【仕事中おやつをやめたい】もう食べ過ぎで太らない!3つの方法




あなたは「疲れると甘いものを食べてしまう」と悩んでいませんか?

  • 仕事中疲れてくると、いつも甘いものに手が伸びてしまう
  • デスクの引き出しにはあめ玉やスナックやチョコのストックがぎっしり
  • 社内で同僚に何かお菓子ちょうだいと言われる

デスクワークで、社風もそれほど厳しくない会社。
そのような場合は、デスクでお菓子を食べていても構わない雰囲気。
割とついついお菓子に手が伸びてしまいますよね。

甘いものを食べると、脳内物質が分泌されます。
代表的なものは

  • βエンドルフィン
  • セロトニン

βエンドルフィンには、「幸福感・満足感」を与える働きがあります。

セロトニンには

  • 不安を沈める
  • 気持ちを落ち着かせる

こんな働きがあります。

(関連記事)7つの脳内物質をコントロールして毎日快調に!

甘いものを食べることで、セロトニンの濃度が上昇します。

「疲れたときに甘いもの食べたくなる。」

これはセロトニン濃度上げて気持ちを安定させようと働き。
「体が無意識にストレス解消を図っている」と考えられています。

さらに「疲れを取るためには甘いものを食べると効果的」
よく言われますよね。

確かに、糖分には、エネルギー源として即効性があります。
しかし食べ過ぎはまずい。
糖分の持続効果は、2時間しか持ちません。
(栄養ドリンクなども同じ)

「脳の栄養のため」
そうは言っても、もし「あなたの体重が増えている」なら?

それは明らかに食べすぎの証拠です。

でも大丈夫!

「仕事中のおやつ食べすぎを防ぐ3つの方法」についてご紹介します。

この方法を実践すれば

  • 1ヶ月で体重が減ってくる
  • アゴまわりがスッキリする
  • お菓子に頼らずともリフレッシュできる

あなたもいつの間にか「美人習慣」を身につけることができますよ。

方法その1 おやつの時間を決めておく

「仕事をしながらお菓子をだらだらつまむ。」

これは気づかないうちに、食べ過ぎてしまう悪いクセです。

さっき開けたばかりのお菓子。
それがいつの間にか1箱なくなっている。
よくありませんか?

おやつは決まった時間にだけ食べるようにしましょう。

甘いもので元気でいられる時間は、2時間だけです。
とりすぎても、全部がエネルギーにはなりません。
消費しきれないと、中性脂肪に変わります。

2時間ということを考えると、
おやつが必要な時間は2回だけ。

  • 昼食前の10時から11時。
  • お昼下がりの3時から4時

このくらいには、ちょっと身体も頭も疲れてくる頃。
間食を挟みたくなりますよね。

ここは食べましょう。
たぶん、おなかも鳴っています。

それ以外の時間帯は、食べたくなっても、ちょっと待って。
まずは5分間待ちましょう。
それでどうってことなければ、本当の空腹では無いのです。

「口寂しい5分間を乗り切る方法」についてはこちらの記事で詳しくご紹介しました。
よかったらご覧ください。

(関連記事)【口さみしい】最初の5分を乗り切れば勝ち!我慢不要、5つの具体的な行動教えます

方法その2 おやつを食べる場所を決める

おやつを食べる場所を決めましょう。

まず絶対的なルールがあります。

「仕事場の自分のデスクで食べてはいけません」

自分のデスクを食べる場所にしてしまうと、本当に際限なく食べてしまいます。

簡単なところでは、

  • 給湯室
  • 休憩室
  • 更衣室

などなど。

要するに

  • そこまで行かなければ食べられない
  • おやつを食べるのに一手間余計にかかる

こんな場所を「おやつを食べる場所」に設定しましょう。

それだけで面倒くさくて食べすぎを防げます。

方法その3 甘いもの以外で疲れを取る方法を考える

甘いもの以外で疲れを取る方法も考えましょう。

そのためにまず

「デスク周りや引き出しにお菓子をストック」

これをやめましょう。
そばにあると、ついお菓子に頼ってしまいます。

例えば水やお茶でもいいです。
ノンカフェインのハーブティーなどを、引き出しにしまっておきましょう。

他にも体を動かすことが有効です。

  • ストレッチをする
  • 別のフロアの同僚のところへ話に行く
  • 階段を5階分上って降りる。

特にオススメしたいのは階段ですね。

5Fも登れば、ほぼ確実に息が切れます。
「口寂しい」なんて言うことをすぐに忘れてしまいますよ。

まとめ

「疲れると甘いものを食べてしまう」と悩むあなたに
「太らない職場おやつの食べ方3つのルール」について、ご紹介しました。

  • その1 おやつはお昼前とお昼下がりの2回だけ
  • その2 おやつを食べる場所は「給湯室・休憩室・更衣室」のどこか1つだけ
  • その3 おやつを食べたくなったらまず階段昇降を5F分!

