ダイエット白湯の飲み方は?水分補給のタイミングで賢く痩せる!


スポンサードリンク


あなたは「水を飲むのが嫌だ」と悩んでいませんか?

  • 水がそんなに好きじゃなくて飲めない
  • 水を飲みすぎると、気持ちが悪くなる(食欲がなくなる)
  • むくまない水分補給のコツが知りたい

「ダイエットや美容に水分は良いと聞いたけど、あまり飲みたくないな……。」

確かに、飲みたくもない水を飲むのは、結構つらいですよね。

それでも、綺麗な人がしっかりと「必要なだけ水分を摂取している」のは事実です。

この記事では、水分補給の3つのコツについてご紹介します。

この方法を意識すれば、
カラダに負担をかけずに、むくんだりする心配もなく

身体の中からうるおいを与えることができますよ。

スポンサードリンク

水分摂取量の本当の目安・基準とは?

「1日に2リットルの水を飲む」と言う健康法があるのをご存知ですか?

モデルさんや女優さんでも実践している方が多いようです。

1日に2リットルというのはあくまで目安です。
すべての人に当てはまる適量ではありません。

あなたの体に必要な量はあなた自身の体が知っています。
自分の身体と相談をしながら飲むことが大切です。

例えば

  • 1日中座りっぱなしの人と1日中肉体労働していた人
  • 大柄な人と小柄な人
  • アウトドア好きとインドア好き

それぞれの方々が全く同じ量の水を飲むというのもおかしな話ですよね。

2リットルはあくまで目安にして、

基本は
自分が今、水分を取りたいという時に取れば十分なはずです。

喉に渇きを覚えた時点ではすでに水分不足と言われます。

水分は腸で吸収されます。
食べものの消化や吸収力は人によって違いますよね。
同じように水の吸収力も人によって違ってきます。

代謝を良くするためにも、デトックスのためにも、水分はタップリ撮りたいものです。
しかしタイミングや飲み方を間違えてしまうと

  • むくみの原因になったり、
  • 飲み過ぎで何となく気持ちが悪くなったり
  • 食欲がなくなったりする

場合もあります。

スーパーモデルが「寝る前に水を飲んでもむくまない」と言っても、
同じようにあなたもむくまないとは限りません。

次の段からは、具体的な方法を3つご紹介します。


その1 水分の吸収率を高めるには食事と一緒に飲む

そもそも水分は食べ物と一緒に摂るのが最も吸収率の良い取り方です。

よく早食い防止や、正しい食べ方として、

「食事のときに食べ物を水と一緒に飲むな」みたいなことを言われます。

それは早食いの防止のためであって、
本来は吸収を考えれば食べものと一緒に摂るのが最も効率的です。

まず食事の時に味噌汁やスープでしっかり水分を取りましょう。

そうすればむくみも出にくくなります。


その2 水は常温が基本? 白湯は賛否両論ある

これは絶対に覚えておきたいことです。

水はできるだけ常温で飲みましょう。

あるいは温かい飲み物が理想的です。

白湯に関しては、賛否両論あるところです。

  • 身体を温める最高の飲み物だ! という意見
  • ミネラルが熱によって全部無駄になってしまう! という意見

基本的に、白湯が身体に悪いということはありません。

  • ミネラルウォーターは常温で
  • 浄水器なしの水道水などは、白湯で

このように状況別に使い分けて飲めばよいでしょう。


   

30kg痩せたい

その3 夏でも冷たい水は飲んではいけない!

特に夏の暑い盛りは冷たい水が飲みたくなりますよね。

しかし内臓だけは常に温めておかなければいけません。

モデルさんや女優さんも、たいてい常温の水を飲んでいます。

  • 冷たい水がいかに体を冷やすか。
  • 体を冷やすことがいかにお肌や美容にとってよくないことか

キレイな方はちゃんと知っているのです。

また、カフェインやアルコールは、水分補給になりません。

カラダから水分を排出する作用があります。

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶(玉露に近いほどカフェイン多)

これらの飲みすぎには注意しましょう。

また、コーヒーはホットでも、1日3杯も飲むと身体を冷やします。

スポンサードリンク

まとめ

水分補給の3つのコツについてご紹介しました。

まとめると次の通りです。

  • 水分の吸収率を高めるには食事と一緒にみましょう
  • 季節にかかわらず水は常温か白湯で飲みましょう。
  • カフェインやアルコールは水分補給になりません。
  • そして食事の時は必ず温かいスープや味噌汁を飲みましょう。

これが、「むくみや食欲減退」の心配なしに水分摂取できるコツです。

身体を温めながら、水分補給ができると理想的です。

この記事があなたの悩みに少しでも役立てば幸いです。

   

1000円で1ヶ月ダイエットしませんか?

1週間で3kg痩せたいあなたは、以下の2記事をご覧ください♪