりいれる際の3つのポイント」について検証しました。

もう一度まとめると次の通りです

  1. 小麦粉なし・スパイスたっぷりのインドカレーを食べよう!
  2. ふすまパンを利用すれば、糖質0でパンが楽しめる♪
  3. ベジファーストで野菜を食べよう! 青汁も地味におすすめ
  4. カレーはスパイスや栄養たっぷりなので、積極的に食べたい!!
  5. でも日本風の「ごはん+ルーの小麦粉」は糖質が非常に高いので注意!

以上のような内容でした。

おいしいカレーを、上手にダイエットにとりいれましょう♪

   

1000円で1ヶ月ダイエットしませんか?

1週間で3kg痩せたいあなたは、以下の2記事をご覧ください♪