これが習慣になれば、あなたは「おやつに頼らなくても平気なカラダ」になっているでしょう。
自分でもちょっと信じられないくらいですよ。

私も毎日食べていましたけど、本当に「おやつが欲しい」と思わなくなりました。

甘いものを食べるならマイルールを決めて美味しく楽しく食べましょう。

でも最初は大変かもしれません。
なので、あなたをサポートする名言をご紹介します。

今日の我慢は、明日の自分への投資。

1ヶ月後の未来のあなたを楽しみに実践してみてくださいね♪

ダイエット中の「耐え難い空腹感・おなかが鳴る音・ストレス」を何とかしたい!


ダイエット中に異常にお腹がすくこと、ありませんか?

・お昼前、10時~11時にお腹がグーグー鳴って止まらない……
・おなかがすいて余計なストレスがたまる……
・仕事終わりの18時、帰りの駅でついお菓子やパンを買い食い……

せっかくのダイエットが、空腹感のせいで台無しですよね。
空腹感の原因って、栄養不足であることが多いんです。
なので、そんな時は「栄養たっぷりのドリンク」を賢く利用しましょう♪
ひどい空腹感も、ピタリと止まりますよ!

私がおすすめしたいのは、「すっきりフルーツ青汁」です。
  • 飲んだ初日から「お昼休みまで全然お腹がすかない」で仕事に集中できる
  • ダイエットにつきまとう「イライラ・ストレス」が激減して気持ちよく1日を過ごせる
  • 帰りも余計な菓子パンやジュースを飲まずに、おいしい夕食をたくさん食べられる
  • いつの間にか「食欲がたくさんあるのに、おやつはいらない」と感じている
そんな嬉しい効果がたくさんありました!
「空腹感で悩む方」にぴったり、ダイエットが楽しくなりますよ♪

すっきりフルーツ青汁の公式サイトはこちら

【すぐ痩せ】アラサー女が30㎏のダイエットに一発で成功した方法。飲むだけ

突然ですが、あなたはダイエットに取り組んでいて、なかなか体重が減らなくて困っていませんか?

 

いただいたお悩みをご紹介します。

 
ダイエットしているのに、太るのが止められません!
カロリーも減らして、お菓子もジュースも、甘いものは一切口にしてないんです(´;ω;`)
どうしたらいいですか? 私は一生痩せられないんですか?
 

はい、お気持ちよくわかります。私も全く同じでした。

毎日、職場と家の往復。朝は7時の電車に乗って、夜帰りは22時すぎ。

疲れ切って、とてもジョギングやジム通い、プール通いなんてできません。

それでも、ダイエットつづけるために、3食こんな食事をしてました

  1. 「朝ごはんは果物とヨーグルト」
  2. 「お昼は社食でカロリー控えめ」
  3. 「夜は納豆と豆腐」
 

こんな食事でがんばってましたが、全く体重は減りませんでした。
毎日、朝晩と体重計に2回は乗って「お、今日はマイナス1kgだ(∩´∀`)∩」と思ったら、翌朝なぜか体重が増えていました(泣)

「なんでこんなダイエットがんばってるのに、痩せるどころか、太るのが止まらないんだろう?」
と毎日泣きそうでした

 

やばいな私と思って、痩せる方法調べていたら、友だちが「ものすごいきれいな子」を紹介してくれたんです。

その子は「ダイエットなんて簡単。これを飲むだけで、あっという間に理想体重になれるよ!」と言い、ダイエット特製ドリンクを教えてくれました。

その特製ドリンクを注文して飲んでから、私の体重は劇的に変わったんです!

80kgオーバーのおデブちゃんだった私が、なんと53kgになりました! マイナス30キロです。信じられません。

 

そのきれいな子は、あまりにきれいだから逆に怪しくて、最初は「大丈夫かな、だまされてるんじゃないかな」って、すごく心配でした。

でも別におすすめされた特製ドリンクは、怪しいものじゃなくて、ちゃんとした会社が売ってる安心安全のダイエットドリンクでした。
私以外にも、何十万人もの方が、このダイエットドリンクを飲んでます。しかも信じられないくらい安いです。

 

今では私もすっかり体型をキープして、好きな服が着られます。

夏には水着も着られるし、胸は痩せなかったので「ビキニが似合うね」ってみんなに言われます(男子の目線も釘付けにできます♪)

友だちの結婚式には素敵なドレスをレンタルできて、太ってた時しか知らない人は、私が誰だか分からなかったんです。(大学の同級生だった男子に、二次会でナンパされました笑)

 

今考えてみると、あのとき思い切ってダイエットドリンク飲んでみてよかったなーって、心から思います。

そのものすごくきれいな子が、私に「秘密だからね」と言いながら教えてくれた。
私が30kgも痩せたダイエットドリンクの紹介はこちらです。






今すぐ痩せ特集